March 18, 2012

アンデパンダン大会

今日、神奈川県高等学校放送アンデパンダン大会があった。
主催は県高等学校視聴覚教育研究会。この団体が先にあって、あとから高文連が設立されたから、ここは高文連放送情報専門部と事実上ひとつの団体となっている。

希望ヶ丘は番組を3部門にそれぞれ1つずつ出して、ショートビデオが1位、放送劇がA会場2位という結果だった。客観的には大善戦だけれども、実はひそかに2部門制覇できるか?と期待していた。わずかに及ばなかった。
何人もの知り合いの顧問からおめでとうございますと言われたが、もちろんこれは、生徒たちの才能と努力に対して向けられたもの。

ショートビデオ1位の作品は、制作生徒が実際に東北で体験した、大震災直後の様子をモチーフにしたもの。撮影・編集には時間をかけ技巧を凝らして力を注いだが、内容的にはテーマ「笑顔」に対して直球勝負でストライクを投げ込んだものだ。
放送劇A会場2位の作品は、これも、高校生の創作ラジオドラマとして王道を行くスタイルのもの。先輩と後輩・進路の悩み・親との桎梏・ほのかな慕情。それに丹念に付けた効果音、決め手は記念祭オリジナル曲の生ギター演奏によるBGM。著作権の扱いが厳格になって、BGMを使うのが難しくなっているが、生徒たちが作曲して演奏しているものならばOKだ。希望ヶ丘にはこういう財産がある。

もうひとつ、「映像」という部門にドキュメントの番組を出した。これは瀬谷で行われたどんど焼きに取材した、素直な作りの番組であった。時間不足で十分な編集をすることができずに出すことになってしまったのが残念だが、素材と方向性はよかったと思っている。
ここは創作テレビドラマと創作テレビドキュメントが一つになったカテゴリーで、なぜ一つになっているかというと、かつてエントリー数が減ったときに統合してひとつの会場でやることにしたのだろうと思われる。

それにしても、ある程度のレベルの作品を持って行けば、上位入賞は読める。でも優勝できるかどうかは、より優れたものが出ているかどうかで決まるので運の要素がある。今回、2部門とも相手は神奈川総合高となった。神奈総らしいすてきなアイディアとウィットをそなえた作品だった。放送劇ではそれにつかまり、ショートビデオでは振り切った、ということになる。

終了後のミニミーティングで、これは放送技術の向上のためにやっていることで、入賞は目的ではなく技術を磨く励みのためのもの、と確認した。
技術を向上させるにしても、作品作りにおいて時間切れは致命的。計画的に早期から取りかかるのが吉、これは毎度身にしみることのはずなのだが、それでも毎度繰り返している。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 15, 2010

放送アンデパンダン大会・総文祭放送部門大会

14日(日)、標記の大会が開催された。会場は県立弥栄高校。

ここに至るまで、生徒たちは相当な時間と労力を費やして番組を作り朗読の練習をしてきたし、私もまた、連日遅くまでつき合ってきた。
その結果が昨日出たわけだけれども、いろいろと思うことがある。それについてはまた、少しずつ、ここに書くかも知れない。

放送顧問の先生たち。
知り合いの人が、とても多い。私は顧問一年目であるから、彼らは、放送の知り合いではなく今までの勤務校において同僚として一緒に仕事をしたことのある人たちである。
そしてまた、単に同僚であったという以上に、考え方が近くて、親しく気持ちよく過ごしてきた人たちであるように思う。
各校で番組を作ってきた生徒たちの様子も、なんだか、好ましい。見ていてイライラしない。

この年齢になって、やっと、納まるべきところに納まったのかな、という気がしている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 07, 2010

放送スタジオでのハンドサイン

2日連続での休日出勤。今日は、以下に書く2つのほかにも、部活の顧問というか担当をいくつも引き受けている。

主顧問となっている軽音楽部。いつもどおりの練習ではなく、ハロウィーンライブということで、教室をそれなりに調え衣装も着ての演奏会である。
午前と午後、少しずつだけ会場に入って座っていた。楽しそうにやっている生徒たちの姿を見ていると、あの大音量がだんだん我慢できるものになってくるのが不思議である。

放送朗読。今回、1名だけ総文祭神奈川大会に参加する生徒が、放課後だけでなく土日にも練習にやってきている。
私はアナウンスや朗読についての専門知識はないが、落語などの話芸はずいぶん聞き込んできている。また、たまたま物心ついたときに東京都中野区に住んでいたので東京弁ネイティブである。だから、日本標準の朗読ではこう読むのではないか、と思われるアクセントや有声音無声音などの指摘はできる。それに、総文祭宮崎大会での経験を合わせ、できる限りの指導をする。

放送番組。4作品が同時進行中である。すでにできあがったものもあるが、大変に心細い状況にあるものもある。
収録をするというので立ち会う。金魚鉢の中でマイクの前に立っている生徒に、「テスト」の意を伝えようと、右の手のひらを水平に保ちそこへ左の手のひらを垂直に当てて示したら、全然通じなかった。
あれ、君たち、こういうの知らないの?

私が小学校5・6年生で放送委員会の仕事をしていたとき、基礎的学習として、放送スタジオで使うハンドサインをいくつか教わった。手をTの字にして「テスト」、立てた指をくるくる回して「速く」、餅かガムを引っ張るような手つきをして「ゆっくり」などを覚えている。
これらについて、生徒たちは知らないという。そういうの要りますよねえ、とは言うのだけれども。

それで、さっきgoogleで検索してみたのだが、そのようなサインをまとめたページはまったく引っかからなかった。
いま、このようなものは廃れてしまったのだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 17, 2010

アンデパンダン大会・総文祭 参加申し込み

昨日の土曜日の話。
放送委員会の生徒を連れて、弥栄高校へ。アンデパンダン大会と総合文化祭の放送部門の参加申し込みである。

私が放送関係の顧問の1年目であるからなのだけれども、とにかく、何をどうやって申し込みなどをするのか、大変にわかりにくい。配布されているテキストだけでは、理解不能の箇所がいろいろある。昨年度のことを覚えている生徒に聞いたり、事務局に問い合わせたりして、とにかく持参するものをととのえて会場へ向かった。

県内の高校の数からすると、ざっくり、参加登録率は1割というところか。
勤務校の今年の生徒たちは、番組制作のほうにいくつか申し込みをした。各部門の申込数が発表され、単純にその数だけを見れば、上位1~2割くらいに入れば関東か全国へ行ける計算である。
でも、ここはそういう問題ではなくて、常連の○○高、□□高、△△高、◇◇高…よりも高い評価を得ることができるかどうか、というふうにとらえるべきなのだろう。

こういうところに来て生徒たちと一緒にいると、彼女らの、静かなプライドのようなものを感じる。
それが、ひとりよがりなものとして作品に現れてしまっては、共感を得て上へ進むことはできないぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 05, 2010

総文祭放送部門 第2日 その2

時間が前後するが、神奈川の朗読の発表が朝9時半からという時間帯で行われた。
これは第2番目の組であって、ずいぶん早い。生徒たちは、体がまだじゅうぶんに起きてこないので声が出にくいという。それは一緒にやる他県の生徒と条件は同じでしょ、…ああ、一日を通しての審査になるのだから、やっぱり不利なのか。

Sobun201008

Sobun201009
神奈川の発表はつぎの3名。2分間の勝負である。

山本華菜子さん(海老名高) 草野たき作「はちみつドロップス」
竹澤麻美さん(希望ヶ丘高) 角田光代作「名前」
佐藤菜々実さん(座間高) 角田光代作「さがしもの」


朗読の3人は、現地でいっしょに行動することが多くなり、またまとまって専門部の先生の指導を受けたりして、だいぶ打ちとけてきた様子である。また、私のほうでは、彼女らの練習に付き添うこともあったし、そもそも一人は勤務校の生徒なのである。だいぶ気持ちが入ってきた。
そして、本番でカメラのレンズを通して彼女らの読みを見ていたら、強く、伝わってくるものがあるように思われた。
いい朗読だった。

宮崎にやってきてからの2日間で、彼女らの読みは、ずいぶんうまくなった。これは、もちろん上矢部の山本先生はじめ、手練れのアナウンス組の生徒など多くの人に聴いてもらって指摘を受けたことが大きいだろう。
でも、それでは、神奈川でそれをやってくれば良かったじゃないかというと、そういうものでもないように思う。本番の地に到着して、あさってだ、いよいよ明日だ。という緊張感、道具立てがそろってこその集中力、それによる向上ということがきっとある。私には、そのように感じられた。

Sobun201010飛行機の時間があるので、神奈川チームは表彰式に出られずに会場を後にした。
写真は、上空から見た青島である。うすぼんやりとしか見えなかったものを、強めに画像処理してある。

その晩のうちに、宮崎県実行委のサイトに結果が掲載された。向上のVMと、神奈総の紀中さんのアナウンスが優秀賞であった。おめでとうございます。
 


しかし、宮崎には初めて来たのだけれど、いいところだと思う。暑いと言っても、夏は日本中がこんなものである。冬はきっと温暖ですごしやすいにちがいない。宮崎市の町の規模もちょうどいい感じだし、ゆったりと素朴で優しい人たちが暮らしている。アメリカの金持ちは、早く引退してフロリダに移住するのが夢だと言うが、日本だったら、ここ宮崎がそれに相当する地なのではないか。

それやこれや。私個人にとっても、とても貴重な3日間であった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

総文祭放送部門 第2日 その1

この放送部門では、それぞれの郷土にちなんだ発表をすることが求められている。
そうすると、アナウンス部門では、前のエントリのように神奈川なら神奈川の施設や話題をとりあげたものになる。VMとAPでも同じである。朗読では、そのほかに、各県出身の作家の作品をとりあげるという手がある。
こういう縛りがかけられると、不利になる県が出てこないかと気になるし、少なくとも選択の幅はせまくなる。事実、鹿児島の朗読は3名とも向田邦子の作品をとりあげていて、こういう偏りが生じてしまうようなルールはどうなのかなと思いながら、発表を見ていた。

ビデオメッセージというのは、要するに、普通のテレビ番組のことである。制限時間は5分。
オーディオピクチャーは、静止画にナレーションを乗せるもので、やはり5分の制限がある。
専門の先生に聞いてみると、これは、NHKコンクールとの違いを出すという意味もあるのだという。単なるラジオ番組とせずに、静止画を付けて、オーディオピクチャーとすると。……。

Sobun201005

Sobun201007
神奈川からは、この3本。
VM1 神奈川総合高 「Five minutes! 横浜名所巡り」
VM2 向上高 「おおやま けーぶる!」
AP 神奈川総合高 「あきないコミュニケーション」


神奈総のVMは、手慣れた感じ。放送で実績のある、常連ならではの作りである。
向上のVM、これは、よかった。開業以来40年あまりにわたって無事故のケーブルカー、それを支えるベテラン社員の手作業による運転。誠実な作りと確実なカメラワーク。
神奈総のAP。こういう作品は、私は好きである。ただ、この八百屋さんが、目の前にドンキやビブレがあり先には東急ハンズや河合塾がある、あの通りのあの場所にある不思議さ。それを共有できていない他県の人たちには、アピールするインパクトが弱かったのではないかな、と感じた。

2日間にわたり、各県のVMとAPを見ていて思ったこと。

  • 郷土を題材とするという縛りは、決してきゅうくつなものではない。むしろ、番組制作の手助け、ヒントである。
  • つまるところ、問題意識である。若い心のアンテナの感度を高くして、引っかかってくる事象。こんなことがあるんだけど、知ってる?どうしてなんだろうね?みんなに知ってもらおうよ。
  • シナリオや編集技術は、その後の、2番目3番目の問題だ。

高校生のつくる番組は、いずれも、几帳面でういういしく、心を洗われるような思いすらする。現在ほとんどテレビを見ない私が、何時間でも見ていられる。いいなあ。本当に、そう思った。

「どうして先生方の学校は、毎年、こうやって出てこられるんですか」
と聞いてみた。そうしたら、アナ朗は難しい面もあるけれども、番組の方は、顧問が作り方をわかればそれを生徒に指導して一定レベルのものをつくってこられるのだ、ということであった。
へえ。それじゃ、私がこの全国大会で番組をたくさん見て感じたことを、帰って1年生2年生に伝えようかなあ。まんが甲子園のように放送委員会も全国の常連になってくれれば、大変に嬉しいことだけれども。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 04, 2010

総文祭放送部門 第1日

8月4日。放送部門の第1日となる。
アナウンスが8月4日。朗読が5日。VMとAPは両日にわたって行われ、神奈川の作品の発表は5日となっている。したがって、今日は、神奈川からはアナウンスだけになる。

Sobun201002

アナウンスと朗読には、各県から3名(開催県宮崎は6名)が出場する。2県ずつ一緒にして6名が、間をあけずに一気に原稿を読む。なかなか忙しいなと思うが、これでも47都道府県+αの144名が読むのだから、日程は朝から夕方までいっぱいである。こちらは適当に抜け出すことができるから良いけれど、審査員の方々は大変なことだろうと思う。

神奈川の発表。
高橋和也くん (金井高) 「未来へ新たな音楽シーンを紡ぐ県立音楽堂」
紀中萌子さん(神奈川総合高)「港を見渡す横浜三塔」
海老澤亮太くん(法政大学第二高)「市民と動物達のオアシス」

横浜三塔という言い方があるのはこの発表で初めて聞いたけれども、その3つの建物はもちろん知っている。また、新しくなった県立音楽堂は、このあいだ勤務校の吹奏楽部定期演奏会で行ったばかりだし、夢見ヶ崎動物公園も何度も行ったことがある。いずれも、私がよく知っている場所について、何というのだろう、寄り添うような…かな、あたたかく紹介する原稿であって、とても好感が持てた。もちろん読む技術もよかった。

Sobun2010046名が読んだ後、ステージで、ちょっとしたインタビュータイムがある。これは神奈川の3名と宮崎のインタビューアー。

後ろのスクリーンに、このように、発表者が大きく映し出される。発表中には、原稿に関連するスチール写真を映し出すことができる。神奈川の3名は、いずれも写真をつかっていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 03, 2010

総文祭放送部門 前日

生徒の引率で、前日の8月3日に宮崎入りしている。

そもそも、私はこの「全国高等学校総合文化祭」、略して総文祭というものを知らなかった。今までこういうものに縁がなかったからであるが、これはしかたないことなのか、あるいは高校教員として認識不足なのか。
いわば運動系のインターハイに相当する文化部の全国大会で、各県で持ち回り開催され、今年は第34回になるそうである。
勤務校の希望ヶ丘からは、神奈川大会の放送朗読部門で1位となった女子生徒が一人。
放送部門には、朗読のほかにアナウンス・ビデオメッセージ・オーディオピクチャー部門がある。それぞれ県大会を勝ち抜いてきた、神奈川総合、座間、海老名、金井、向上、法政二高の生徒たちと引率教員、それに放送情報専門部からも教員が一人付いてくださって、生徒14名教員9名の総勢23名が一緒になってやってきた。私は言われるままについてきているだけだけれど、とりまとめをして旅行の手配をしてくださっている向上の先生は、ご苦労なさっていることと思われる。

宮崎空港から貸し切りバスで会場へ移動。

Sobun201001

放送部門は、宮崎市の南に位置する清武町…実は平成の大合併で宮崎市に組み入れられたのだが、しばらくは移行期間で独立性の高い状態にあるらしい…で行われる。会場は2カ所に分かれ、アナウンス部門と朗読部門が写真の清武町文化会館ホール、VMとAPがAコープ(農協売店)2階にあるカルチャーセンターホールとなっている。両会場は徒歩4~5分の距離にあり、移動しながら好きな方を見学することができる。

ところで、この総文祭は、口蹄疫の問題で開催が危ぶまれた。何とか開催されたものの、一部の県では不参加校が出ている。両会場ではウィルス感染防止のために靴底や衣服、手指を消毒するための用具などがととのえられ、運営スタッフの高校生によって使用の案内がなされている。町中では、例の消石灰が撒かれた場所も見られる。それでも、ともかくこのような大会が開かれ、全国から高校生がたくさんやってきて町が活気づいている。町の人たちは喜んでいるようである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

全国総合文化祭へ

日航1883便にて宮崎へ向かう予定である。
私は飛行機がきわめて苦手で、前回乗ったのは96年であった。修学旅行引率で沖縄へ向かう朝、いってくるからと告げた妻のおなかはおおきかった。
その娘は今、中学生である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 02, 2009

まんが甲子園 全国第3位に

勤務校のMFC(まんがファンクラブ)メンバーが、高知県など主催のまんが甲子園で、第3位に入賞した。一昨年の第5位相当から順位を上げての入賞である。

この大会では、あらかじめ、まんがのテーマが5つ示される。参加チームは、それぞれ1枚もののまんがに仕上げるために構想を練る。そして、そのうちの1テーマについて書類審査(予選)が行われ、全国から30チームが高知で行われる本選に出場することになる。
今年度の予選テーマは「プロフェッショナル」であった。生徒たちは、このまんがで挑み、本選に進むことができた。審査はプロの漫画家などが行うのだが、この作品は予選トップで通過したのだという情報が届き、生徒も顧問もいやが上にも気勢を上げて高知へ乗り込んだ。

ところで、顧問がいるとは言え、構想を練り絵を描くのは高校生である。絵の技術はどうにでも磨けるのかも知れないし、見せる切り口も才能・センスが物を言うのかも知れない。しかし、社会経験の浅さは、やはり16歳17歳のそれである。つまり、自分たちはこれが良いと思う、こういうまんがを描きたいんだ、と言っ張って作品を作ってみても、大人の審査員をうならせるものになるかどうかは疑わしい。
そういうことは、彼女たち(全員女子である)は、分かっている。

ここで彼女たちの偉いのは、自分たちのアイディアを、ラフスケッチの段階で職員室に持ち込み、教員に批評してもらって回るということをするところである。
自分たちで絵を描き、それを互いにほめ合っていれば、居心地がよいだろう。でも、それでは入賞できない。今年は本気で全国優勝を狙うのだ。ならば、手近にいる大人に見てもらって、厳しくも率直な意見を言ってもらおう。それを取り入れ、良い物にしよう。
彼女たちは、手に手にスケッチを持ち、職員を取り囲む。「意味が分かりますか」「テーマの趣旨にあっていますか」「どれがいいですか」「どう直したらいいですか」…。
こちらも、彼女たちの意図が分かっているから、あえて厳しいことを言う。自分のものにダメが出され、友だちのものがほめられる。一生懸命に考えて画面に描き込んだ意図がまったく読み取ってもらえない。これは、辛いだろうと思う。こちらは、それでも自分の主観で、はっきりと言う。彼女たちはメモを取り、ありがとうございましたと言って、また次の教員を取り囲む。…。

高知での第一次競技のテーマは「はーと」←(絵文字)であった。現地で、時間制限のある中で描き上げ、審査を待つ。ここで15校にしぼられる。敗者復活戦で5校が復活し、20校で決勝戦。テーマは「絶滅危惧種」であった。
結果はこちら

2年生は、これで終わりなのかな。でも、来年もやりたいだろう。どうするのか、帰ってきたら聞いてみよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)