« August 2011 | Main | November 2011 »

September 18, 2011

右目をぶつけたことなど

このごろTwitterに書き込むことが多い。
右目を開きかけたドアにぶつけて少々けがをし、それが直ったので、この間のtwitterの書き込みをまとめておく。

9月9日
メガネかけたままドアにぶつかって、眼球を打った。少し視界がかすむし、痛くなってきたので、明日目医者に行くまでのつなぎに目薬を買った。抗生剤入りがなかったのでPG産生抑制剤入りのもの。これをさして、貼る眼帯をしている。なぜだか砂嵐が見える。

(左巻健男さん宛)ありがとうございます。まだメガネをかけ慣れてないんでしょうね。開きかけたドアに、距離を取り損なってぶつかりました。目薬が効いたのか、痛みは軽くなってます。医薬品扱いの目薬って単味なんですね、サルファ剤入りと悩んで、こちらにしました。

9月10日
眼科に行ってきた。右まぶたの裏に小さいゴミがあってこれが眼球を刺激していた。取ってもらい、抗生剤入り目薬の処方を受けた。角膜がかなりえぐれてるが、1、2日で再生してくるとのこと。月曜の授業までに、支障ない程度に治ってほしい。

私に処方された「オフロキサシンゲル化点眼液0.3%「わかもと」」は後発医薬品、いわゆるジェネリックである。でも、先行品の参天「タリビッド点眼液0.3%」にはない体温でゲル化するという特徴を持っていて、これに対する後発品を参天が「タリビッド眼軟膏0.3%」として出している。

日本のジェネリックは、処方などが先行品そのままではないという点で諸外国と事情が違っているらしい。求められているのは低価格だけなのに、独自の付加価値があるのだと形ばかりの変更を施して売り出している。これでは本当の意味でgenericではなくなるから薬剤師の判断で代替品を出せない。

「ジェネリック」という正当な言い方が普通に見られるようになったのはここ10年くらいではないか。以前は「ぞろぞろ薬品」「ぞろ」と呼んでいた。差別的なニュアンスを含んでいるが、みんなそれを了解していたんじゃないかと思う。そういうものだと。

私がgenericという言葉を知ったのはLinuxを勉強していたとき。マイナーなデバイスがgenericドライバを当てると結構動いた。windowsではアメリカ製有名品でない限り製品情報を入れたフロッピーがないと絶対動かなかったから、素晴らしいと思った。

そういえば、今のMac OSはUNIX系OSベースだから、genericドライバとか使えるんじゃないかな?もっともアップルのことだから、使いやすさのためという名目で、そういうユーザーレベルの工夫は一切遮断してるかもしれないけど。

さて、generic目薬もさしたことだし、寝ます。おやすみなさい。

9月11日
出勤途中、相鉄線車内。軽音とフォーソンを受けているが、眼科に行かなくてはいけないので、中抜けの間の顧問を誰かにお願いする必要がある。誰か、いてくれ。

眼科医は自宅の近所。なぜか日曜日にも1時間だけ診療してくれる。10時から。

右目は良くなってきたが、まだかすんで見えているし、ごろごろ感もある。まぶたも腫れている。月曜日の12は理Bで鉱物観察の実習、目が利かないとなかなかつらい。

(nagame_m さん宛)ありがとうございます。右目で見る世の中がぼやけているのですが、検眼したら、老眼が強く出ているということでした。たしかに、持ってる中で一番度の強い老眼鏡をかけると、遠くがクリアに見えます。近くには焦点が合いません。一時的なものであることを願いたいです。

9月12日
右目の遠視の程度が弱ってきた、つまり正常に近づいてきた。でもまだ老眼鏡がいる。

9月17日
眼科医通院おわり。視力は右裸眼1.2矯正1.5と元に戻った。放送室でドアにぶつかったのが愚か。湘南台行き快速車中にて。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2011 | Main | November 2011 »