« Twitter | Main | 東京薬科大学入試説明会 »

May 21, 2011

庭園美術館『森と芸術』

試験中であって、部活顧問の出勤要請がない。季候の良い日にオフとなり、うれしい。
この時期は緑がきれいである。葉っぱの写真が撮りたい。
それで、東京都庭園美術館へ行った。

05211


05212


05213

すでに新緑は過ぎているが、まだいたんでいない若葉を透過光で見ると、このように美しい。


展覧会の方は、「森と芸術」。絵画や版画などを通して、人と森のかかわりを見ようというもので、いささか安易な発想のような気もする。監修者として巖谷國士氏の名前が出ているが、私は、この人の業績をほとんど知らないし。

それでも、気構えなしに展示作品をながめていると、それなりに面白い。時代を縦断していろいろな作家の作品が現れるから、その意外性も楽しい。コローがあったり、ヘタウマのH.ルソーがあったり。

どういう関連があるのかわからないが、アンドレ・ブルトンの書斎の写真があった。これが、すごい。人の顔、姿をモチーフとした美術品、民芸品が非常にたくさんあって彼の机を取り巻いている。「ナジャ」を読んだことがあるのだが、あの不思議な気持ちの悪い作品も、ここで書かれたものなのだろうか。

と、ここまで考えて、帰ってきてから「ナジャ」を手に取ってみたら、訳者が巖谷國士氏であった。
ああ、… つながりはわかったけど、やっぱりあの写真があったのはなぜなんだろう。

|

« Twitter | Main | 東京薬科大学入試説明会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 庭園美術館『森と芸術』:

« Twitter | Main | 東京薬科大学入試説明会 »