« ウニの幼生を観察する | Main | 今年度の担当科目 »

March 17, 2011

生物 最終回

2年生物Ⅰの最終回。学年末テストも返しおわっていて、言ってみれば消化試合の性格を持つ授業である。
明日からは球技大会で、これが今年度の最後の授業ともなっている。私のクラス、203H。
何かお楽しみ実験でもやろうか(去年はここで電気パン3時間をやった)、あるいは受験勉強体制に入ってきた生徒たちの様子を考えて、理系の題材を取り上げている英語の入試問題でも読んでみようか、などと考えていた。
そうしたら、世の中がこういう事態になった。
そうだ、原子力発電について話そう。

原発については、高校生の頃から興味を持って、主に岩波新書の武谷三男の著作などをいろいろ読んできた。それが、チェルノブイリ原発の事故あたりから、もう、問題意識をもって考えることに疲れてしまったようにも思う。
本棚を見ても、授業で話すネタを拾えそうなのは、古い岩波ブックレットが5冊ほど。でも、まあ、これで何とかしよう。

それじゃ、やります。これ、授業だからね。一生で、理科の授業を学校で聞くの、最後になっちゃう人もいるでしょ。いま世の中がこういうことになってるから、原子力発電と、放射線について話します。本気でちゃんとしゃべるから、しっかり聞いてくださいね。

なぜ核分裂でエネルギーが取り出せるのか。質量欠損。
お湯を沸かして高温の蒸気でタービンを回して。タービンって、つまり羽根車だ。
核分裂。放射線の種類、性質。
被曝放射線量と急性障害、晩発性障害。生物濃縮。閾値がないこと。
ヨウ素131が恐い理由。ヨウ素剤とは何か、それを服用する理由は。
チェルノブイリ事故。決死の封鎖作業。石棺。
福島の資料がなかったので、東海村原発が破壊した場合の、私たちの被曝量は。最悪の北東風の場合で。

生徒たちは、よく、聞いてくれた。

後の話。「理科全般担当の嘉村先生」という表現を見かけて、ちょっと、うれしかった。

|

« ウニの幼生を観察する | Main | 今年度の担当科目 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 生物 最終回:

« ウニの幼生を観察する | Main | 今年度の担当科目 »