« ThinkPad X61 HDD換装作業 | Main | 砂糖から炭モコモコ »

January 10, 2011

ThinkPad X61 HDD換装作業(続)

ThinkPad X61 HDD換装作業を続行する。

古いHDDを取り出し、新しく購入したHDDを装着する。
Western Digitalのものが入っていた。電流は0.55Aと書いてある。これから入れるのはHITACHIの7K500-500で、800mAである。バッテリの持ちが悪くなりそう。やっぱり、これを機会にSSDにするべきだったか?

7k500500

電源を入れ、昨日データを待避したUSB-HDDをつないでそこからブートさせる。ところが、いつまで待っても、黒い画面で白いカーソルが点滅するばかりで、システムが起動しない。
仕方がないので、外付けUSBの光学ドライブを接続し、別に作っておいた Rescue and Recovery Startup Disc を入れて、そちらから起動させた。Rescue and Recovery 4.0 が起動したので、あとはLenovoのページの記述どおりに USB HDD から昨日のデータを復元することができた。
昨日のデータ待避は、結局3時間ほどかかっている。データの復元は20分か30分ほどで済んでいるので、記録時にはデータ圧縮に時間がかかっていたと推測される。

いささかの不安を覚えながら、新しいHDDから再起動。無事、Windows Vista が立ち上がった。
と思ったら、Windowsが再起動しろと言ってくる。理由がわからないが、そのとおりにする。一回再起動したら、システムも落ち着いたようだ。体感で、明らかに起動が速くなっている。

ベンチマークを取ってみた。CrystalDiskMark 3.01というもの。

Crystaldiskmark1101

項目によって違いがあるが、ほぼ2倍の高速化ができたと言っていいだろう。期待以上である。
主目的は大容量化であったのだけれども、やはり、こういう数字が出れば嬉しくなる。

|

« ThinkPad X61 HDD換装作業 | Main | 砂糖から炭モコモコ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/50543776

Listed below are links to weblogs that reference ThinkPad X61 HDD換装作業(続):

« ThinkPad X61 HDD換装作業 | Main | 砂糖から炭モコモコ »