« ThinkPad X61 HDD換装作業(続) | Main | ミラクルフルーツ »

January 15, 2011

砂糖から炭モコモコ

化学II、糖質について。

生徒から、砂糖と硫酸の反応が見たいというリクエストがあった。くさいぞ、と言ったのだけれども、構わないから見てみたいと言う。
それではということで、3クラスでやってみた。ただし、煙が上がる反応を暖房が入っている教室でやることになるので、各クラスとも1つか2つだけである。

実験方法はきわめて簡単で、小型ビーカーに半分から7分目ほど上白糖を入れ、濃硫酸を適当にかけてやって、見ていればよい。こぼれたときのことを考えて、ホーロー製のバットに置いておこなった。

Sugarh2so4

砂糖が焦げたにおいがして、私はそんなに悪臭だとは思わないが、生徒たちには不評である。それでも、反応がうまくいって、このように見事に炭の柱が立ち上がったときには、私にも不快に感じられるにおいがする。換気扇の下の実験台でやるようにして、正解であった。

(1月17日 付記)
この反応は、一般に、硫酸が砂糖から水を化学的にうばって炭化させる反応であるとされている。
私が感じた「不快なにおい」はゴムタイヤを燃やすようなにおいであって、それは煙に硫黄の酸化物が含まれていたためであると思われるが、そんなものが発生する理由がわからずにいた。
ところが、少しWebを検索してみたら、この反応は激しく発泡するようになった段階では熱濃硫酸が酸化剤としてはたらいている可能性があることがわかった。なるほど、それなら二酸化硫黄が発生するし、また炭の固まりが泡立つように盛り上がるのは二酸化炭素の発生のためなのかもしれない。
そうなってくると、一般に言われているように、糖から水が奪われて炭になる、と簡単に説明してしまうのは誤りだということになる。
これは少し、調べてみる必要がありそうだ。

|

« ThinkPad X61 HDD換装作業(続) | Main | ミラクルフルーツ »

Comments

はじめまして、度々先生のブログを拝見させていただいている、
横浜市中区の鈴木と申します。

つかぬ事をお伺いいたします。
January 15, 2011に掲載の「砂糖から炭モコモコ」の
ブログ写真に載っているホーロー製のバット(緑と白の)
をお譲りいただくことはできませんでしょうか?

なぜなら、わたくしが日頃からとても欲しいと思っていて、
探しているものなのです。
もし可能な場合、同じ程の大きさの新品ホーロー製バット
(理科実験用の物)と交換させていただきたいと勝手ながら
考えております。
お手すきの時で結構です。わたくしのEメールアドレスにご返信
いただけたら幸いです。(当コメントは非公開でお願い致します)

Posted by: 鈴木佳子 | March 26, 2012 10:31

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 砂糖から炭モコモコ:

« ThinkPad X61 HDD換装作業(続) | Main | ミラクルフルーツ »