« 砂糖から炭モコモコ | Main | ニンヒドリン反応 »

January 22, 2011

ミラクルフルーツ

2年、生物Ⅰ。味覚の話をしている。

私が子供の頃、このあたりのこと紹介していた本には、舌のどの部分でどの種類の味を感じているのかという図が載っていた。今の教科書にはそういうものはない。味覚というものが思いのほか複雑で、そうそう簡単に、いくつかの味の要素に分けてそれを感じているのはどこなのだ、と割り切れるものではなさそうだということになってきたのだろう。「うま味」が "umami" として国際的に認知されたことも違っているところである。
そんなような、簡単ではないぞ、という実例を紹介しようと思った。

ここにあるのは、夏みかんです。私がゆうべ、むいて、詰めてきました。私は狭いマンションに住んでいるのだけれど、敷地内に、いろいろ木が生えているんです。でね、夏みかんの木もある。1階の住民が、それを収穫して、わざわざ袋に入れて、私は3階に住んでるんだけどもドアノブにかけておいてくれたりするんですね。それでね、この夏みかんが、暴力的に酸っぱい。それで、妻も娘も食べないんです。それをむいて、持ってきたわけなんだけど。
○○くん、食べてみますか?はい、みんなのほう向いて、顔を見せて。…酸っぱいですか?
▽△さん、どうですか、食べてみて、…平気な顔をしてますね。おいしい?あ、やっぱり、酸っぱい。
ところで、その酸っぱい味を、甘い味に変えるという不思議な植物の実があって、それが、これです。

Miraclefruits

定時制のK先生が、この木を鉢植えにして栽培してて、それでお願いして、3つもらってきました。今は、なってないんです。これはK先生が収穫して冷凍してあるものを、分けてもらってきました。
これはミラクルフルーツといいます。ミラクリンという物質を含んでいて、これが私たちの舌の、味を感じるところにちょうどはまりこむらしいんです。そうすると、不思議なことに、レモンなんかの酸っぱい味が甘く感じられるんです。味覚って、まだまだ、よくわからないんですね。
それじゃ、Kくん。去年からの約束で、これ、食べてみてください。中に種があるから、種はこのティッシュに出して。
少し、ぺちゃぺちゃして。もういいかな。それじゃ、この夏みかんを食べてみよう。どうかな。

あ、酸っぱいです。でも、…おいしい。そんなに酸っぱくないかな。甘くはないような。

あれぇ、そうですか?いや、これ冷凍になってるんで、それが溶けて時間がたつと失活するって聞いてるんだけど、まだ溶けたばっかりですよ。どうしたんだろう、…あ、後味が甘い。そうですか。ちょっと急いじゃったのかな。
この効果は、30分から2時間くらい続くんだそうです。その後は、戻っちゃう。ね、味覚って、よくわからないです。

もう1クラスでも、同様にやってみた。
また、私自身も体験してみたのだけれども、そんなに驚くほど甘く感じるということはなかった。普通はレモンでやってみるところを夏みかんにしたことや、冷凍品をつかったことで、効果が違ってきたのかもしれないと考えている。

|

« 砂糖から炭モコモコ | Main | ニンヒドリン反応 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ミラクルフルーツ:

« 砂糖から炭モコモコ | Main | ニンヒドリン反応 »