« T-ZONE 廃業 | Main | 換装用 2.5インチ500GB HDD »

December 31, 2010

IMAGICAで3Dを勉強する

27日、情報部会研究会。五反田にあるIMAGICA東京映像センターにおじゃまして、3Dコンテンツ制作の現場を見学させてもらい、またあわせて3Dについていろいろと教えていただくというものである。
今回は、他県にも声をかけた。東京と千葉から情報科の先生がみえている。この時期の研究会開催というのは、私たちの職場の現状に合致しているところがあって、参加者が多くなる。おととしの理研見学会もそうだった。

まず、ロビーに置いてあるテレビで、放送電波に乗っている番組を3D視聴する。スカパーである。(あれ、スカパーって、正式には何と言ったっけ、「すかいぱーふぇくTV」だとATOKが変換してくれないから違うのか?)専用のメガネをかけて見る。
この方式は、フルHDの1920×1080解像度の画面を、いわば横に2分割して用い、左目・右目用の画像データ、それはそれぞれ960×1080解像度ということになるのだけれども、そのようなデータを送出する。そのデータを受信し、対応しているテレビモニターで横に2倍に引き伸ばし、120Hzで左右のデータを高速に切り替えて表示する。それを、専用メガネのアクティブフィルターで高速に切り替えて遮断・透過させると、私たちの両目にはそれぞれ左目・右目用の映像が届き、頭の中でそれが合成・処理されて、3Dに見える。という仕組みである。
この方式、本来見えてはいけない画像が無視できない強度で見えて、あまり快適ではなかった。モニタを操作し、左右2画面にそれぞれのデータを表示することができるようで、その画像を左右の目で交差法で立体視する方が、私にはきれいに見えた。

この調子で書いていくと大変なことになるので、大幅に端折ることにする。
アナログ現像の作業現場を見学。こういう部分がまだ残っていることに、何だか安心した。
3D視聴の方式のいろいろを、講義形式で教えていただく。こんなにいろいろとあったのか。これは、つまり、どの方式も一長一短があって技術的に決定版といえるものがないということだ。もし方式が統一されることがあれば、それは技術以外の要因によるものとなるだろう。
すばらしいデモルームで、別方式の3D動画サンプルを見せていただく。臨場感というか、無理のない立体視ができて、これはすごい。
全体に、とても勉強になったし、認識を新たにした。

お土産に、赤青セロハンの3Dメガネをいただき、帰宅した。そうしたら、偶然にも朝日新聞の折り込み付録として別方式の3Dメガネが付いてきていた。これを使って見る記事がこれから出てくるのだそうだ。

ちょうど、今が良い時期なのだろう。勉強を始めるか。

|

« T-ZONE 廃業 | Main | 換装用 2.5インチ500GB HDD »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference IMAGICAで3Dを勉強する:

« T-ZONE 廃業 | Main | 換装用 2.5インチ500GB HDD »