« October 2010 | Main | December 2010 »

November 28, 2010

SO+ZO展 「未来をひらく造形の過去と現在 1960s→」

標記の展覧会に行ってきた。
これは、専門学校桑沢デザイン研究所および東京造形大学の関係者・卒業生の作品の総まとめといった趣の会である。

教員として採用になり、最初に担任を持って3年まで上がったころ。「専門学校」のことを、私たち若手はほとんど知らなかった。そしてまた、当時は大学短大への入学がもっとも難しかった時期であり、多くの卒業生が進学していく専門学校のことを勉強する必要に迫られていた。いわゆる専門学校ジャーナリズムの業者さんを呼んで話を聞くことが行われ、そこで、「服飾デザイン関係だったら、桑沢デザイン研究所が一番よい」ということを、言われるままに覚えた。内実については何も知らず、ただ、とりあえずの付け焼き刃的知識の一つとしてそう覚え、生徒の指導にあたったのだった。もっとも、受けに行って受かった生徒はいなかったのだけれども。
あれから20年以上たった今年、勤務校のなかなか面白い生徒が一人、AOで東京造形大学に進学を決めた。東京造形大学は、専門学校のほうと同じ桑沢学園によって設立、運営されているところなのだと知った。
それで、ちょっと桑沢のことを見てこようかと思って、今日、出かけてきたのである。

会場は、Bunkamuraのザ・ミュージアムである。
会期の設定がおかしい。11月13日(土)から11月28日(日)まで。大相撲九州場所の開催期間にその前の土曜日を加えた16日間となっている。これは、Bunkamura ザ・ミュージアムで開催される展覧会としては異常に短いが、3回の土日と勤労感謝の日を含んでいて、足を運んでもらいやすい期間設定であるとも言える。
入場料も一般800円と安いが、窓口には「主催が云々であるので今回はTopカード会員割引がない」という掲示があった。
つまり、Bunkamuraの企画による展覧会なのではなく、会場を桑沢学園に貸しだして行われている会なのだろう。

さて、やっと中身の話になるが。
予想していたよりも、ずっと濃いハイレベルな内容であった。
有名な「おいしい生活」のポスターがある。作者の名前は知らなかったのだが浅葉克己さん。桑沢の卒業生なのだ。
矢吹申彦(のぶひこ)さんの作品。私はなぜ彼の名前を知っているのだろう。週刊誌か何かの挿絵に署名があったからか。
その他、すぐれた訴求力をもつポスターがたくさん。見ていて楽しい。
インダストリアルデザインというより生活器具デザインといった方がいいのか。実用品の、美しいデザインの数々。
服飾デザイン、特に婦人服方面には私は興味がないのでパス。
この学校を紹介するビデオが投影されているブースがあったので、入ってしばらく見ていた。大いに感心したのだけれども、こういう授業はまた、学生にもそれなりの覚悟・姿勢・才能を要求するものだと思った。この学校に入れば○○ができるようにしてくれるんでしょ~?みたいな態度では、到底やっていけるものではないだろう。

ビデオでも触れられていたが、この学校の基本姿勢は、Bauhausのそれに通じるものがある。Bauhausの思想、と言ってもなかなか単純な話でもないらしいのだが、大まかなところ、私はそれに共感を覚える。だから、桑沢に対しても。

何だか満足して、このあと新国立美術館に回ってゴッホを見ようと思っていたのを取りやめることにした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 15, 2010

放送アンデパンダン大会・総文祭放送部門大会

14日(日)、標記の大会が開催された。会場は県立弥栄高校。

ここに至るまで、生徒たちは相当な時間と労力を費やして番組を作り朗読の練習をしてきたし、私もまた、連日遅くまでつき合ってきた。
その結果が昨日出たわけだけれども、いろいろと思うことがある。それについてはまた、少しずつ、ここに書くかも知れない。

放送顧問の先生たち。
知り合いの人が、とても多い。私は顧問一年目であるから、彼らは、放送の知り合いではなく今までの勤務校において同僚として一緒に仕事をしたことのある人たちである。
そしてまた、単に同僚であったという以上に、考え方が近くて、親しく気持ちよく過ごしてきた人たちであるように思う。
各校で番組を作ってきた生徒たちの様子も、なんだか、好ましい。見ていてイライラしない。

この年齢になって、やっと、納まるべきところに納まったのかな、という気がしている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 07, 2010

放送スタジオでのハンドサイン

2日連続での休日出勤。今日は、以下に書く2つのほかにも、部活の顧問というか担当をいくつも引き受けている。

主顧問となっている軽音楽部。いつもどおりの練習ではなく、ハロウィーンライブということで、教室をそれなりに調え衣装も着ての演奏会である。
午前と午後、少しずつだけ会場に入って座っていた。楽しそうにやっている生徒たちの姿を見ていると、あの大音量がだんだん我慢できるものになってくるのが不思議である。

放送朗読。今回、1名だけ総文祭神奈川大会に参加する生徒が、放課後だけでなく土日にも練習にやってきている。
私はアナウンスや朗読についての専門知識はないが、落語などの話芸はずいぶん聞き込んできている。また、たまたま物心ついたときに東京都中野区に住んでいたので東京弁ネイティブである。だから、日本標準の朗読ではこう読むのではないか、と思われるアクセントや有声音無声音などの指摘はできる。それに、総文祭宮崎大会での経験を合わせ、できる限りの指導をする。

放送番組。4作品が同時進行中である。すでにできあがったものもあるが、大変に心細い状況にあるものもある。
収録をするというので立ち会う。金魚鉢の中でマイクの前に立っている生徒に、「テスト」の意を伝えようと、右の手のひらを水平に保ちそこへ左の手のひらを垂直に当てて示したら、全然通じなかった。
あれ、君たち、こういうの知らないの?

私が小学校5・6年生で放送委員会の仕事をしていたとき、基礎的学習として、放送スタジオで使うハンドサインをいくつか教わった。手をTの字にして「テスト」、立てた指をくるくる回して「速く」、餅かガムを引っ張るような手つきをして「ゆっくり」などを覚えている。
これらについて、生徒たちは知らないという。そういうの要りますよねえ、とは言うのだけれども。

それで、さっきgoogleで検索してみたのだが、そのようなサインをまとめたページはまったく引っかからなかった。
いま、このようなものは廃れてしまったのだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 06, 2010

SONY Cyber-shot DSC-F77

SONYの Cyber-shot DSC-F77、デジタルカメラである。2002年秋の発表であり、もう8年前の製品ということになる。

これを入手したのは、1年くらい前だったか。ソフマップ横浜店で、付属品がすべて付いた箱入り中古品で2,000円だった。
私はデジタルカメラの記録メディアの種類を増やすのがいやで、それまでコンパクトフラッシュの機種とSDカードの機種しか持たないようにしていた。これはソニー製であり、したがって新たにメモリースティック系列のメディアが必要になってくる。面倒だなとも思ったのだが、この面白そうなカメラをいじってみたい気持ちがまさって、買ってきてしまった。
これもまた、レンズ回転式、いわゆるスイバル方式である。

メディアは、フルサイズのメモリースティック16MBが付属している。もちろんこれでは使い物にならないので、大きな容量のものを用意する必要がある。現在、この大きさのメモリースティックはほぼ入手不能なので、メモリースティックDuoのサイズのものを変換アダプターに差し込んで使うことになる。
ところがまた、このF77では認識する容量の上限が1GBなのである。普通に売られているメモリースティックPro Duo(ああ、訳が分からない)は、最低の容量が2GBであって、これは使えない。仕方がないのでネットオークションのお世話になってSanDisk製1GBのものを入手したが、不正規品をつかまされないかと冷や冷やした。

使ってみると、なかなか、いい感じなのである。レンズを回転させると電源が入るという設計が秀逸だし、操作に対する反応がすばやくて使いやすい。手で持って収まりのいいサイズであり、さわっていると楽しい感じである。

それでも、特に用途もなく、入手以来ずっと予備の予備の、そのまた予備くらいの位置づけで机の引き出しに眠っていた。
これを、先週あたりから生徒に使わせている。3年総合で、組み立てた分子模型を撮影してプリントアウトし、写真を研究発表ポスターに貼り付けるための貸し出し。それと、放送委員会で制作中の番組に使う写真をちょっと撮ってくるための貸し出しである。
生徒たちも、このカメラを楽しそうに使う。放送委員会の方からは、もう使い終わっているはずなのに、なかなか返ってこない。

まあいい。そうやって使ってもらえれば、2,000円で売られていたこのカメラだって本望だろう。メディアを買い足そうかな。

(11月21日 追記)
写真を撮ってきた。

Dscf77

それから、記録用メディアであるが、説明書では1GBまでとなっているものの、2GBのものまでが使えるような記述をSONYのサイトで見つけた。試しに買ってきて使ってみたら、大丈夫であった。2GBを越えるとダメということらしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2010 | Main | December 2010 »