« August 2010 | Main | October 2010 »

September 25, 2010

モル-タロウでダイヤモンドとフラーレン

ジュンク堂と丸善がいっしょになって、東急本店に大きな書店を出したというので行ってみた。

化学については、品揃えが大変よい。大きな棚の一続き、一面が全部化学で埋まっている。
それでは、八重洲ブックセンターのように、あるかな?と思って見ていたら、あった。HGSとモル-タロウ。分子模型であって本ではないのだが、このように、書店ルートで流通するのである。
そして、もともと丸善の取り扱いであるHGSを押しのけて、モル-タロウのほうが棚の面積を取っている。いろいろなセットが置いてあり、見ていて楽しくなって、1セット買い増ししてきた。

買ってきたのは、DFC-2というもの。ダイヤモンドとフラーレンC60が作れるセットである。ダイヤモンドだけが作れるセット、フラーレンだけが作れるセットもあるのだが、DFC-2にはそれぞれの半分ほどの量が組み合わせて入れてある。ラーメン屋のメニューで言えば半チャーハン半ラーメンにあたるだろうか。
組んでみると、こんな感じ。モル-タロウでは炭素原子は青色系統なのだが、このセットではインテリアとしての用途も考えて装飾性をもたせているため(?)か、このようにきれいな赤色の模型になる。

Moltarou2

さっそく、3年生の授業に持っていって、回覧に供した。

ところで、この2つの模型を見ると、ダイヤモンドのC-C結合よりもフラーレンのC-Cのほうが長い。
ダイヤモンドのC-Cは、私は1.54Åと覚えている。0.154nmである。これに対し、ベンゼン環のC-Cは1.3か1.4Åくらいのはずで、だから、フラーレンのC-Cのほうがダイヤモンドのそれより短くなくてはおかしい。それなのに、この模型では、そうなっていない。

製造元によれば「精密さと簡便さを両立させたモデル」であるということで、これは、おかしい。私の勘違いなのだろうと思うが、今のところ、納得できないでいる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 18, 2010

『やさしくわかる化学実験事典』

表記の本が出版された。

Jikkenjiten

私も何本かの原稿を書いている。
編著者は左巻健男さん。10年ぶりに左巻さんの本をお手伝いした。

私の担当分は、以下のとおり。

  • 砂糖は有機物
  • 炎色反応
  • 酸化銀の分解
  • 水の電気分解
  • 水酸化バリウムと塩化アンモニウムで冷え冷え
東京書籍、2010年9月7日発行。2200円(税別)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 05, 2010

久しぶりにFlash

勤務校のウェブページ。
いろいろと改良したい部分がある。というか、本当は、もうゼロから作り直してしまいたい。
そうだけれども、いまのページの骨格は、当時在籍していた有能な男がいっしょうけんめいに作ったものである。人のやった仕事に敬意を表すのは当然の礼儀であろう。むやみに作り替えてしまうのは憚られる。それに、作り替えるとしてもまとまった時間がとれない。それで、今日の現状に至っている。

そうして、4年目になった。見渡してみると、中学生が勤務校と比較検討する近隣の高校のページが、どんどんよくなって…いや、今風になって、かな…ともかく、見ばえのするものになってきている。
しょうがない。やるか。

というわけで、ずいぶん久しぶりに、Flash MX 2004 をさわっている。トップページに、ちょっと目を引く動きを与えようかというつもりである。
生徒たちに、許諾をもらって。校内で、しかるべき手続きをして。1~2週のうちに。

本当は、きれいにCSSで全部書きかえたいところなのだけれど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 04, 2010

カードリーダー FA405MX-E

秋葉原を歩いていたら、USB接続のカードリーダーが目にとまった。パッケージに入っていて新品ではあるようなのだが、無保証のジャンクである。

こういう品物は、つくりが簡素であるためか、ガタが来て使いにくくなるのがはやい。消耗品と考えるべきもののようにも思う。私は仕事にも私用にも(境界は曖昧である)しょっちゅう使うので、いくつも持っていて、あちこちに置いてある。そして、適当なものを見つけては、買い換えている。
それで、この品物は、フラッシュROM搭載というシールが貼ってあったので、私の目を引いた。どういうことなのかと思って、買ってみたのである。400円であった。

Owl4052

帰ってきて調べてみると、このオウルテックFA405MX-Eという製品は、もう3年も4年も前のものであった。そういえば、見たことがあるような気もする。それで、フラッシュROMは、SDHCが出たときのような場合に新しいファームウェアが提供されるのでそれを書き込み、新しい規格のカードを読み書きできるようにして使い続けるためのものであるということである。
うーん。それ、実際問題としてメリットがあるのかどうか。仮に今後そういうことがあったとしても、メーカーが律儀に新しいファームウェアをWebに上げてくれるのか。それを機会に新しい製品に買い換える方が現実的だと思う。

ところで、実は、この製品にはそれよりもうれしい機能がついていた。

Owl4051

この手のカードリーダーをつなぐとリムーバブルディスクがいくつも現れるが、1枚だけ差したカードがどれなのか、わかりにくいのが普通である。それが、この製品では、ユーティリティを入れるとこのようにアイコンが変わってメディアの種類を教えてくれる。実際にメディアが刺さると、文字が赤く変わるので、さらにわかりやすい。

これは、いい機能である。いまどきの製品では、どうなっているのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2010 | Main | October 2010 »