« 生物夏期補習 | Main | 久しぶりにFlash »

September 04, 2010

カードリーダー FA405MX-E

秋葉原を歩いていたら、USB接続のカードリーダーが目にとまった。パッケージに入っていて新品ではあるようなのだが、無保証のジャンクである。

こういう品物は、つくりが簡素であるためか、ガタが来て使いにくくなるのがはやい。消耗品と考えるべきもののようにも思う。私は仕事にも私用にも(境界は曖昧である)しょっちゅう使うので、いくつも持っていて、あちこちに置いてある。そして、適当なものを見つけては、買い換えている。
それで、この品物は、フラッシュROM搭載というシールが貼ってあったので、私の目を引いた。どういうことなのかと思って、買ってみたのである。400円であった。

Owl4052

帰ってきて調べてみると、このオウルテックFA405MX-Eという製品は、もう3年も4年も前のものであった。そういえば、見たことがあるような気もする。それで、フラッシュROMは、SDHCが出たときのような場合に新しいファームウェアが提供されるのでそれを書き込み、新しい規格のカードを読み書きできるようにして使い続けるためのものであるということである。
うーん。それ、実際問題としてメリットがあるのかどうか。仮に今後そういうことがあったとしても、メーカーが律儀に新しいファームウェアをWebに上げてくれるのか。それを機会に新しい製品に買い換える方が現実的だと思う。

ところで、実は、この製品にはそれよりもうれしい機能がついていた。

Owl4051

この手のカードリーダーをつなぐとリムーバブルディスクがいくつも現れるが、1枚だけ差したカードがどれなのか、わかりにくいのが普通である。それが、この製品では、ユーティリティを入れるとこのようにアイコンが変わってメディアの種類を教えてくれる。実際にメディアが刺さると、文字が赤く変わるので、さらにわかりやすい。

これは、いい機能である。いまどきの製品では、どうなっているのだろう。

|

« 生物夏期補習 | Main | 久しぶりにFlash »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/49349631

Listed below are links to weblogs that reference カードリーダー FA405MX-E:

« 生物夏期補習 | Main | 久しぶりにFlash »