« 浮世絵入門 東海道五十三次 | Main | 神奈川大学研究室で実験体験 »

June 20, 2010

教育実習生受け入れ

先々週まで、教育実習期間であった。学生によって2週間または3週間と違っているので、後ろを合わせる形で期間が設定された。

私は、2名の実習生を担当した。教科担当として2名、うち1名はホームルーム割り当ても私のクラスである。
このことについては、おそらく、批判があったはずである。私のほかに、2名の実習生を預かった教員はいない。
無責任?目が届かない?指導が不十分になる?
いや、そんなこと言ったってさ。

私が母校の高校で教育実習したとき。実習生は、たしか40名ほどであった。初日に職員室で全員が挨拶したときには、もう、実習生でいっぱいになったものだ。
HRの担当はなかった。私だけでなく、教育実習ではHR指導はやらないことになっていたのだ。
私の指導担当になってくれたK先生は、私の他にもう一人、実習生をもってくれていたのではなかったかと思う。みんなそんな感じで、物理と化学の実習生の控室になっていた物理準備室は、わいわいがやがや、楽しいものだった。
だからといって、教育実習の内容が薄っぺらなものになってしまって不満であるとか、そういうことは一切なかった。工夫しながら多くの実習生を受け入れてくれる母校のやり方に感謝した。

20名の実習生を受け入れた勤務校では、同僚たちのやり方はいろいろである。きびしく、エネルギッシュに指導にあたる人もいる。
しかし、そうやってみても、わずか2週間か3週間のことである。1年間とか3年間という長丁場になる我々の仕事の中では、それはほんのわずかの期間でしかない。その間の授業について、教科の部分をきつく指導することは、私にはあまり意味のあることとは思われない。そもそも、教科の内容を身につけさせるのは、教育実習ではなくて大学の授業のはずである。

私たちのすることは、教職を志す、あるいは選択肢の一つとして考えている若者に、やってごらんなさいと、教えることを体験するチャンスを提供することである。やる気があれば、あるいは観察眼と判断力があれば、私たちの動きを見ていてさまざまな事項を見いだし、自分でやってみよう、取り入れてみようとするだろう。あるいは問題点を改良する方法をさぐったりするだろう。

担当した2名とも、実習授業後の私の細かい(些末な?)アドバイスをよく受け止め、次には改善した授業を行っていた。また、1クラスだけ私の担当授業を残しておいて彼らに見せていたら、やりなさいと言ったわけではないのだけれども、書画カメラやPCやプロジェクターを用いる教材を作ってきて、自分の授業に取り入れていた。私のをまねしているのではなくちゃんと独自のものであった。

そんなこんなで、私にとっても初めての、2名担当の実習期間が終わった。実習録のコメントを書くのだけは2倍の手間であったけれど、大したこともない。あとは、彼らにとって、充分なよい実習であったかどうかということであるが、話が戻るようだけれども、それは本人たちの意気込みに帰される問題であろうと思っている。

来年は、1名を受け持つ予定になっている。勤務校へ来た年に化学IIを1クラス持ったのだったが、そこにいた学生である。

|

« 浮世絵入門 東海道五十三次 | Main | 神奈川大学研究室で実験体験 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/48679331

Listed below are links to weblogs that reference 教育実習生受け入れ:

« 浮世絵入門 東海道五十三次 | Main | 神奈川大学研究室で実験体験 »