« 横浜国大工学部説明会 | Main | ASUS USB外付け30GB HDD »

May 02, 2010

ThinkPad X61 購入

昨日。久しぶりに時間が取れて、秋葉原を歩いた。
Genoに入ってみたら、ショーケースに、ThinkPad X61の英語キーボード・英語版OSというのがあって、ほとんど衝動買いしてしまった。

仕事用に使っているX40をそろそろ買い換えてもいいかなと思っていたし、また、 Premiere Elements 7 が自宅のマシンではまともに動かないのでマルチコアのマシンが欲しかった。Core i5 か i7 のデスクトップ機をとも思っていたのだけれど、そういうものは立派なケースに入っていてスペース的に難がある。
困っていたところ、Core 2 Duo 2.2GHz の X61がそこに。あ、これでもいいか、と。
メモリを増設して3GBにした。このマシンでは、32ビットのWindowsでも3GBまで認識するそうだ。

英語キーボードは、私にとっては必須に近い。
英語版OSは、これはまあ、日本語版でも構わない。でも、例えばダイアログボックスでOSが何か言ってくるときに、日本語のメッセージでは、字面だけ読めても内容が理解できないことがままあるのに対し、英語ならば、読んでよく考えれば分かることもある。だから、どちらかといえば、英語版の方がいい。日本語が使えるように苦労する楽しみも味わえる。

自宅へ持ち帰って、起動してみる。
OSはVista Businessである。7のほうが良いけれど、まあ、このスペックでは Vista でもそんなにもたもたする感じではない。 aeroなどは不要なので、Windows2000以来のクラシック表示に変更する。

Tp_x61

Office 2007 Professional が入っている様子で、これはもうけものと思ったが、60日間の体験版であった。60日と期限を切られるのなら、最初から使わない。速攻で削除。Norton Internet Security も90日間のものであったので、削除。

Webは、とりあえず見られる。日本語のページはちゃんと日本語で表示される。フォントはどうしているのだろう?
何をさておいてもと、ウィルス対策ソフトを入れようとすると、インストールのダイアログボックスがまともに表示されない。ナカグロなどが並ぶ。Webで情報を探ってみると、システムのロケールを日本にする必要があるということである。
そうしたら、ダイアログボックスは表示されて先へ進めたが、ユーザ登録ができない。これは、IMEがないので日本語を入力できないためである。
そこで、先に一太郎とATOKを入れた。これで日本語も入力できるようになった。
日本語化の作業は以上で終わりである。

Premiere Elements 7 であるが、無事に動いた。昨年秋の、娘の学校の文化祭で撮ってきたaviファイルを編集し、やっとDVDにすることができた。

バッテリが、どうしたわけか、大容量8セルのものがついていた。うれしくないこともないが、重い。4セルのものを探して入手し、仕事用に携帯しよう。

|

« 横浜国大工学部説明会 | Main | ASUS USB外付け30GB HDD »

Comments

Kamさん久々のハードウェア投稿、楽しく読ませていただきました。
ThinkPadいいですね。
キーボード中央のマウス制御ボタン好きです。
英語版OSと日本語の関係、私もよくわからず知りたいところです。
とりとめもないコメント失礼しました。

Posted by: 田中 洋 | May 08, 2010 08:39

ありがとうございます。
ちょこちょこと買い物はしているんですが、品物の紹介だけしてもつまらないと思って、このごろあまり書いていませんでした。
ポインティングデバイスは、スティック型のものが好きです。マウスより使いやすい部分もあります。
これについては、別に書くかも知れません。

Posted by: aromatic Kam | May 08, 2010 22:30

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ThinkPad X61 購入:

« 横浜国大工学部説明会 | Main | ASUS USB外付け30GB HDD »