« April 2010 | Main | June 2010 »

May 22, 2010

情報部会研究大会

5月21日、神奈川県高等学校教科研究会情報部会の研究大会が行われた。

会場は、昨年に引き続き、横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校のホールをお借りした。大変立派な施設で、このような会場で大会を開くことができるのは、まことにありがたいことである。二日前には、数学部会の研究大会も、ここで行われている。
もっとも、現状の研究大会出席人数に対しては、この入れ物は立派で大きすぎる。来年度以降は、たとえばかながわ県民センターの会議室でもいいのではないかと思う。あそこなら、横浜駅前で交通の便も良い。

部会長は、秦野高校の南校長にお願いしている。南先生は、とても気さくな方で、また、私たちの活動が円滑に進むよう気を配ってくださっている。
部会長挨拶で、こんなことをおっしゃっていた。

学校の現状ということを言うとき、それは、生徒のことを言っていることが多いだろう。だが、現状とは、そういうことだろうか。私は、教員と生徒の、ある平衡関係のことを言うのではないかと思う。そうであるなら、教員が変われば、現状は変わるのだ。

口頭の挨拶だから、「へいこう」は、そういう音で話されたということ。それを私は、上のように、「平衡」という漢字で聞き取った。これは、「平行」「並行」であってはおかしい、たしかに「平衡」であるはずである。現状を打破するのは、教員の変革の意志である、というメッセージを発せられたと了解することにする。

講演は、筑波大教授の駒谷昇一先生。PBL教育の重要性の説明と、実践報告であった。
PBLとは、Project Based Learning のこと。実践的な課題を設定し、チームを組んでその課題に取り組むなかで、きわめて人間的なあれやこれやの問題をクリアしていきながら、マネジメントの力を養うというものであるそうだ。講演の前半では、言ってみれば理屈っぽい、あるいは企業において求められる力とは、といった話であったが、後半のゼミ生たちとのやりとりの実例紹介の部分は大変に興味深く、会場にいる教員たち(人数は多くなかったけれど)の心に響き大いに共感を覚えるものであった。

懇親会は、鶴見駅前の居酒屋にて。南校長もおいでくださったし、こういう会には初めてのメンバーも何人かいた。駒谷さんを囲んでの話はとても楽しく、良い会になった。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 18, 2010

火曜日は5時間連続

今年度の時間割は、火曜日がきつい。3、4、昼、5、6、7と5時間の授業が続くのである。しかも、この5時間がすべて3年生の授業で、2時間続きのものが2つ入っている。

3、4校時は総合「チャレンジ有機化学」。男子3名、女子7名のゼミナールである。
まもなく中間テストでもあり、成績に関係のない総合の時間には、生徒たちはあまり労力を割きたくないところだろうと考えて、1時間は予定通りに原書講読とするがもう1時間は実験を主とした活動を計画した。
ジョーンズ有機化学。前回、今回からの翻訳と説明の分担を決めておいたので、その一人目を指名して発表させる。日本語の訳文も渡してあるのでそつなく解釈していくが、ところどころ構文がわからないというところなどもあるので、私が補充して説明する。
実験は、原子スペクトルのいろいろを見るものとした。N.Bohrの提唱した、原子中で電子がとびとびのエネルギーをもつ軌道を占有しているというモデル。Bohrがこれをどうして思いついたのか。部屋を暗くし、水素をはじめとしていくつかの気体の原子スペクトルを直視分光器でながめ、線スペクトルを確認した後、Rydbergの式を書いて、水素の赤色のスペクトル線の波長を計算してみた。

昼休み。生徒の進路相談と理科の教科会議。

5、6校時は化学Ⅱ。試験前最後の時間で、ぴったり試験範囲まで終わらせるように進行する。このクラスは、時間割設定の関係で、3単位のうち1時間だけを普通教室で行うようにしている。そうすると、スクリーン+プロジェクターや多くの教材など、見せられないものがいろいろある。話す順番を他のクラスと変えたりしているので、どうも、調子が出ない。するとこちらの調子が生徒に伝播するもので、生徒の乗りも、他のクラスに比べて今ひとつの感がある。

7校時。1コマの化学Ⅱ。ここは20人と少ないのだが、発問に対して返答が多くでてきて、進行しやすいクラスである。ここでも、時計を見ながら、試験範囲まで話し終わった。

入選委員会。

文化祭のクラスオリジナルシャツの現金出納処理。

… 7時か。テスト問題作成は自宅だな。もう、帰ろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 10, 2010

東海大学開発工学部 学生募集停止

西山幸三郎先生から、定年退職のため学部長も同時に辞任したというはがきをいただいた。
そこに書かれていた挨拶文の中に、開発工学部が募集停止となり心残りであると記されている。
募集停止!? 知らなかった。

東海大学である。今や日大をしのいで全国一の規模の総合大学となっている、それなのに。

地図を見てみると、沼津キャンパスは愛鷹山の山麓にあり、教育・研究開発には良好な環境であるように見える。
しかし、この立地は、神奈川から通学するのには厳しい。私も今まで、主に前任校勤務の期間に、何人かの生徒にここを候補として考えるようすすめてみたが、親元を離れての生活となることがネックになり、進学していった生徒はいなかった。

大学のWebページをみたら、大学院の方は、募集を続けるとしてあった。
院生と教員だけの研究組織。それも、時代なりのありようなのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2010

3年総合『チャレンジ有機化学』

勤務校では、3年に「総合」を2単位置いている。1年に1単位、2年はなしである。
3年では、25講座ほどのゼミを用意し、生徒に選択させる。各ゼミで教員について、それぞれ、研究をするということになる。

私は、「チャレンジ有機化学」というのを出した。
内容は、一昨年の「分子を知る」ゼミを踏襲する。前半は、ジョーンズ有機化学の最初の50ページほどを原書で読むことを骨格とし、有機・無機の実験や、大学の研究室をたずねることも行う。後半は、各人がテーマを設定し、書籍やネットを使って調べて、ポスター発表の形式でまとめを作成することとする。

所属ゼミを決めるまでに、割とていねいなガイダンスが設定されている。全体説明会が1回、教員がブースを出して事前に出されている質問票に基づく回答や面接を行う個別相談会が1回ある。その後、人数調整があって、受講人数が確定する。

生徒にていねいな割には、担当教員にはていねいでない。
来週の火曜日に第一回があるので教材の準備をしたいのに、受講生の確定人数が伝わってきていなかった。
今日、部活ほかのために休日出勤したのだが、たまたま出てきていた担当者に聞いてみたら、私のゼミには第一希望で5人、第二で回ってくる者が5名の合計10名が来るということであった。

10名か。一昨年が6名だったから、ちょっと多いな。でも、理系英語の長文読解である、楽なゼミではない、直接入試に役立つものでもない、と伝えてある上での数だから、喜ぶことにしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 03, 2010

ASUS USB外付け30GB HDD

premiereで編集しようとしている動画ファイルは、デスクトップ機その2に入っている。これをX61に移行するのに、大容量のリムーバブルデバイスがあるといいなと思いながら歩いていた。

そうしたら、あきばお~の店頭に、USB外付けの小型HDDが並んでいた。ASUSの、Eee PC付属品が流出しているもので、容量は30GB。1.8inchのHDDが入っている箱である。これは以前にも見かけたことがあるが、値段がだいぶ下がって2999円であった。購入。

Asus30g

テプラのテープを貼ってある下に、Eee PC のロゴが印刷されている。

性能は、特に大満足でも不満でもない。一回、デスクトップ機その1に接続したときに、認識されるまでに時間がかかりヘッドがシークを繰り返したのが、ちょっと不安ではある。

購入目的の、aviファイルの移行はできた。
しばらく、様子を見る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2010

ThinkPad X61 購入

昨日。久しぶりに時間が取れて、秋葉原を歩いた。
Genoに入ってみたら、ショーケースに、ThinkPad X61の英語キーボード・英語版OSというのがあって、ほとんど衝動買いしてしまった。

仕事用に使っているX40をそろそろ買い換えてもいいかなと思っていたし、また、 Premiere Elements 7 が自宅のマシンではまともに動かないのでマルチコアのマシンが欲しかった。Core i5 か i7 のデスクトップ機をとも思っていたのだけれど、そういうものは立派なケースに入っていてスペース的に難がある。
困っていたところ、Core 2 Duo 2.2GHz の X61がそこに。あ、これでもいいか、と。
メモリを増設して3GBにした。このマシンでは、32ビットのWindowsでも3GBまで認識するそうだ。

英語キーボードは、私にとっては必須に近い。
英語版OSは、これはまあ、日本語版でも構わない。でも、例えばダイアログボックスでOSが何か言ってくるときに、日本語のメッセージでは、字面だけ読めても内容が理解できないことがままあるのに対し、英語ならば、読んでよく考えれば分かることもある。だから、どちらかといえば、英語版の方がいい。日本語が使えるように苦労する楽しみも味わえる。

自宅へ持ち帰って、起動してみる。
OSはVista Businessである。7のほうが良いけれど、まあ、このスペックでは Vista でもそんなにもたもたする感じではない。 aeroなどは不要なので、Windows2000以来のクラシック表示に変更する。

Tp_x61

Office 2007 Professional が入っている様子で、これはもうけものと思ったが、60日間の体験版であった。60日と期限を切られるのなら、最初から使わない。速攻で削除。Norton Internet Security も90日間のものであったので、削除。

Webは、とりあえず見られる。日本語のページはちゃんと日本語で表示される。フォントはどうしているのだろう?
何をさておいてもと、ウィルス対策ソフトを入れようとすると、インストールのダイアログボックスがまともに表示されない。ナカグロなどが並ぶ。Webで情報を探ってみると、システムのロケールを日本にする必要があるということである。
そうしたら、ダイアログボックスは表示されて先へ進めたが、ユーザ登録ができない。これは、IMEがないので日本語を入力できないためである。
そこで、先に一太郎とATOKを入れた。これで日本語も入力できるようになった。
日本語化の作業は以上で終わりである。

Premiere Elements 7 であるが、無事に動いた。昨年秋の、娘の学校の文化祭で撮ってきたaviファイルを編集し、やっとDVDにすることができた。

バッテリが、どうしたわけか、大容量8セルのものがついていた。うれしくないこともないが、重い。4セルのものを探して入手し、仕事用に携帯しよう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« April 2010 | Main | June 2010 »