« テスト前補習 今回はちょっと… | Main | テスト前補習 2回目 »

February 21, 2010

「コペルニシウム」で決まり、だろうか?

タイトルのようなことを、ふと、考えた。
というのは、110番ダームスタチウムのときに、あれ?と思うことがあったからである。
(こちらを参照 (http://sci.la.coocan.jp/fchem/log/kyoiku/290.html

つまり、化合物名に限らず元素名については日本化学会がその日本語表記を決めるのであるが、そのための基準を自身で定めているにもかかわらず、そこからいささか離れて英語的発音にすり寄ったような表記をすることがあるのである。
あのときは、Darmstadtium の「字訳」としてルール上は「ダルムスタチウム」が正しいはずだし、ドイツの都市名は日本で「ダルムシュタット」と呼び習わされている、それなのに元素名は「ダームスタチウム」と定められた。

Copernicium.
Copernicus については、日本語で通常「コペルニクス」と表記されている。しかし英語的発音ではちょっと違うだろう。理化学英和辞典の発音記号では、「コウパーニカス」が近いようである。

マスコミでは、すでに「コペルニシウム」としてあちこちに出ている。さて、化学会はどうする?
(「化学と教育」の4月号が楽しみである。年に1回、色つき厚手用紙の周期表が入ってくる。)

(2月25日 付記)
化学会からメールが来た。「コペルニシウム」と決まったそうである。

|

« テスト前補習 今回はちょっと… | Main | テスト前補習 2回目 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/47627767

Listed below are links to weblogs that reference 「コペルニシウム」で決まり、だろうか?:

« テスト前補習 今回はちょっと… | Main | テスト前補習 2回目 »