« 教室で電気分解 | Main | 電気パン - 電気分解の応用として強引に(2) »

February 12, 2010

電気パン - 電気分解の応用として強引に(1)

「1組にくらべて、試験前に時間数が多いから、実験をやろう。酸化還元の応用で、スライドガラスを使って鏡を作るのはどうだ。」
「先生、うちのクラスは電気パンやんないんですか」
「あれ、電気パンのほうがいい?うーん。じゃあ、みんなで決めるか。ホームルーム委員さん、みんなの意見をとりまとめてきてください。」

翌日、ホームルーム委員が律儀に全員の希望を聞き集計して持ってきた。25対15で電気パンであった。やや、残念である。

この、電気パンなる不思議な「実験」を、私はパソコン通信で知った。「化学の広場」か「教育実践フォーラム理科の部屋」である。当時、これは実験なのだろうか?という違和感を覚えた。現在でも、その気持ちは基本的に変わっていない。さっき、年長の同僚から、

「食い物につられてやる、最低の実験だ」

とはっきり言われたのだが、言われながら私もそうだと思っているから、言い返せない。
それでもまあ、成り行きでやることになったのだから、私なりの味付けをほどこして、なるほどこれは化学の実験だ、得るところがあった、と生徒に思わせて帰すように段取りを考えるわけである。

近所のスーパーや100円ショップへ出かけ、ホットケーキミックスを2.4kg、ボウル、紙皿、割り箸等々を仕入れた。生徒たちには、牛乳パックを1人1つとシロップ類を持ってくるように指示。
昨日、休日出勤して、接続ケーブルを11本製作した。ハンダ付け44カ所。電極に使うステンレス板を、大きな板から金切りばさみで切り出した。22枚。
そして当日の今日は、朝から予備実験と準備に励んだ。予定は5・6校時の2コマであった、のだが…。

(以下はまた明日)

|

« 教室で電気分解 | Main | 電気パン - 電気分解の応用として強引に(2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/47550704

Listed below are links to weblogs that reference 電気パン - 電気分解の応用として強引に(1):

« 教室で電気分解 | Main | 電気パン - 電気分解の応用として強引に(2) »