« CSSを勉強する | Main | テスト前補習(続) »

November 28, 2009

テスト前補習

まもなく定期テストである。同じ期間であるが、1・2年生は後期中間、3年生は後期期末(学年末)テストという扱いになっている。
3年は10月に後期中間を行っている。これに対し、1・2年は9月始めに前期期末を行って以来の定期テストであって、3ヶ月分の学習内容がその範囲となる。

1年化学Iは、溶液の濃度・化学反応と熱・酸と塩基の反応という内容になり、これは、テスト前にちょっと復習をと思っても容易にこなせる量ではない。
こうなってしまうことは分かっているので、私たちも、いくらかの対策はとってきている。切りの良いところで小テストやプリント提出を課し、内容の定着をはかってきた。そして、最後の酸と塩基の部分については、休日補習を行うことにした。

補習は今日。午前中に120分である。生徒に告知したのは昨日であって、不親切なのは分かっていたが、調整の上のことでやむを得なかった。使用する教材プリントを配布して、プリントを持っていって自習しても良いし話を聞きに来てもいいよと案内。対象とするレベルは、「副教材の問題集に自力で取り組めない状態の者」とし、問題集演習の補習はまた別にやるから、今回は基礎レベルで、とした。

2クラス80人に声をかけたところ、集まってきたのは他クラスからのお客さんを含んで32名。盛況であることは企画した者として嬉しいが、基礎からまったく分からないと自認する生徒がこんなにいるのは困った事態でもある。
それでも、暖かな秋の日の、土曜日の午前中というのはコンディションがよい。生徒たちも、今日はこれだけのためにわざわざ出てきているのであるからモチベーションが高いし、こちらも2時間を全力でやれる。
場所は、いつもの第二化学実験室。

教材プリント(紙)・電子黒板・書画カメラ・プロジェクター・パソコン・従来の黒板。
一太郎、花子、パワーポイント、IE、その他による資料。

電子黒板に問題を投影し、生徒を順に指名して、解いていく。私が赤字で書き込む解答を、生徒は自分のプリントに書き写していく。
こういう、手書きされる文字をあらためて自分で筆記するという作業。理系の問題を理解しながら解いていくときには、この時間の流れの速さがちょうどよく、必要なものなのだと思う。これは、時間割に組まれた3年化学の授業をこの部屋でやるようになって3年目の、実感である。

平常授業の3コマに相当する時間を使って、教室の授業では省略しているステップの説明や問題演習を行うことができた。生徒たちも、まずまず、理解が進んだ様子である。
手当てできなかった、反応と熱の部分についても、プリント作成と補習を求められる。こういう反応は嬉しいが、時間が取れるかどうか。

質問に対応するなどして、教室を閉めたのが1時前であった。

|

« CSSを勉強する | Main | テスト前補習(続) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/46883251

Listed below are links to weblogs that reference テスト前補習:

« CSSを勉強する | Main | テスト前補習(続) »