« 「ポー川のひかり」を見てきた | Main | 「湖のほとりで」を見てきた »

August 06, 2009

ID連携(JR東日本)

クルマを持たない私は、鉄道をよく利用する。
この夏も、変わり映えせずに、長野と伊豆へ鉄道で旅行する予定になっている。

利用する鉄道会社はJR東日本であり、指定席券を取るために「えきねっと」にアクセスする。
この夏から、えきねっとでは、指定席の位置を列車の座席図を表示させてそこから好きな席を取ることができるようになっている。伊豆方面の列車については、海側の席からどんどん埋まっていくことがわかったりしておもしろい。
また、-15%、-20%、-25%というディスカウント席が設けられている列車もある(好きな座席の指定はできない)。これらのサービスはPCからえきねっとにアクセスして予約し、駅へ出向いて指定席券自販機で発券、クレジットカードで決済、というのが条件になっている。つまり、駅員(このごろは社員と言うようだが)の手を煩わせずに自分でやってね、その分サービスしますから、ということである。デジタルデバイドまさにここにあり。

ところで、決済に使うクレジットカードはビューカードである。これについては、また別のビューカードのサイトにアクセスし、VIEW's NETのIDでログインしてさまざまなサービスを受けるようになっている。これは、えきねっととは別のIDとパスワードが必要であって、どうもよく理解できないでいた。同じ鉄道会社のやっていることなのに、なんで…??

そういう客の声が多かったのかどうか。IDの統合、ではないらしいのだが、IDの「連携」ができるようになっていた。これを、先ほど、申し込んだのである。
VIEW's NET単独のときよりもIDに使う文字列のセキュリティレベルが低い(数字を混ぜなくてもいい)など不思議なところもある。でもまあ、私個人としては、ページ移動のときに理解困難な手続きを強いられなくなるので、ちょっと幸せである。

モバイルSuicaを使うようになったときも、この統一IDでできるらしい。うっかりすると、またIDを増やしてしまって困惑することになってしまう。忘れないようにしておかないと。

|

« 「ポー川のひかり」を見てきた | Main | 「湖のほとりで」を見てきた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「ポー川のひかり」を見てきた | Main | 「湖のほとりで」を見てきた »