« June 2009 | Main | August 2009 »

July 29, 2009

モル-タロウ

私は分子あるいは結晶を表す模型が好きである。
HGSの分子模型は小さなものを何セットか買って持っているし、発泡スチロール球をつかって自作した分子模型を授業で活用することもさかんに行っている。

八重洲ブックセンターで本を見ていたら、工学のほう、化学工学の棚に分子模型がいろいろと並べられていた。老舗のHGSのものが、丸善の取り扱いで書店ルートで流通しているのにならったものか、見慣れないセットがHGSと一緒に置かれている。「モル-タロウ」というものである。いろいろなセットがあり、それらを手にとって見ているうちに欲しくなって、「基本Aセット」というものを購入した。4200円。

Moltarou

左上の写真がセットの全体である。このように、ずいぶんいろいろな種類の球やコネクタが、たくさん入っている。また、球は透明でカラフルなアクリル製であり、なかなか美しい。球の中に気泡が入っているのは、球を軽くし(また材料を節約する)工夫だろうか。

思いつくままに、分子を組んでみた。
右上は炭化水素のいろいろ。折れ曲がる単結合や二重結合用のコネクタも入っているので、このように三員環化合物も作ることができる。アレンはH2C=C=CH2であるが、sp混成つまり=C=用として使える炭素原子も入っていて、また二重結合は回転できないような断面の四角いコネクタでつなげるようになっているので、このような角度が自動的に定まる。-C≡用の炭素もあるからアセチレンも組める。
コネクタは、単結合用、二重結合用、三重結合用のほかに水素結合用、また折れ曲がる単結合用と二重結合用もあって合計6種類が入っている。長さのいろいろ違う単結合用というのはない。それでは原子間距離はどうやって出すのかというと、球の大きさが原子によって違っているのである。だから、右下の写真にあるように、ハロゲン化水素のシリーズがこのように明確な違いをもって組み立てられる。

この手の模型はいろいろあるが、広く普及しているのは何と言ってもHGSである。これに対し、モル-タロウは、その亜流ではなくまったく異なった考え方で作られていて、私には大きな驚きであった。HGSよりきれいだし、わかりやすい面がある。
9月を待たず、3年の夏期講習で使ってみよう。書画カメラの透過光で提示したら面白そうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 26, 2009

テレビ買い替え

いつも書いているように、私はテレビをほとんど見ない。

だから、地デジだ何だという話にもあまり関心がなかったのだが、家族の者はそうではない。世間並みに、あれこれと見たいようである。天気予報とニュースを見ようとしてNHK総合の地上波アナログを見ると、毎正時直前に番組予告が流されるのだが、それがBS-hiの番組の予告だったりする。そうすると、「なんでうちでは見られないんだ」という文字が変調された「波」が私に向けて発せられてくるようにも感じられる。

そろそろ、潮時かも。買うか。
置き場所は、私が組み立てた書棚のテレビ用スペースである。大きさの制限から、20型か22型となる。
ネットでいろいろと調べ、松下 panasonicのTH-L20X1にした。BSデジタルチューナー内蔵であるほか、IPS液晶パネルであるところが決め手となった。比較対象のsonyのものは、TN液晶なのであった。
20型であるから画素数が少ない。したがって、いわゆるフルスペックのハイビジョンにはならない。NHK-BShiは映るが間引きモードだろう。これは致し方ないところ。

ところで、このテレビは、衛星放送がたくさん映る。民放の衛星デジタル波放送である。そして、よくわからないが、NHKのBS-1とBS-2も、デジタル放送を見ていることになるらしい。
これが、どうも気持ちが悪い。

つまり、FMのステレオ放送というのは19kHzの副搬送波を用い、だとか、テレビのステレオは音声多重は、などと放送と受信を理解してきた者にとって、衛星アナログと衛星デジタルの関係はしっかり理解したい。そうするのが正しい受信態度である、と信じている。同じ周波数のキャリアを使っているのかそうでないのか。なら衛星放送のチャンネル番号はどうなるのだ。などなど。
ああ、もう。余計なことを勉強しなくてはならなくなった。

気持ち悪いなあ、と思いながら、地デジのゴーストのないきれいな画面に、目を見はっている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 18, 2009

夏期講習

今年の夏休み中には、1年向けの化学補習講座を3種類開設することとした。

勤務校での一年目の経験を踏まえ、二年目となる昨年度、1年向けの講座を1つ設定した。これは、モルがわかるまでと称して、基礎でつまづいている生徒を夏休み中に何とかしようというものであった。
この講座への参加者は多く、目的は達せられたのだが、せっかく来たのに物足りない、もう少し難しい内容の演習を、と求める生徒もいた。

そこで三年目となる今年度は、

  • 「モルがわかるまで」 … 昨年と同様の内容。
  • 「実践講座」 … 上の講座の上級編。標準的な入試レベルまで。
  • 「実験で理解する化学」 … その名のとおり。

と、3つ並べてみることにした。
これは、私一人ではできない。非常勤講師1名を含む2人の同僚と、3人で分担してのものである。このほかに、3年向けの入試レベル講座もある。

この夏は、横浜国大の一日体験教室には不参加であるし、対外的な発表も予定していない。校内の業務日程や家庭の事情をあてはめていくと、情報科に関係する外の研究会にはまったく参加できなくなっている。
それで、当面、これらの夏期講習と、武田の研究奨励金のまとめとなるペーパー作成に力を注げばよい。
それから、化学実験関係のプロジェクトに参加を希望するメールを先ほど送信した。動き出せば、この仕事も入る。

化学教育だけの夏となる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 12, 2009

新型インフルエンザ

日曜日。部活顧問を兼ねての出勤である。
明日からの保護者面談の資料を作ろうと職員室に入ったら、出勤している職員がちょっと多い。雰囲気も変だ。
「何か、あったんですか?」
「新型インフルらしい」
来たか。

午後、新型と確定した。

Imさんがいないので、これは私の仕事である。管理職に申し出て文書データをもらい、公式ページを書きかえた。学年閉鎖を告知するのである。電話連絡の時代ではない。

明日、効果を聞いてみようと思っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2009 | Main | August 2009 »