« 副尺を使う読み取り | Main | 新型インフルエンザ »

June 28, 2009

東急時刻表の色づかい

東急電鉄各線が時刻改正された。

これに合わせ、各駅に掲出されている時刻表も、新しいものに替えられている。
今回は、時刻の数字が変わっただけではなくて、列車種別を示す色づかいが大きく変更された。

Tokyutimetbl

これは東横線武蔵小杉の下り時刻表である。富士通ColorDoctor2.0で変換してある。左上がオリジナル、右上が第一色覚(赤)、左下が第二色覚(緑)、右下が第三色覚(青)の人の見え方をシミュレートしたものである。

この線には、各駅停車の他に、伝統的に赤色で示されてきた急行と緑色の日比谷線直通電車があった。そこへ、近年になって特急と通勤特急という種別が増えている。もともと赤と緑の区別というのが配慮を要するものであったところへ、特急の識別色としてオレンジ色を導入したので、色覚バリアフリー的には好ましくない状況である。
これは、車両や駅ホームの案内装置に三色LEDを用いたドットマトリックスの文字表示をしていて、それが表示できる色が赤・緑・オレンジであることから、この三色を列車種別の区別にあてはめているということに関連し、仕方ないとも言える。そのため、時刻表だけ色を変えると案内面での統一性を欠いてしまい、わかりやすさに支障を来す。なかなか簡単ではないのである。

そして、今回の新しい時刻表を見てみる。多数派の「健常者」には、何だかごちゃごちゃした感じがするのだが、これはよく配慮されたものであることがわかる。
つまり、急行が赤文字で日比谷線直通が緑文字という基本は動かさない。その代わりに、急行にはオレンジの太いストライクスルーの線が入れられた。オレンジは優等列車のイメージであり、一般の利用者にも違和感がない。これに対し、日比谷線は緑の文字に黒いアンダーラインが入れられた。
特急には、優等を表すオレンジの背景色が入る。これでわかるので、文字は黒である。ここで文字が赤だと、コントラスト比が小さく、判読しにくくなる。
そして、それぞれの文字は、背景色と接する縁の部分が白色で縁取られている。これは視認性を上げる効果がある。

しばらく前に、相鉄が快速の色を緑から青に変えた。東急は動かないなと思っていたのだが、こういう方策で来た。なかなか良いのではないかと思っている。

|

« 副尺を使う読み取り | Main | 新型インフルエンザ »

Comments

小川正樹と申します。

東急電鉄、配慮が素晴らしいですね。
有益な情報ありがとうございました。

Posted by: 小川正樹 | June 28, 2009 at 21:39

小川さん、はじめまして。ページ拝見いたしました。
私はこのことがらに関しては「多数派」に属しますが、今後もずっと、
考えていきたいと思っています。

Posted by: aromatic Kam | June 29, 2009 at 22:57

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/45481037

Listed below are links to weblogs that reference 東急時刻表の色づかい:

« 副尺を使う読み取り | Main | 新型インフルエンザ »