« May 2009 | Main | July 2009 »

June 28, 2009

東急時刻表の色づかい

東急電鉄各線が時刻改正された。

これに合わせ、各駅に掲出されている時刻表も、新しいものに替えられている。
今回は、時刻の数字が変わっただけではなくて、列車種別を示す色づかいが大きく変更された。

Tokyutimetbl

これは東横線武蔵小杉の下り時刻表である。富士通ColorDoctor2.0で変換してある。左上がオリジナル、右上が第一色覚(赤)、左下が第二色覚(緑)、右下が第三色覚(青)の人の見え方をシミュレートしたものである。

この線には、各駅停車の他に、伝統的に赤色で示されてきた急行と緑色の日比谷線直通電車があった。そこへ、近年になって特急と通勤特急という種別が増えている。もともと赤と緑の区別というのが配慮を要するものであったところへ、特急の識別色としてオレンジ色を導入したので、色覚バリアフリー的には好ましくない状況である。
これは、車両や駅ホームの案内装置に三色LEDを用いたドットマトリックスの文字表示をしていて、それが表示できる色が赤・緑・オレンジであることから、この三色を列車種別の区別にあてはめているということに関連し、仕方ないとも言える。そのため、時刻表だけ色を変えると案内面での統一性を欠いてしまい、わかりやすさに支障を来す。なかなか簡単ではないのである。

そして、今回の新しい時刻表を見てみる。多数派の「健常者」には、何だかごちゃごちゃした感じがするのだが、これはよく配慮されたものであることがわかる。
つまり、急行が赤文字で日比谷線直通が緑文字という基本は動かさない。その代わりに、急行にはオレンジの太いストライクスルーの線が入れられた。オレンジは優等列車のイメージであり、一般の利用者にも違和感がない。これに対し、日比谷線は緑の文字に黒いアンダーラインが入れられた。
特急には、優等を表すオレンジの背景色が入る。これでわかるので、文字は黒である。ここで文字が赤だと、コントラスト比が小さく、判読しにくくなる。
そして、それぞれの文字は、背景色と接する縁の部分が白色で縁取られている。これは視認性を上げる効果がある。

しばらく前に、相鉄が快速の色を緑から青に変えた。東急は動かないなと思っていたのだが、こういう方策で来た。なかなか良いのではないかと思っている。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 25, 2009

副尺を使う読み取り

化学IIの実験。観点別評価があるので、レポートを書かせなくてはならない。

今回の題材は、「化学反応式と物質量・気体の体積」である。金属マグネシウムと塩酸の反応で水素を発生させ、マグネシウムの質量から計算される水素の体積と実測値を比較するというもので、特に見るべき所のない平凡な内容とも言える。
ただし、以下のような点について曖昧にせずしっかり取り扱うことで、生徒たちにとって十分歯ごたえのあるものとした。

  • 2~3名の班ごとに、精密天秤をもちいてマグネシウムを0.01gの桁まで秤量する。この際、副尺を用いて値を読み取る。
  • 発生する水素は水上置換でメスシリンダーに集め体積を測るが、値は水の蒸気圧を考慮して補正する。
  • 水槽の水面とメスシリンダー内の水面の高さの差をはかり、圧力差として補正する。
  • 班ごとに、水銀気圧計で大気圧を測定し、その数値を用いて気体の状態方程式より理論上の体積を計算する。

以上について、あらかじめ写真を用意してそれを投影しながら説明し、そののちに実験とした。
私はずっと天秤室にいて、順にやってくる生徒たちに気圧計の読み方を指示していたので実験室にはいられなかった。それでも、生徒たちはそれぞれきちんと実験に取り組んだようである。

Gas_vol

特に、副尺の扱いについて。
私たちの年代の者は、中学校の技術家庭科で、ノギスやマイクロメーターの扱いを習い、そのときに副尺(バーニヤ)の読み方を身につけている。しかし、おそらく現在の30歳くらいより若い人は、そうではない。技術家庭科の内容が男女共修のものとなり、また技術分野もコンピュータ関係の時間が増えてきているので、もはや復活は望めないだろう。その一方で、大学の理系学部では、副尺を用いて値を読み取ることは、当然ながら必須の技量である。ならば、これは普通科高校で扱わざるを得ない。本当ならば国民的素養であると言いたいのだが、せめて、理系大学進学者には…。(工業高校ではもちろんやっている。)

部活と行事に燃え、そのあとの受験は塾や予備校にペースを作ってもらって最短コースで得点力を付けて乗り越えようという者もいる。そのような生徒には、こうした泥臭い実習は、あまり歓迎ではなかろうと思う。
でも、ね。こういうことを経験しておくことは、きっと、何かのときの力になる。
それより何より、面白いでしょ、こういう実習。そう思わないか?

| | TrackBack (0)

June 20, 2009

アア溶岩とパホイホイ溶岩の語源

今年度、理科総合Bを2クラス担当している。
専門ではないが、地質学・地形学は好きで本も少々読んでいる。かつて地学IBを4単位持ったことがあってその教材研究の蓄積があるし、理科総合Bの2単位ならば、楽しくやれると思っている。
化学でも地学でもそうだが、本筋の話を一直線では、速すぎるしつまらない。適度に足踏みをしながらあたりをながめるようなことをする。

昨日、マグマと火成岩を扱った。
たまたま、「溶岩」と板書したので、ふと思いついてアア溶岩パホイホイ溶岩の区別とその語源の話をした。
これに関する私の知識は、かつて県立教育センターで行われた理科の研修会で得たものである。講師は、かつてニフティサーブにあった『教育実践フォーラム・理科の部屋』でおなじみの研究者であった。(以下に記す事項が私の記憶違いであったらご迷惑をかけるおそれがあるので、お名前は記さない。)
つまり、アア溶岩のアアとは、ハワイ語の擬態語ないし擬声語である。溶岩の表面が固化しながら内部が液状のために地表を流動するとき、日本語であれば「パリパリ」とか「ガサガサ」という音を立て、表面が割れてささくれ立ちながら流動するのだが、これをハワイ現地語では「ア・ア…」と表現するので、アア溶岩とよぶ。パホイホイ溶岩は表面が固まっていなくて流動が速く、「パホイホイ」と進む。……。
このように、昨日の授業で話した。
ところが、上にはWikipediaへのリンクがはってあるが、これ以外の多くのページでも、私が上に記したようなものとは全然違う解説が書かれている。「アア」は、溶岩の上を歩いたときの熱さや痛みから「アア」と声が出るから、というのが多いし、「パホイホイ」はそもそも「滑らかな」とか「縄状の」という意味なのだという。

さて。月曜日の授業までに、訂正するなら訂正する用意をしたいが。これから横浜市立中央図書館にでも行ってくるか?

(追記)
図書館には行けなかったが、ハワイ語の辞書サイトを見つけた。
アア
パホイホイ
アアは炎や燃焼を表すようあり、パホイホイは平滑なということであるらしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 07, 2009

休日面談

休日出勤。軽音楽部の責任顧問でというのが書類上の名目になるが、その他にいくつかの団体の顧問を兼ねている。私の担当HRクラスもそのうちの一つ。

はじめての文化祭にクラス展を出すにあたり、第一希望の飲食店参加が企画書段階で落とされた(抽選ではなく内容による選考が行われる)。しょんぼりしていた生徒たちであるが、新しくイベントでの参加を構想し、その企画書は合格となった。
文化祭は今度の土日であり、今日はその準備のために多くの生徒が登校してきた。教員の指示を仰いで行動するという生徒たちではないから、私はその準備をしている場所にいても、手持ちぶさたどころかむしろ場違いな感じである。
そこで、一人の生徒に、5分だけ時間をくれないかと言って、職員室へ呼んだ。遅れていた個人面談を開始することにしたのである。

休日の職員室は、面談には好適である。生徒にとっては先生ときちんと話をするのだという雰囲気があるし、他の職員の目が届いてるのだけれども声が聞こえる距離にはいない。だから、気兼ねなく話ができる。
どの生徒とも、いろいろと話すことがあり、5分か10分のつもりが一人平均で20分を越えたのではなかったかと思う。

10時ごろからはじめて、昼食休憩をはさみ17時まで。準備の生徒は17時までに退出しなければならない(運営委パトロール班に見つかるとペナルティが科される)ので、順に呼び出しての面談もここまでである。
済んだのは、17名。これでも、最後まで残っていた生徒たちの中にまだ話すことができなかった者が3名いた。

ずいぶんと仕事をしたように思うが、余計な気をつかうことがなかったせいか、さほどの疲れは感じていない。
生徒たちを送り出し、もう一仕事と思って、物理室を開け、Web用に水素の原子スペクトルを撮影した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2009 | Main | July 2009 »