« 一橋出版 自己破産 (続き) | Main | 「化学実験プロセス図説」 »

May 09, 2009

携帯MP3プレイヤー

秋葉原にて。このあいだ見送っていたものがまだあった。
携帯用のMP3プレイヤーである。簡易な袋に入っている。メーカー不詳、容量不詳、無保証。USBコネクタがあるようで、PCに直接つなげることができそうである。
つい、手を出してしまった。

帰宅してよく見てみると、型番がRMP3-308Mとなっている。本体に記載はないが、オーム電機の製品らしい。
容量は128MB足らずで、今どきの常識からは冗談のように少ない。でも、数年前にはみんなこんなものだった。
電源は単4乾電池1本。USBからの給電でニッケル水素電池を充電してくれないかなと期待していたのだが、そういう機能はないようである。
驚いたことに、mp3ファイルが容量いっぱいに入っていた。ジャズピアノだとか英検の受験対策CDのコピーである。前のユーザーがいたということになるが、これ、初期不良で返品交換された品物が流出したようなものなのだろうか。
いじってみると、FM放送を受信できることがわかった。しかし、感度が低く、鉄筋の建物内では実用にならない。ベランダに出てNHK横浜FMが聴ける程度。

私は移動中に音楽を聴く趣味はないから、これを使うとすれば、通勤の電車内で英会話番組を聴くくらいである。
NHKのラジオ講座もしばらく聴いていないので、Webで調べてみた。すると、一時なくなっていた「ラジオ英会話」という番組名が復活していて、しかも直近一週間分の放送内容がそのままストリーミングで聴けるようになっていた。
これは、ファイルとして落とせるわけではないのだが、再生しながら Gold Wave で取りこむことはできる。これを別のツールで変換して、mp3ファイルとした。
著作権的には、うーん、これも個人が放送を録音するのと同じで私的利用の範囲内になるのだろうか?

これらのmp3ファイルを、プレーヤーに転送してみた。
ところが、あまりうまくいかない。ネット上の記事にもあるように、「ファイルがありません」とか言われてしまう。ファイルシステムはFATであったが、FAT32でフォーマットしなおし、1ファイルずつコピーしてみたらうまくいった。でも、どうしてこうなるのか、わからない。

まあ、いいや。しばらく遊んでみよう。
杉元ガレージで800円の品物だし。ジャンク、ジャンク。

|

« 一橋出版 自己破産 (続き) | Main | 「化学実験プロセス図説」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/44960725

Listed below are links to weblogs that reference 携帯MP3プレイヤー:

« 一橋出版 自己破産 (続き) | Main | 「化学実験プロセス図説」 »