« March 2009 | Main | May 2009 »

April 16, 2009

同じ視点から見る

今年度、3年の化学はすべて第二化学実験室で行っている。同僚の担当する講座を含め、5講座13コマである。
私は相変わらずPCの画面をスマートボードに投影しながらやっているが、同僚は書画カメラを使っていろいろな物質や印刷物を投影して見せるのが好きなようである。そこで、今年度は、書画カメラを教卓(兼、演示実験台)に出しっぱなしにしてみている。
出してあれば、気軽に使える。私も、PCと書画カメラをしょっちゅう切り替えながら使うようになった。

そして、今日の授業で。私は、エタンの分子模型を持ちながら話していた。生徒は、座っている位置により、①②③④のようないろいろな角度から見ることになる。

Ethane

私が話したいのは、エタン分子の立体配座とその安定性についてである。そのために、全員に④のような形で見てもらい、ついで①のような形で見てもらいたい。しかしこれは、私が1つの模型を持って前に立っている限り、困難である。

ところが、ここで書画カメラを使ってみたら、大変有効であった。つまり、全員が、カメラの位置から見た画像を、スクリーン上に見ることができるのである。必要に応じ、拡大縮小もできるので、生徒たちにとっては、全員が特等席にすわったようなことになった。よく見えて分かりやすいからだろうか、この説明の「視聴率」はとても高かった。

「書画」カメラと言う。平面状のものを撮影・投影することを想定した用語である。しかし今日は、立体的なものをこそ、この装置を使って提示するべきだ、と思った。

(分子模型図は、Butch氏作 "Free Wheel" にて嘉村が作成)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 14, 2009

再び pov-ray で結晶格子を描く

授業が始まっている。

3年の化学IIは、今年度はちゃんとIIのはじめからスタートである。
最初は、化学結合のいろいろ。イオン性物質と金属のところで、結晶格子の話が出てくる。以前、pov-rayで模型を描きかけたままにしてあったのだが、急いで仕上げないと今年の授業に間に合わない。

Crystallatticestructures

左上が体心立方格子の単位格子、右上が面心立方格子の単位格子。左下が六方最密構造。右下がNaCl型構造である。
intersection に加え、union と rotate 命令を勉強して描いた。何時間かかったか、わからない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 07, 2009

桜満開の入学式

しばらくの間、すこし肌寒いような日があったためだろうか。例年より咲くのが遅い。
それに、昨年のような嵐に見舞われることもなかったから。

Sakura090407a

このような、満開の桜の木から花びらが舞い落ちる中を、新入生と保護者が入学式にやってきた。
グラウンドはこんな様子。

Sakura090407b

今年度、私は1年の学級担任である。3年前、前任校で担任を持った1年生と同じクラスナンバー。
良い関係で過ごしていきたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 04, 2009

使い回し?

私の初任校の校歌は、高木東六の作曲であった。
100校計画の新設校ながら、箔をつけようとして創立時の管理職がつてを頼って運動したものか。
なかなか良い曲であったが、この学校は統廃合され、したがって校歌も廃された。10周年の事業で設置した石造りの校歌碑、新校に移されていると良いのだが。

ところで、私が住みまた勤めている横浜市の、ごみ収集車が鳴らしているメロディーが、初任校の校歌に似ているなあとずっと思ってきた。末尾の4小節が、ほぼ同じなのである。
それが、さっきたまたま見たページの記述から、横浜市の収集車のメロディーも高木の作曲であることがわかった。

他人の書いた曲ならば、著作権の侵害と言われるおそれがあるだろう。
でも、自分で書いたものであったら?たまたま同じメロディーを繰り返し着想した?いや、そうではなくて、メロディーを使い回したと思う方が普通だろう。

私は、こういうことが、どんな場合にもいけないことだとは思わない。
でも、「売り渡す」曲であったなら。うーん、いささか問題あり、なのだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2009 | Main | May 2009 »