« 投票ハガキ | Main | 担当科目は »

February 28, 2009

谷をさかのぼる

私は、通勤で相鉄線をつかっている。
出勤時、横浜から下り線に乗る。「下り線」ではあるが、横浜から勤務校の最寄り駅まで、ずっと上り勾配の線路が続く。これは、相鉄線が、横浜から鶴ヶ峰まで帷子川(かたびらがわ)の谷に沿って敷設されているためである。

ところで、この地域では、東西の…やや正確に言うと北東から南西への向きの交通量が卓越している。古来、東海道は重要な交通路であって、現在でも道路や鉄道としてこれに沿ったルートが何本も形成され、流動が多い。
帷子川の谷は、この大きな流動の向きに、ほぼ直交している。そうすると、ごく古い街道は別として、近代的な輸送路は橋を架けて、さほど広くないこの谷をまたいでいく。そして、川に沿って走る相鉄線と、自動車のための国道16号八王子街道は、それらを順にくぐることになる。

横浜から、相鉄の下り急行に乗る。二俣川までの10キロあまりをノンストップで、ラッシュ時13分、閑散時11分で走る。
西横浜までJR東海道線に沿い、そこから内陸に向きを変える。天王町で旧東海道をオーバークロスするが、その高架橋を下りるとそこからはずっと地上を行く。
星川の先で、横浜新道。上星川で東海道貨物線。その先で横浜市環状2号線。西谷で東海道新幹線と、谷を越える高架橋を順にくぐっていく。ほぼ等間隔のように感じる。
鶴ヶ峰で帷子川の本流およびR16と分かれると、R16保土ヶ谷バイパスの高架橋をくぐり、二俣川に着く。ここは標高50mほどである。

このような、谷沿いに進みながら頭上をいくつもの高架橋が過ぎていくという眺めは、ちょっと珍しいのかも知れない。ある程度の標高差のある段丘面があって、それが中小の河川により開析されているという地形の地域があり、それがこのように都市化していないと、こういう風にはならない。

もとより、通勤通学のラッシュと逆方向の電車に乗ってのんびりと車窓を眺めているからこそ、こんなことも考えられるのである。神奈川独特なのかも知れないこのような景観を楽しみながら、明日も出勤することにしよう。明日は卒業式である。

|

« 投票ハガキ | Main | 担当科目は »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/44203599

Listed below are links to weblogs that reference 谷をさかのぼる:

« 投票ハガキ | Main | 担当科目は »