« 東京書籍 「数式エディタ」 | Main | ゴム状硫黄は黄色? »

December 27, 2008

3都県合同研究会

26日、情報部会で、理化学研究所を見学するという研究会を行った。

昨年のこの時期に、横浜市金沢区にある地球シミュレータを見学するという研究会を行っている。これが、大変おもしろく、また参加者が多かった。この時期にこのような施設見学の研究会をするというのが、どうもニーズに合っているようだという判断から、今年も企画したのである。
そして、情報科全国大会の反省会で、こういうことをやるんだけどと言ってみたら、他県のみなさんの反応も良い。それではお誘いしようということになり、理研の地元である埼玉と、そのごく近くの東京の研究組織に声をかけた。そうしたら、こちらが提示した人数枠がまたたくまに埋まったのだそうで、3都県ともに、申し込みを断るような事態になった。こんなうれしい悲鳴をあげるのは、いったい何年ぶりだろう。

出かけたのは、理研の本所・和光研究所である。地下鉄副都心線が開通したので、和光市までは、神奈川からは意外に楽に行くことができる。
和光市駅から、歩いて15分ほど。広大な敷地にゆったりと建物が配置されたキャンパスであった。

見学・講演の詳細は、昨年と同じくVXさんのブログ、それに田中さんのブログを参照されたい。私は、印象を少しだけ。

スーパーコンピュータを見せていただいた。昨年の地球シミュレータは、見学用のデッキからガラス越しにコンピュータ群をながめるだけだったのだけれど、今回はコンピュータの置かれているフロアを歩いて見学させていただくことができた。「スーパー」というが、それは数の力なのであって、1台1台のコンピュータは普通の量産品なのだということがよくわかった(そうでないスパコンも世界にはあるのだろうが)。ただし、そこからはき出される熱風、それを冷やすエアコンを含め、やはり並々ならぬ装置であることは間違いなかった。

班に分かれての施設見学と講演は、私は表面化学の方を選んだ。化学と言うが、物性であって、物理に近い。走査型トンネル電子顕微鏡についてのやや詳しい説明であり、例の「世界最小の広告」などと呼ばれる、キセノン原子を並べた「IBM」の文字などもでてきて、楽しかった。
廊下に研究成果のパネルがいろいろ掲示されている。その中で特に感心したのは、金の表面に吸着された安息香酸分子の写真であった。安息香酸分子が、水素結合で2分子が対になり、そのユニットが金の表面に規則正しく並んでいる姿が見事に捉えられている。ほお~、と思った。

このような研究会は、各県、あるいは市町村にそれぞれある教員の研究団体によりひんぱんに開催されているのだろう。ただ、今回のように、県境を越えて有志が集まり見学をして、さらにその解散後に合同の懇親会兼忘年会が開かれてしまう、こういう例はめったにないことだろうと思う。今回の会は、その意味でも大変有意義であったし、情報科の教員ネットワークの値打ちを再確認することにもなった。

今度は、ひとつ埼玉か東京さんのほうで、よろしく。

|

« 東京書籍 「数式エディタ」 | Main | ゴム状硫黄は黄色? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/43549639

Listed below are links to weblogs that reference 3都県合同研究会:

» いざ理化学研究所へ! [ネットで教科「情報」日記]
本日は午後から研修会参加のため、和光市駅に降り立ちました。初めてこの駅で下車しましたが、池袋から「東京メトロで15分」「東武東上線で12分」で到着してしまいます。近いですね。 駅南口を出て、少しだけ左(東方向)に向かい、 (1)南北へまっすく走る道路をひたすら南下していきます。 (2)10分程度歩くと右手にガソリンスタンドが見えてきますので、その交差点を左折します。 (3)程なく外環自動車道が地下に走る道にでますので、そこにある歩道橋を越えます。 すると、すぐに理化学研究所の入口に到着... [Read More]

Tracked on December 28, 2008 at 21:19

» 理化学研究所へ [情報科作業日誌]
神奈川・東京・埼玉の各情報教育研究会合同見学会として、和光市にある理化学研究所へいって参りました。 この冬一番の寒さのなか、受付開始時刻ちょっと過ぎに到着したところ、すでに半数以上の方が来場。人数も40人以上となり、熱気の強さ、関心の高さが伺えます。東京でも定員枠に対して、二日程度で一杯になってしまいました。地元埼玉では参加申し込みが高倍率であったためにご遠慮頂いた方々も多くいらした、とのこと。 いろいろな方々からのいろいろなお話をお伺いでき、とても充実した会でした。特に良かったのが「スーパーコ... [Read More]

Tracked on December 31, 2008 at 22:09

« 東京書籍 「数式エディタ」 | Main | ゴム状硫黄は黄色? »