« 過冷却と結晶化熱の検討 | Main | 物理化学をしっかり身につけないと »

November 24, 2008

補習

今日は、出勤して補習をしてきた。

同じ学校の生徒であっても、学年が違うと、何となく気風も変わる。
昨年の今頃は、朝や放課後、また休日にと補習指導を求める生徒がたくさんいたのだが、なぜか今年は低調である。試験を控え心配になってきたので、1年化学を担当している2クラスに補習案内の掲示を出した。
例によって、2時間ずつ午前と午後の2回設定である。待っていたら、午前中に12名がやってきた。午後は6名であった。

今回は、試験範囲が広い。溶液の濃度、化学反応と熱、酸と塩基である。
まず、傍用問題集から試験範囲となる問題の番号を指定する。そして、それを解きながら、分からないところがあったら私を呼びなさい、と指示した。
質問を受けながら、これは全員でやる方が良いと思うものについて黒板で演習。また、用意してある花子の画像をスライド形式で映写して、反応熱の考え方や酸の電離度について説明。
そして、ここは実験室でありまた今日は少人数でもあるから、水酸化ナトリウムの溶解熱なども、実際に溶解操作をしながら実感してもらうことができた。

午前、午後とも、濃度と反応熱についてざっと扱うことができた。もっとやりたいが、これ以上は集中力がもたなくなるだろう。少人数の補習として、2時間程度の時間がちょうどよいと感じる。

この調子で面倒を見ようかという気になり、次回の約束をした。化学のテストまでは、あと週末が2回ある。今度は人数がもっと増えて欲しくもあるし、また、今日くらいの感じでていねいにやりたくもあるし。
まあ、とりあえず、起爆剤である。自宅で続きをやります、と言う生徒を見送った。

|

« 過冷却と結晶化熱の検討 | Main | 物理化学をしっかり身につけないと »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/43214975

Listed below are links to weblogs that reference 補習:

« 過冷却と結晶化熱の検討 | Main | 物理化学をしっかり身につけないと »