« POV-Rayで結晶を描く(2) | Main | 書画カメラ »

September 12, 2008

夕焼けを演示する

ここのところ、取り組んでいるいくつかのことがらのうちの1つ。
もうすぐ、3年の化学IIが液体の化学に入る。それまでに手順を確立しておきたい。

夕焼けを手近に見る。

Yuyakeacryl01

これは、目盛りのついていないメスシリンダーに、2種類の「夕焼けの素」を溶かした水を入れて、下から白熱電球で照明しているところ。下の方に青空、上の方に夕焼け空の色が見える。

右のほうが、床用の水性アクリル樹脂ワックスを溶かしたものであって、これは先行研究に示されている方法である。要するにアクリル樹脂エマルジョンの薄い水溶液が得られればよい。
そこで私なりに考え、アクリル絵の具の顔料を含まないメディウムを探してきてやってみた。それが左である。このように、ほぼ同様の効果が得られる。

Yuyakeacryl02

上から見てみる。見事に夕焼けの色が現れている。
これを、教室で数十人の生徒に見せるのは、どうすればよいか。

Yuyakeacryl03

書画カメラで撮影して、それを液晶プロジェクタから投影してみた。撮影に使ったデジタルカメラの特性からか、実際に投影された橙色よりもずっとくすんだ色しかここに示すことができないのが残念である。
右は対照で、水の場合。

夕焼けの色が現れるしくみや、ここで用いている機器の紹介は、また別エントリにて。

|

« POV-Rayで結晶を描く(2) | Main | 書画カメラ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/42457329

Listed below are links to weblogs that reference 夕焼けを演示する:

« POV-Rayで結晶を描く(2) | Main | 書画カメラ »