« August 2008 | Main | October 2008 »

September 27, 2008

「絵画・墨跡と李朝の陶芸」展

五島美術館で開催されている、標記の展覧会を見てきた。

Gotom0809_2

五島美術館の展示室は、わずか一室である。手動のドアを押し開けて入ると全体が見渡せ、これだけ?と思う。でも、今回の展示品を見るのには、たっぷり1時間ほどかかった。
展示されているのは、東急開祖の後藤慶太氏が集めたもの。茶の道を極めるのに並行して、美術品の収集にも励んだらしい。

断簡を表装した軸物が目を引く。
「時代不同歌合絵」などは面白い。これは、生きた時代が違っていて、だから実際には対面できるはずのない人物の絵を対面するように配し、それぞれの代表的な歌を書き添えて、歌合わせに仕立てたものである。2幅出ていた。ほんらい、一巻物であったのが断裁されて散り散りになり、そのうちの2つがまたこうしてここで出会っている。
歌仙絵。後鳥羽院本など、いくつか。これも、歌仙と称される人の絵と歌の絵である。百人一首の読み札は、これのぐっと庶民的なお手頃版ということになるのだろう。

陶器は、井戸茶碗が面白かった。1つだけでなく、4つ出ていたから、井戸茶碗というのはこういうものなのかということが(ごくうっすらとだが)理解できた。
ところで、こういうものを見れば、どうしたって、落語「井戸の茶碗」を思い出す。故・古今亭志ん朝が得意としていたし、円菊もやる。この噺の中では、浪人をしている武士が、父が使いそして自分も毎日これで湯茶を飲んでいる、と言っている。しかし、この展覧会に出ている4つの井戸茶碗は、いずれも茶道用の茶碗の形であって、いわゆる湯飲み茶碗の形ではない。浪人者の武士が毎日使うのなら、少ない飯を茶漬けにしてすすり込む器であると言われれば納得がいく、そのような形なのである。
志ん朝のビデオテープを探して、見直してみようかなあ。

満足して見終わった。
庭園があり、ちょっと出てみる。でも、この庭園はこの台地上から多摩川の沖積面までずいぶん標高差があることがわかっているので、全体を歩くことはやめておく。

上野毛駅のホームへ降りる。上りの急行が、通過線を通っていく。狭い掘り割り構造のこの駅に、よくまあ、こんな通過線を新設したものだと思う。

雲行きが怪しいので、すこし急いで、帰宅。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 24, 2008

シャツと年齢

涼しくなってきて、長袖のシャツを着るようになった。

ところが、久しぶりに手に取ってみると、どうも襟袖の汚れが気になって、これはもう処分しなくてはならないと思われる物がある。
昨年までは、こういう感じになってしまうことは、あまりなかったような気がするのだけれど。ひょっとして、洗濯用の洗剤を変えるか何かして、洗い上がりが違っているのではないだろうか。そう思って妻に聞いてみるのだが、洗剤も洗い方も、まったく変えていないという。

私「だってさ、こんな風になってるよ?」
妻「年とったから、しょうがないんだよ。」

え、なんだそれは。年を取ると、汗の成分が変わるって言うのか?

でも、落ち着いて考えてみると、世の中には加齢臭なるものが存在する。あれは、汗だか皮脂だかの成分が分解されて生じる、低級カルボン酸の臭いだということだったと思う。
これはつまり、加齢によって、体が分泌する脂質の組成が変化してくるということであろう。
そしてまた、私の頭髪は着実に心細くなってきているのだけれども、これは脂漏性の脱毛が主因であろうと推測している。皮脂量は、人並みにあるらしい。
で、その成分が変化してきて、…その、シャツの襟袖に、それが顕れてきている、っていうこと?

何ということであろうか。自然の摂理ではあるけれども、突きつけられてみると、やはり、うーん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 22, 2008

研究費の使途というか性格というか

いささか論旨のはっきりしない駄文になるかもしれないが。

外部の研究費を得て、いろいろと買い物をしている。
もちろん、管理職や事務方と相談しているし、教科の会議でもこういうことになっていますと報告してある。
今日までで、第一・第二化学実験室に液晶プロジェクタを天吊りで取り付けた。第二についてはコンピュータも導入し、付帯する配線をほぼ終えた。これで、実物の映写あるいはPCからのスライド投影などが、準備や片付けの手間なく(ここが重要)すぐにできるように整備できた。
なお、工事はすべて私が一人で行っている。予算面のこともあるが、自分が授業をする環境をつくるのは楽しい作業なのである。
また、理科講義室については、昨年の県費で天吊りのプロジェクタを入れることができた。これで、勤務校のC棟1階西側、つまり化学の領域にある3教室が、視聴覚教材を使いながらの授業ができるようになったのである。着任して1年半、ハードの整備は思いのほか順調に進んできた。

ところで、研究費の趣旨について、質問を受けることがある。
いや、むしろ、理科の数名以外の人には、こういうのはなかなか納得しにくいものであるらしい。
私の理解では、これは要するに、科研費の使い方の規範に準じれば良いのである。

学生のとき、私が所属した研究室の教授と助教授が、あいついで科研費Bを取った。これで導入されてくる装置にAC電源を供給したりして使えるようにするのが、何となく私の仕事になっていた。他の研究室の先生は科研費で秘書を雇っているということもあったらしいが、私の所では、もっぱら装置および高価な試薬の購入に費やされたようであった。
つまり、研究をすすめるために活用されれは、使途を説明できれば、よい。あとは、成果をあげて報告する。それで、終わり。

今回の私の場合、出した研究テーマが効果的な演示実験の開発ということだったから、購入した装置はその目的に合致する。残った額は消耗品代に充てることとして、これから、さまざまな工夫をして実践を積み上げていかなくてはならない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 18, 2008

分圧の法則

ドルトンの分圧の法則。

教科書には、式が導き出される過程が載っている。それを見て理解できるのなら、そうしてもかまわない。
でも、私は実際に起こっている現象として感覚的に納得できないといやなので、授業も、そういう風になる。

Photo

ここには箱が3つ描いてあるが、これは最終形。箱を1つずつ出して示しながら、全圧が分圧の和であることを、納得してもらう。
(あれ、動かし忘れた球があるな。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 16, 2008

書画カメラ

エルモの書画カメラ、HV-500XGを入手して使ってみている。
これは、上から資料照明するランプと、下から透過的に照明するランプが付いているタイプである。

Vpresenter

このように、白い棒と黒い玉でつくった模型を置いて撮影してみると、上からの照明では黒い部分ばかりが見えるが、下からの光で見ると、白黒関係なく光を遮断する部分が黒く映る。あたりまえだが、特徴をつかんで使わないと、効果を上げられない。

また、新しく購入した明るいプロジェクターで黒板に映してみると、何とか実用になりそうである。投影した像に、チョークで注釈を書き入れることができる。

ところで、置いている資料がどのように映っているか、首を回して投影画像と見比べながらもたもたすることがある。手元にモニタがあると良いので、このような小型液晶モニタを探してきた。授業のたびにセットする手間をいとわなければ、これはなかなか良い物である。

このHV-500XGであるが、蛍光灯がソケットに中途半端に入っていると、接点をショートさせて発火する危険があるということである。
メーカーに連絡したら、点検に来てくれた。安全を確認した後、ランプカバーを止めているネジを、やや特殊なものに交換していた。そして、今後ランプ交換などするときにはメーカーを呼んでください、ランプの実費だけで交換作業をします、とのことであった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 12, 2008

夕焼けを演示する

ここのところ、取り組んでいるいくつかのことがらのうちの1つ。
もうすぐ、3年の化学IIが液体の化学に入る。それまでに手順を確立しておきたい。

夕焼けを手近に見る。

Yuyakeacryl01

これは、目盛りのついていないメスシリンダーに、2種類の「夕焼けの素」を溶かした水を入れて、下から白熱電球で照明しているところ。下の方に青空、上の方に夕焼け空の色が見える。

右のほうが、床用の水性アクリル樹脂ワックスを溶かしたものであって、これは先行研究に示されている方法である。要するにアクリル樹脂エマルジョンの薄い水溶液が得られればよい。
そこで私なりに考え、アクリル絵の具の顔料を含まないメディウムを探してきてやってみた。それが左である。このように、ほぼ同様の効果が得られる。

Yuyakeacryl02

上から見てみる。見事に夕焼けの色が現れている。
これを、教室で数十人の生徒に見せるのは、どうすればよいか。

Yuyakeacryl03

書画カメラで撮影して、それを液晶プロジェクタから投影してみた。撮影に使ったデジタルカメラの特性からか、実際に投影された橙色よりもずっとくすんだ色しかここに示すことができないのが残念である。
右は対照で、水の場合。

夕焼けの色が現れるしくみや、ここで用いている機器の紹介は、また別エントリにて。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 06, 2008

POV-Rayで結晶を描く(2)

久しぶりに散歩をした。
歩きながら、あれこれと考えるのはいいものである。昨日、POV-Rayで描いた結晶のことも思い出される。

帰宅してから、ネット上のテキストをいくつか読み、intersection という命令があることを知った。これは、五十嵐さんが講師をつとめてくださった研究会では紹介されなかった命令である。

昨日のデータをもとに、修正してみる。やはり勘違いはあり、失敗するが、とにかく作ることはできた。
左が体心立方格子、右が面心立方格子である。

Crystallattice3

これくらいに描ければ、授業で投影して示すには十分だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 05, 2008

POV-Rayで結晶を描く

期末テストである。1年3年ともに、結晶構造が範囲に入っている。今年も図版は花子で作った。

テストの紙面に載せる図はそれでいいのだけれど、教室で投影する図が、もう少し何とかならないだろうか。
そんなことをずっと考えていた…いや、常に考えているわけではないのだけれども、解決するべき宿題として、何となくあたためていた。
そして、ちょっとPOV-Rayを使ってみようかと思い立った。

Crystallattice2

左が体心立方格子。教科書ではナトリウムなどのアルカリ金属が例として出ているので、そのイメージで銀色の球にした。ただし、中央の球は見にくいので、色を変えてある。
中央が面心立方格子。銅が例であるとのことなので、そのような色の球に。そして、これは平面に球を積み上げていったときのabcabc...構造がわかるように塗り分けると、右の図のようになる。

金属テクスチャの映り込みが、ややうるさい感じである。金属の質感を出しながら、相互の反射の描写だけ、軽減させたい。できるだろうか。

六方最密は、計算が難しいので (^^ゞ 今後の課題とする。
また、NaCl構造はすぐ作れそうだけれども、ダイヤモンド型や閃亜鉛鉱型は、しんどいかも知れない。(簡単な幾何計算だとわかっているが、それが何とも億劫で。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2008 | Main | October 2008 »