« 横浜国大一日体験教室2008 | Main | 最終通告(笑) »

August 03, 2008

Edelpils

Edelpilsサッポロビールのエーデルピルス。
私の一番好きなビールである。

就職して、独身生活をしていた頃。

当時(80年代後半)、各社からいろいろなビールがどんどん新しく発売されていた。仕事帰りに酒屋でそれらを見つくろって買い求め、あれこれと味わうのはなかなか楽しいことだった。
その中で、このエーデルピルスが、もっとも私の好みに合ったのであった。ほかには、キリンのハートランドがよかったし、また小麦ビールのワイツェン(これはヴァイツェンと読むべきだと当時思ったのだが)も面白かった。キリンビールエクスポートというのもよかった。

エーデルピルスは、しっかりした苦みがあり、また香り高い。私は酒が好きだが弱いので、良い物を少しだけ飲むのが体に合う。ビールも、量は飲めない。すると、こうした、少量でもビールを飲んだなという満足感が得られるタイプのものを選ぶことになるようだ。
ハートランドもキリンエクスポートもその路線である。ただ、当時試してみたギネスはちょっと強すぎて、常用するに至らなかった。
逆に、やはりこの当時に売り出された、アルミの銀色を生かした缶に入った”いわば辛口”のビールも試してみたが、これは全然ダメであった。こんなのはすぐになくなると思っていたら、万年3位のメーカーを首位に押し上げるほどに売れたのである。私は、非常に不思議であった。みんな、こういうのをうまいと思うのだろうか?

このエーデルピルスであるが、まもなく、販売中止になってしまった。大変残念に思っていたのだが、どうも時折、数量限定でつくられることがあったようで、この間も1、2回ではあるが飲むチャンスがあった。
そして、また今、数量限定ながら買うことができている。

パッケージは昔と違っている。でも、緑を基調とした上品かつ古風なデザインであることは変わらない。
せいぜい、スーパーの棚にある間はこれを選んで買い求め、完売までの期間短縮に貢献しよう。メーカーが通年販売する決断をしてくれるように、後押しの気持ちを込めて。

|

« 横浜国大一日体験教室2008 | Main | 最終通告(笑) »

Comments

エーデルピルス、上品かつしっかりとした味わい…美味しいですよね。
私も大好きです。
世の中の方々が、ビールの味を誤解しているような気がします。
発泡酒や第三のビールなどなど、そんなものも売れてるようで残念です。

80年代はご指摘のようにキリンも冒険路線でいろいろなものを出してくれて、楽しい美味しい時期でした。
ファイン・ピルスナー、ハーフ&ハーフなどもキリン製品でしたね。

話し戻って、サッポロには、ぜひエーデルピルスを常時出荷してもらいたいものです。

ちなみに私はサッポロファンです。

Posted by: 田中 洋 | August 04, 2008 at 04:31

ファインピルスナー、ありました。あのころ、キリンにはファインドラフトもあって、ビール1ケースの配達を頼むときに、青ラベルと緑ラベルを半分ずつなんて頼んだものでした。
ところで、実は私も、基本的にサッポロをひいきにしています。大昔の「男は黙ってサッポロビール」は別として、この頃では広告が下手だなと思いますけどね、製品はいいものを誠実に作っている感じです。
90年ごろでしたっけね、黒ラベルをやめて当時流行の味の金ラベルにしたら、ユーザー離れを招いて黒ラベルに戻してみたり。黒の方が、良い意味での雑味があって、おいしかった記憶があります。
そういうふらついたところはありますけど、まずまず、良い。1にサッポロ、2にキリンという感じですかね。

Posted by: aromatic Kam | August 07, 2008 at 05:58

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/42053232

Listed below are links to weblogs that reference Edelpils:

« 横浜国大一日体験教室2008 | Main | 最終通告(笑) »