« 受賞祝賀パーティー | Main | 神奈川大で実験 »

July 07, 2008

スライド授業は意外に不評で

6月7日に、「効果はあったのか?」という題で、いわゆる情報機器をつかった授業が有効なのかどうか疑問であるということを書いた。

その後、前期分の「生徒による授業評価」があった。
ここでの対象は、3年生化学II受講者の50名ほどとする。評価数値については、まだ集計していないので、とりあえず自由記述欄だけを読んでみる。何らかの記述があったのは、ほぼ半数であった。

全文をここに上げたい気持ちがあるが、生徒にそのように使用することを告知していないことなどから、それはやめておく。趣旨をいくつかのグループに分け、カウントしてみた。(ダブルカウントあり)

  • スライドはわかりやすかった・スライドでもよかった 3
  • スライドはわかりやすいが頭に入らない 3
  • スライドのプリント配布がいい 2
  • 黒板の方がいい・頭に入る 10
  • 実物や模型が分かりやすい 3
1人、黒板の板書のほうが理解できる、それにスクリーンで補助的な説明がいい、という意見があった。
以上をまとめると、生徒たちの要望は、
  • スライド投影よりも黒板に説明を書いて欲しい、それをノートに書きながら理解できる
  • 薬品、模型などがあるといっそうよくわかる
  • スクリーンに投影する教材も、工夫されてきれいなものは、見ていて理解の助けになる。
  • まとめプリントが欲しい
ということになるだろう。

教材の工夫に対する評価や、授業のわかりやすさについての数値的な検討は、また後日。

|

« 受賞祝賀パーティー | Main | 神奈川大で実験 »

Comments

>>まとめプリントが欲しい
 甘ったれるな!と言ってやりたい。自分で作れ!
>>ノートに書きながら理解できる
 この意見とは正反対ですな。

Posted by: Nと〜 | July 08, 2008 at 21:09

「授業に関して寄せられた意見は、まったく正反対のものが出てくることもあるのだから、これは君たちが書いたとおりにすぐに直すという性質のものではないよ、あくまで参考にさせてもらうということ。でも、誠実にちゃんと読みます」と言ってあります。

Posted by: aromatic Kam | July 13, 2008 at 21:25

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/41766129

Listed below are links to weblogs that reference スライド授業は意外に不評で:

« 受賞祝賀パーティー | Main | 神奈川大で実験 »