« June 2008 | Main | August 2008 »

July 28, 2008

サンドブラストによるガラス工芸

3日間の夏休みをとってきた。

行き先は、例によって伊豆である。
私たちは、天候や気分によって、ホテルのプールや海水浴場で水遊びをしたり、またちょっと出かけて見物や工芸体験などをして過ごすことにしている。

そのうちの一つ。伊豆高原のガラス工芸ショップで、サンドブラストをやってみた。初めてである。

Sandblast

私が選んだのは、通常サイズのガラスコップ。これは、無色のガラスの上に、うすい青色のガラスがコーティングされている。表面の青色の部分を削り落とせば、無色のガラス生地が出てきて、文字や絵が見えるというしくみである。

まず、下絵を描く。たくさん用意されている見本の紙から図柄を選んで、そこにトレーシングペーパーを重ね、鉛筆で図柄を写し取る。これは反転するので、文字は鏡文字で書くことになる。左上の写真は、ひっくり返したところで、こちら側には鉛筆の粉は付いていない。私は、コップ一周ぶんの長さを測って下絵を描いた。

コップに、軟質塩ビのシートを貼ったものが渡されるので、そこへ下書きの紙を巻き付け、カッターの柄でこする。すると、鉛筆の粉が、塩ビシートに転写される。
この図柄に沿ってカッターで切り込み、削りたい部分のシートを切り抜いていく。
図柄を切り抜いたら、窓つきの箱の中で、研磨用の砂を吹き付ける。砂は合成品だと思うのだが、石英砂のような感じである。200メッシュくらいか。これが、圧搾空気でノズルの先から吹き出るので、シートを切り抜いた窓状の部分に吹き付けていく。色が抜けたかどうかを、箱の中で蛍光灯にかざして確かめながら作業を進める。
削り終わったら、箱から取り出し、シートをはがす。
右下の写真は、ホテルへ戻ってビールを注いでみたところ。

ところで、私が見本に使った元画像は、一見して魚が泳いでいる様子であることが見て取れるものであった。ところが、このようにガラスコップの図柄になると、これはよく見ないと魚であることがわからない。

これはつまり、魚の輪郭がなかなか見えてこないということである。元画像は、そのような、いわゆる主観的輪郭がはっきりと見えるように、注意深く柄が配置されて描かれている。(IBMのロゴを思い出して!)
ところが、私がそれをトレーシングペーパーに写し取り、転写し、カッターでなぞりながら切り抜き、その穴に砂を吹き付け…という工程を行っているうちに、だんだんとデータが劣化したため、計算された線が見えにくくなったのであった。

さあ、この話と、青いコップ。授業でどう使おうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 25, 2008

化学トリック=だまされまいぞ!

山崎昶先生が、近著をお送りくださった。いつもながら、ありがたいことである。

Kagakutrick「化学トリック=だまされまいぞ!」という題で、ブルーバックスからである。
このシリーズには、「数学トリック=だまされまいぞ」というものがあるのだそうで、それでは化学でもという編集者からのリクエストを受け、執筆なさったということである。

明日から、やや強引に夏休みを取り、いつものように伊豆へ行くことにしている。夜にでも、楽しみに読もうと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 22, 2008

COOLPIX SQ

5年も前の製品であるが。Nikon の COOLPIX SQ を入手した。

Coolpix_sq

これは、このように光学系の部分が回転する。スイバル式である。
自分撮りをするときは、液晶モニタが一部隠れてしまうので、右側に縮小した表示を行うという技を使っている。

私が入手したときは、まともに撮影できないという半ばジャンク状態であった。しかしこれは、リコールになっているCCD取り付けの不具合による症状であって、メーカー送りの修理で元気になって帰ってきた。

この写真は、同じくNikonのインナースイバル機3500で撮影している。そして実は、2500も、状態のあまり良くない中古品ながら入手してあり、学校で仕事用に使っている。この3機種、電池が共通であり、またいずれもコンパクトフラッシュを使うモデルであって、うまく使い回すことができる。

というわけで、Nikonスイバル3兄弟のオーナーになってしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 21, 2008

排気量を上げる

今夜は、久しぶりに少ししのぎやすいようだ。
いわゆる一学期相当期間の授業を思い出し、缶ビールを飲みながら、考えてみる。

今年度、3年総合の担当となった。出したテーマに対して生徒の応募があり、講座成立。そして、ジョーンズ有機化学を読み始めた。

この授業は、私にはなかなか負荷のかかるものであった。高校レベルを超える化学を授業としてしゃべるのは初めてであるし、またテキストは(とりあえず)英語である。邦訳を同時に示しているが、それは完全な逐語訳ではないから、やはりきちんと原書を解釈しておいてから授業に臨む必要がある。準備に時間が取られることはもちろんだが、精神的にも負担であった。
ところで、勤務校に着任した昨年度は、やはり3年の化学IIの授業準備に追われていたように思う。東大を受けようかという生徒もいる教室で、受験レベルの化学IIを進めていくのには、それなりの用意が必要である。慣れない身には大変であった。
それが、今年は、総合がある。すると、化学IIのほうは、だいぶ楽に感じるのである。1年の化学Iは、もう、どうにでもなるようにも思われる。

この感覚は、例えて言えば、自分というエンジンの排気量が上がったような感じである。同じ巡行速度を保つために、以前はアクセルを床まで踏んでいたのが、今はだいぶ踏みしろを残しているといったような。まだ、踏めるぞ、と。
(単に、慣れただけ?いや、まあ、そう言わないで。)

ここで私は、デジャブ感にとらわれる。
2002年の夏であった。情報科教員免許取得のための現職教員等講習会に駆り出され、必死で勉強して、同じ身分の先生たちに授業をした。3カ所をまわって勤めを終え、二学期に勤務校へもどって「情報基礎」の授業をしたときであった。
あれ、オレ、排気量が大きくなった?
授業が、ラクだったのである。しゃべっていて一学期より楽しくなったし、高校生ってこんなにかわいかったっけ、などとも感じた。

いや、人間は、適切な負荷をかけられれば、年齢に関係なく、力がつくんだなぁ。そう、身をもって感じた、という話である。
で、時期を迎えて、いわゆる学校経営(いやな言葉だ)のほうに適性を発揮していく人もいるのだろうけれど。
私は、そんな方に進みたくない。自分の専門分野と生徒に、直接かかわる職務にこだわっていたい、と強く思うのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 19, 2008

冷凍PET飲料

盛夏となった。

私は寒いのが嫌いだが、暑いのも苦手である。冬に室内から屋外へ出て寒風に吹かれたりするとガタガタと震えが来ることがあるし、また暑い夏に出歩いていると気分が悪くなることがある。

などと言ってみても、社会生活をしているわけであるから、気候に関係なく、決まった場所へ決まった時間に行かなくてはならないことも多い。
だから、工夫が必要となる。冬の寒さに対しては携帯用使い捨てカイロが有効である。でも、夏の暑さに対抗する術がなかなかなかった。

16日の水曜日、情報部会総務会で清陵総合高へ行った。この学校は台地の上にあり、ふもとの駅からは、ぐるっと900mほどを歩いて40mを越える標高差を上っていくことになる。日射もあるし、何らかの対策が必要と思われた。

途中にはコンビニが2軒ある。とりあえず冷たい飲み物でもと思って、セブンイレブンに入った。すると、凍結させて売られているPETボトルの飲料が目に入った。
こういうものは、いままでも見たことはあったが、手に取ったことはなかった。でも、これはまさに、今日のような日のためにあるのではないか。
いずれも500mLで、レモン系のものと普通のスポーツ飲料、それにお茶があった。私は凍ったお茶を1本買った。

カチンカチンに凍ったPETボトル。これを、脇にはさんだり首筋に当てたり、あるいは交互に手のひらで握りしめたりしながら、ゆっくりと坂を上っていった。
そうしたら、大して汗をかかなかったのである。辛くもない。
先方へ着き、まだ私しかいなかったので、人気のない会場でボトルを太ももにはさんだりしてみる。気持ちがよい。
これは、体温上昇を抑制するのに、効果絶大であることがわかった。

そうしていても、中身はなかなか溶けない。溶けたお茶を少しずつ飲んだりしていたが、会議が終わって電車に乗り、自宅へ直帰するまで、氷が残っていた。

この夏は、これを愛用することにしよう。どこのコンビニでも扱っているわけではないから、店を覚えておくことも必要である。

|

July 16, 2008

デジタルフォトフレーム

デジタルフォトフレーム。
私は、こういうものがあるということを、おとといまで知らなかった。

要するに、小さな額縁の中で、スライドショーをしてくれる器具である。半導体メモリのメディアに写真のデータを入れて、差し込むと、静止画や動画を見せてくれる。mp3の音楽再生もできたりするようだ。
Amazonをのぞくと、たくさんの製品を見ることができる。

ところで、今日教えていただいたことなのだが、こういう製品が出てきたのは、

  • 記録メディアが安くなり、いっぱいになるとPCなどに転送してデータを消すのではなく、メディアを買い増しして対応する人が増えた
  • カーナビが普及し、そこそこの品質の800x600のパネルが、ものすごく安くなった

という事情があるのだそうだ。

いやあ、面白い。
再生するためのCPUもあるはずだし、その他、いろいろ。調べてみたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 13, 2008

期待と現実と

いま、生徒を対象に募集しているものが3つある。
いずれも夏休み中の活動なのだが、

  1. 横浜国大工学部 一日体験物質工学教室、嘉村引率。
    応募者 9名(うち化学部員が4名だったか)
  2. 夏期講座 1年化学I「モルがわかるまで復習」、4日間。
    応募者 50名超
  3. 夏期講座 3年化学I・II「受験レベル演習」、4日間。
    応募者 10名ほど
3年の演習は、こんなものだろう。お金の都合がつくのならば、予備校へ行って冷房の効いた教室で有名講師の話を聞く方が良い、というのがむしろ普通であろうし。
横浜国大は、私が設定した校内締め切り日の前日まで申し込みゼロであってひやひやしたのだが、締め切り当日の夕刻に9名が集まってきた。もう少し、コテコテのメンバーでない普通の生徒たちにたくさん来てもらいたかったが、これもまあ、昨年よりも多いので、よしとしよう。

で、1年の夏期講座である。50名超ということで、これはもう教室に入りきれない。午前中のみ4日間のつもりだったが、午後にも講座を設定し二部制にして、生徒を振り分けないといけない。20人くらいだろうと考えていたのが、大幅な超過となってしまった。
これは、生徒たちの、向学心というよりは不安の表れであるように思われる。
つまり、まもなく夏期休業に入る今の時点で、モルと化学反応式をさっと扱い、休み明けにはほとんどいきなり、その範囲の期末テストが行われる。授業では満足に演習する時間が確保されない、これでは点数が取れないだろう、どうしよう。補習があるらしいから、出ないとダメなんじゃないかな…。

あくまでオプションであるはずの夏期補習を、授業進行計画に組み込まれているものであるかのように生徒に思わせてしまうのは、これは、おかしいのだ。こちらに責任がある。

なかなか、こちらの期待するような展開になってくれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 11, 2008

採択された

武田科学振興財団の研究助成に応募していたのだが、それが採択されたとの連絡が入った。

今日は、そのための、口座開設とか寄付受け入れの手続きについて打ち合わせをするのに、ずいぶん時間を費やした。
これで、第一・第二化学実験室に、備え付けの液晶プロジェクタを設置することができる。

このような助成金を受け、また、情報部会の幹事長を仰せつかっている。
私はいま、教員生活のピークを迎えているのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 10, 2008

神奈川大で実験

3年総合「分子を知る」ゼミ受講生6名と、神奈川大学横浜キャンパスへ行ってきた。

今日は、勤務校では「総合の日」とされている。各学年それぞれ行うことは違うのだが、3年生は各所属ゼミでの一日の活動とされている。校外へ出るゼミが多い。
私のところでは、神奈川大学の「毎日が見学会」というプログラムがあったので、体験実験教室を設定していただき、出かけてきたのである。

Jindai01

大学のキャンパスらしい、なかなか良い雰囲気。
あれ、今日は田中さんのところも来ているんだ。

私がお願いしたのは、(1)時間は6時間相当で、(2)通常の見学より一歩踏み込んだ実験などの活動を というものである。大変厚かましく、無理な要請なのだが、神奈川大学ではこちらの期待以上の内容を用意してくださった。

入試センターで大学の概要や入試についての説明を受けたあと、工学部の23号館へ移動。もう午前中から、本格的なプログラムに入った。

Jindai02

まず、西久保忠臣先生から、今日の趣旨の説明をいただいた。つとめて各研究室での通常の研究活動に参加してもらう形にする、というお話であって、そのように迎えていただくことは、ありがたく、また光栄なことだと感じる。

これより、3つの研究室に2名ずつわかれて配属され、それぞれ実験をすることになった。西久保研、横澤研、小野研である。横澤勉先生は、勤務校の卒業生でいらっしゃるのだが、今日はあいにく出張でご不在であった。小野晶先生は、私の出身研究室の助教授をお勤めであったという縁で、私とは面識がある。私は、生徒についてここへおじゃました。

小野研のテーマとして、金属を包接させたDNAの合成、物性研究がある。そのようなDNAを合成する原料として、望みの構造を持つヌクレオシドが必要であり、それは化学合成する。
今日の午前中は、合成反応後の混合物を、カラムクロマトで分離し、TLCでその溶出の様子をモニターして、必要な画分を濃縮して産物を得るという作業を、あつらえたようにきちんと見学させてもらうことができた。説明していただく内容と、彼女らの知識レベルの間には差があるから、そこは私が口を出して埋めていく。

遅い昼食をとったあとの午後は、軽い内容を用意していただいた。
写真は、hydroxypropylcelluloseを秤量しているところ。5gをとってポリエチレンの小袋に入れ、水を2ml、2.5ml、3mlと量を変えて加え、よく練る。すると、液晶状態になり、何やらきらきらとした干渉色が現れてきて、その色が水の量によって変わってくる、というもの。

他の研究室でも、Grignard反応だとか、有機硫黄化合物の合成だとか、錯体だとか、学部3年または本当に研究室に入らないと行わないような実験をさせていただいたようである。

生徒たちは、大学レベルの実験・研究活動に触発され、また学食での昼食など大学生活の一端に触れることができて、それぞれ大いに満足した様子であった。
午後4時まえに終了。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 07, 2008

スライド授業は意外に不評で

6月7日に、「効果はあったのか?」という題で、いわゆる情報機器をつかった授業が有効なのかどうか疑問であるということを書いた。

その後、前期分の「生徒による授業評価」があった。
ここでの対象は、3年生化学II受講者の50名ほどとする。評価数値については、まだ集計していないので、とりあえず自由記述欄だけを読んでみる。何らかの記述があったのは、ほぼ半数であった。

全文をここに上げたい気持ちがあるが、生徒にそのように使用することを告知していないことなどから、それはやめておく。趣旨をいくつかのグループに分け、カウントしてみた。(ダブルカウントあり)

  • スライドはわかりやすかった・スライドでもよかった 3
  • スライドはわかりやすいが頭に入らない 3
  • スライドのプリント配布がいい 2
  • 黒板の方がいい・頭に入る 10
  • 実物や模型が分かりやすい 3
1人、黒板の板書のほうが理解できる、それにスクリーンで補助的な説明がいい、という意見があった。
以上をまとめると、生徒たちの要望は、
  • スライド投影よりも黒板に説明を書いて欲しい、それをノートに書きながら理解できる
  • 薬品、模型などがあるといっそうよくわかる
  • スクリーンに投影する教材も、工夫されてきれいなものは、見ていて理解の助けになる。
  • まとめプリントが欲しい
ということになるだろう。

教材の工夫に対する評価や、授業のわかりやすさについての数値的な検討は、また後日。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 05, 2008

受賞祝賀パーティー

先生が日本化学会賞を受賞されたので、その祝賀パーティーに行ってきた。

Kasumigaseki会場は、霞ヶ関ビル33階である。東海大学校友会館。これは、西山幸三郎先生のご尽力による。
ただ、出席者の方は、霞ヶ関あたりで一番高いビルをめざしていけば良いだろうなどと考えていて、実際に来てみたらこの状態。高層ビルが林立しており、どれがどれなんだか、ということで、やたら街角に立っている警察官に聞いてみても「わからん」と言われたとのこと。そりゃそうですよ、サミットの警戒に地方から動員されてきてるんだもの。

甲斐荘正恒先生の業績は、「生体系NMRにおける安定同位体利用技術の開発」ということになっている。これは非常に広い言い方であるが、やってきたことをまとめると、こういう文言になる。
祝辞に、荒田洋治先生が立たれた。二人は、NMRの戦友である。

この会は、研究室の同窓会が主催したという形になっている。
初代教授の畑一夫先生は昨年の正月に、二代目教授の佐藤武雄先生はかなり前に他界されている。三代目が、私のいた頃に助教授であった先生になるのであるが、大学の大幅改組に伴って、後継研究室はなくなっている。今後、新規メンバーの補充はない。

二次会は新橋駅前にて。久しぶりにゆっくり話をする人もいて、楽しかった。
小野晶先生には、来週の木曜日に生徒を連れておじゃまする旨、申し上げた。

内幸町駅から帰宅、乗り換えなしで一本。楽になった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 04, 2008

「バリウム」の量

人間ドックを受診してきた。

私たちの健康管理は、年に1回、職場で集団検診を行うことによってなされている。
しかしこれでは不十分なので、年齢を指定して、何歳と何歳の者は医療機関へ行って人間ドックを受けてきなさいということになっている。年齢が上がると、その指定される間隔が詰まってくる。
私は、今年その指定年齢に当たっていた。

受診する機関は予め指示されている。朝からそこへ行き、型どおりの検査をいろいろと受ける。検査自体には特別なことはないのだが、職員が、非常に低姿勢であることが印象的である。ここはホテルではない、医療機関なのであるから、そんなに、
「○○様。お待たせいたしました」
などといった扱いをしてもらう必要はないと思う。
そういう風に遇してもらわないとあれこれ言うような利用者が増えているということなのだろうか。

最後に、メインイベントのX線検査である。
やたらていねいな言葉遣いの技師さんに迎えられ、まず発泡剤を飲む。例の、柑橘系の味がするざらっとした固体であるが、今年は少量の水ではなくバリウムスラリーで飲むように指示された。あれ?と思う。
そして持たされた紙コップ入りのバリウムスラリー。コップが小さい?全量を一気に飲むのだが、例年ほど辛くない気がする。
その後の検査は、いつもと同じ。台の上でぐるぐる回ったり、傾けられたり。

終了が、12時すぎであった。これは、心づもりよりも1時間ちかく遅い。開始時間が遅かったのか、検査ごとの待ち時間が長かったせいか。
今日は、これから中学校へ直行して、学校説明会でしゃべるのである。そのためのノートPCなどは携帯している。何とかぎりぎり間に合いそうではあるが、…その、つまり。トイレに入っている時間がとれない。

一時間後、やはりタイトな時間で動いているImさんと合流。タクシーを飛ばして、会には間に合った。勤務校は説明のトップバッターであって、Imさんと2人して、体育館で20分のお座敷を勤めた。
その後、バスと電車を乗り継いで、勤務校へ。生徒を待たせてある教室へむかい、10分ほど遅れて、7時間目の授業を行った。
職員室へもどり、やっと本日1回目の食事。午後4時であった。

さて、お腹にバリウムを入れたままで、こんな日程をこなした。
でも、実は、それほど辛くはなかったのである。何と言っても、腹痛が起こらなかったのが大きい。技師さんに確認しなかったのだが、やはり、硫酸バリウムスラリーを飲む量が少なくなっていたのだろうと思う。

こういうことは、非常に大切である。検診が午前中に終わったとしても、その後の半日が体調不良で使えないというのではいろいろと支障があるし、そもそもドック受診を避けたくなってしまう。
期せずして技術の進歩(?)の恩恵をこうむり、とても助かった一日だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2008 | Main | August 2008 »