« 都高情研研究大会 | Main | 大学キャンパスで無線LAN »

March 27, 2008

化学会年会

ほんとうに久しぶりに、日本化学会春季年会に参加してきた。
会期は昨日26日からなのだけれども、私は今日と明日だけ出席する予定である。

会場は、桜の咲く立教大学。ほぼ全学施設、付属中高の校舎まで使っている。
講演が約6000件、予約参加登録者が約9000名というマンモス学会である。

Nenkai08

勤務校に異動して、化学についてちょっと自分に刺激を入れ直そうと思うし、また、私の先生が日本化学会賞を受賞するという話を聞いたので、その記念講演でも聴こうか、などと考えての出席である。

2日ほど前、帝京大学理工学部の内田健一氏に連絡を取った。研究室の仲間である。会って、お祝いの会について相談がてら飲む約束になった。
そして今日、桜の木の下をふらふらと歩いていたら、西山幸三郎先生に声を掛けられた。現在、東海大学開発工学部の学部長をつとめていらっしゃるということである。
これは、今晩が楽しみになった。


めあての一つとして、今どきの学会発表はどうやっているのかを見てくる、ということもあった。
私の頃は、講演はジアゾの青フィルムでスライドを作っていた。スライドと言っても、もう、本物のスライドである。それに、ポスターセッションというのはなかったのだ。

適当な講演会場に紛れ込むように入ってみる。あたりまえのように、パワーポイントでのスライドを使った発表である。PCは自前の持ち込み。
不具合の起きないように、事前にテスト場で確認するようにとアナウンスされているのだが、それでも、たまたま私の入ったセッション会場で、トラブルが起きた。Macを使って発表するつもりの女子学生なのだが、画面の色がマゼンタになったり緑になったり。変換コネクタケーブルが接触不良を起こしているらしい。座長が、会場にこのコネクタケーブルを持っている人がいませんかとたずね、化学屋はMac使いが多いので2名から提供があった。しかし、これは新Mac用であり、発表者は旧Macなのでだめだという。座長判断で講演順序の入れ替えが行われた。

ポスターセッションは非常に盛況であった。その方法は、もうここには書くことをやめよう。当たり前のように、効果的な展示と説明が行われていた。4日間、それぞれ午前午後でポスター張り替え。会場数も多く、全部見て回るのはもちろん不可能である。

企業ブースも、活気があった。私は、元素の周期表ポスターを1枚購入。それぞれの元素発見者の顔がイラストでマスに入っているものである。見本はドイツ語版であったのだが、聞いたら英語版もあるということなので、そちらにした。送料込みで3000円。

さて、お楽しみの飲み会である。
ここでは、非常にすばらしい、多くの刺激をもらった。先生方、どうもありがとうございました。

また、明日。朝ラッシュ前に来よう。

|

« 都高情研研究大会 | Main | 大学キャンパスで無線LAN »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/40657859

Listed below are links to weblogs that reference 化学会年会:

« 都高情研研究大会 | Main | 大学キャンパスで無線LAN »