« ルノワール+ルノワール展 | Main | 生徒用PC更新 »

March 16, 2008

配達記録郵便

はじめて、配達記録郵便を差し出した。武田科学振興財団へ応募書類を送るのに、つかってみたのである。

郵便物を確実に送るためのオプションとしては、昔から書留と簡易書留があった。書留は、差し出しから途中の送達、最後の配達に至るまでを記録するもので、簡易書留は差し出しと配達時のみを記録するものだということになっていた。
ところが、いつごろからか、配達記録なる郵便が届くようになってきた。これがどういうものであるかずっとわからずにいたのだが、今日、わからないままにとにかく使ってみた。料金は210円であった。

日本郵便のサイトなどいろいろと調べてみると、配達記録とは、要するに簡易書留と同レベルの記録サービスを行いながら配達をするのであるが、補償が付かないところが違っているらしい。その分、料金が安いのである。

ここまでに見たページの中で、Wikipediaの「書留郵便」のページの、簡易書留に関する解説が間違っていることに気がついたので、編集して直しておいた。

|

« ルノワール+ルノワール展 | Main | 生徒用PC更新 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/49241631

Listed below are links to weblogs that reference 配達記録郵便:

« ルノワール+ルノワール展 | Main | 生徒用PC更新 »