« DTMソフトウェア 初音ミク | Main | USB2.0 PCカード »

January 19, 2008

ゼロスピンドル化 実験

X40をゼロスピンドル化するという目標がある。
もちろんそれには、OSがWindows XP で、しかも実用的な速度で動く、という付帯条件が付く。でも、なかなか一気にそこまでは行かないだろうから、少しずつ品物を準備したり経験値を上げていこうと思う。

秋葉原のQC PASSにて、アダプタを買ってきた。2.5インチIDE-HDDの代わりにコンパクトフラッシュをつなげるためのものである。
似たようなものがいくつかあるが、私が選んできたのはこれ。PCB-CF/IDE25NC-M という型番である。

Cfide1

CFカードは、ハギワラの組み込み用らしき1GBのものを使う。容量も速度も厳しいものだが、これでどこまでできるか。

Cfide2

ThinkPad X40 は1.8インチHDDの機種であって、そのための空間が狭い。入らないかも知れないと心配していたのだが、このように、長さはぴったりと収まった。厚みには余裕があるので、2枚収容のタイプのものがあれば、それでも使えそう。

OSは、RedHat8を入れてみた。容量的には極めてきつく、Xは入ったがGnomeは無理であった。

Cfide3

遅くて実用にならないという感じではない。でも、Windows XPではどうなるか。

とにかく、ゼロスピンドル化できることはわかった。あとは、高速で大容量(最低16GB、できれば32GB)のCFカードが買えるようになるのを待つことになる。

|

« DTMソフトウェア 初音ミク | Main | USB2.0 PCカード »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ゼロスピンドル化 実験:

« DTMソフトウェア 初音ミク | Main | USB2.0 PCカード »