« 中和滴定実験 | Main | 勉強の仕方がわからない »

January 10, 2008

パナソニックにブランド統一

松下電器が、「松下電器産業」という社名、国内向け家電ブランドの「ナショナル」をともに廃し、「パナソニック」ブランドに統一するのだという。

たしかに、一つの会社でいくつものブランドを持っているのは、一般的には良いこととは言えないだろう。
製品なりサービス、あるいはイメージ、想定顧客層の異なる事業を展開している場合には、むしろ積極的に異なるブランドを保持することもあるだろうし(「ダスキン」と「ミスタードーナツ」、「釈超空」と「折口信夫」など)、ファッション業界では一社でわざわざいくつものブランドを並べている。
でも、そういうのはまた別の話として、一つの総合電器会社が社名と白物家電とオーディオで別々の名前を使っていれば、それは認知度の低下というデメリットの方が大きいであろうことは、納得できる。

個人的には、電気配線器具はPanasonicではなくて松下電工であってもらいたいし、またPanasonicの洗濯機などと言われたら作動音が響き渡りそうな印象を受ける。…などというつまらない感傷やら冗談はさておいて、TrioとKencraftをKenwoodに統合して成功した先行例などにならい、うまく浮上してもらいたいものだと思っている。

(パナのPC周辺機器は好き)

|

« 中和滴定実験 | Main | 勉強の仕方がわからない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference パナソニックにブランド統一:

« 中和滴定実験 | Main | 勉強の仕方がわからない »