« テスト委員会 | Main | またデジタルカメラ故障 »

December 23, 2007

パスネット、事実上廃止へ

神奈川県立歴史博物館で開催されている、「東人の世界」展を見てきた。

もとより、私は歴史に不案内であるし、だいいち、興味関心がうすかった。それでも、自分が生きてきた期間が半世紀に迫ってくると、その間の経験、世の中の変遷を過去に外挿してみたくなってくる…というのは、やはり、へたくそなこじつけであろう。
まあ、とにかく、郷土史について少し勉強してくるか、くらいの気持ちで出かけてきたのである。
展示物は、それなりに面白かった。

ところで、この博物館は、みなとみらい線の馬車道が最寄り駅である。私は、東横線の横浜まで定期券を持っているので、その先のみなとみらい線の部分が乗り越し区間になる。これを精算するためには、パスネットがとても具合がよい。行くときには定期券で入場し、馬車道駅でパスネットと2枚投入。帰りには、馬車道駅でパスネットで入場し、自宅最寄り駅で定期券と2枚投入で出場できる。

このパスネットが、廃止される見通しとなってきた。来年1月に発売停止、3月からは自動改札機が通れなくなるのだという。その後は、券売機で使えるだけとなる。これでは事実上取り扱いが廃止されたようなものである。
自動改札機でパスネットが使えなくなると、私のような利用者は、いちいち、切符を買ったり精算機のお世話になったりする必要が生じる。厄介である。

なぜこのような措置がなされるのかといえば、PASMOが普及してきたからである。PASMOの運用開始時より、いずれはパスネットの取り扱いが停止されることはわかっていたのだが、予想よりも早かった。

だから、私も、PASMOにのりかえるべきなのである。
私はすでにSUICAをもっていて、これに私鉄区間のみの定期券情報は入れられないから、加えてPASMOを持たざるを得ない。ところが、すでに実験済みであるが、FeliCaカード2枚を定期入れに入れて自動改札を通ろうとするとエラーになる。単純に2枚を所持することは不可である。

残された解決策は、SUICAとPASMOを持ち、それらを干渉しないようにしておくことである。パス入れ2つに入れて分けて持つのは管理上良くないから、ここはSUICAのほうをシールドしておくことになるだろう。スキミング防止のシートを買ってくるか、あるいはとりあえずアルミ箔ではさんでみるか。

この忙しいのに、また実験するべきことがらが増えた。

|

« テスト委員会 | Main | またデジタルカメラ故障 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference パスネット、事実上廃止へ:

« テスト委員会 | Main | またデジタルカメラ故障 »