« 集団面接練習(2) | Main | Amazonの不思議 »

November 17, 2007

X40のバッテリ

ここのところずっといじっていて、blog更新遅延の原因ともなっているX40のバッテリについて。

ThinkPadは電源管理機能が強力である。このX40は2004年頃の機種であるが、i1200に比べて、ずいぶんいろいろなことができるようになっている。
バッテリ管理についても、例えば以下のような画面で情報を表示してくれる。

X40battery

中古で入手したものなので、バッテリもそれなりにへたっている。見かけ上の充電可能容量はたくさん残っていたのだが、どうも挙動がおかしかった。
それで、"Battery Reconditioning" という機能を使い、完全充電・完全放電・完全充電を行わせてみた。そうしたら、実際に残っていた容量は、上記の通り。新品の設計容量の半分を切っている状態である。
完全放電させるときも、いろいろなページを参考にして、常駐物を切り、ディスプレイのバックライトを最低にするなどの対策をしている。たしかに、そうしてやるほうが、放電容量は余計に計測されるようだ。放電電流が少ない方が、電圧降下が少なく、終点の判定が違ってくるものらしい。
それでも、残っている充電可能容量は上記の通りで、これだと1時間である。心許ない。

というわけで、Yahoo!オークションなどで、2本目・3本目…の手当をしている。これらの調子を整え、モバイル用途に備えるわけだ。
今日もまた、夜が更ける。

|

« 集団面接練習(2) | Main | Amazonの不思議 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference X40のバッテリ:

« 集団面接練習(2) | Main | Amazonの不思議 »