« September 2007 | Main | November 2007 »

October 30, 2007

食塩が雪のように

いま、1年の化学Iでテルミット反応をやらせている。私はいままで、これを演示実験として行ってきたが、今年は通常の実験と同じく各班で1回ずつである。
生徒たちは面白がってくれる。それなりに効果はあがっているものと思われる。でも、40人をいっぺんに指導するのであるから、大味になる。それに、4クラス分、あるいは8クラス分の教材を用意することを考えて行うから、できることも限られてくる。

これに対し、26人の1クラスだけもっている3年の化学IIのほうは、やれることが飛躍的に多くなる。通常の授業の中に、ほぼ毎回、少しずつ実験の要素を入れている。1時間分の展開などと考えなくて良いから教材の自由度が高いし、また器具の数も薬品の量も少なくて済む。思いつきで何でもやれる。

いま、化学平衡に入ったところ。操作が簡便で視覚効果が高い実験がないだろうかと机上でネット検索していたら、よさそうなのがあったので、(もう定時制の時間帯に入っていたのだが)すぐに予備実験してみた。
まず、飽和食塩水を作る。これを試験管に取り、ピペットで濃塩酸をそっと滴下してみたら、

… 濃塩酸のしずくは、液面に落ち、白く濁り、少し沈みかけてからまた浮き上がり、液面近くで拡散し、そして細かい食塩の結晶を析出させ、それが雪のように試験管内を沈降していった!

とても、美しい。

これは、濃度変化による平衡の移動、共通イオン効果を説明する教材なのだけれども、こんなにきれいだと、そんな理屈は飛んでしまう。

明日6校時、3人に1つくらいの割合で器具を配って、見せてやろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 27, 2007

ジョーシン07

標記シンポジウムに行ってきた。会場は、昨年と同じく早稲田大学理工学部である。
大学の先生方のほか、高校から、横浜清陵総合の五十嵐先生と都立町田の小原先生が「意見表明」提言を行った。

内容をレビューする力は、私にはない。おそらくいくつものページに記事が載ると思われるので、参照されたい。
感想を2つだけ書いておこう。これは、議論の進行に寄与するものではないので、会場では発言しなかった。

・ 富山県の高校で教科書採択率を調べたら、情報Bと情報Cの割合が全国で飛び抜けて高い数値を示している、という話があった。
 これは、富山県の高校における情報教育のレベルの高さを示しているということなのであろうが、ただし、不公平というか不合理な点がある。
 というのは、富山は全国でも普職比率がきわめて職に偏っている県なのである。以前は、普通科高校3に対し職業高校(現在の言い方では専門高校)が7、最近では5:5に近づいているのであろうか。そして、普通科と専門学科に入学する生徒の状況を考えてみると。大都市圏のような、情報Aでもあっぷあっぷ、ワードでペラ1枚の紙を出力できたらほめてやらなくてはならないような普通科高校はおそらく存在しない。そして、専門高校では、代替科目があるから普通教科情報は履修しないのである。そういうところで普通教科情報の情報BとCの比率が高いと言われても、それは6掛け7掛けで見たくなるというものである。
(10/30 追記 現状の普職比率について、私が誤った認識をしていたことを指摘された。コメントをご覧いただきたい。)

・国際教科オリンピックで、情報は推薦者が出ない、化学が一番多いのだ、という話。
 これについては、国内選抜の入賞者を見ると、圧倒的に私学6年一貫校が多い、という点をまず指摘しておこう。公立中学、公立高校と進んだ者の応募・入賞は少ないのである。また、入賞者に創価高校の生徒が目に付くのだが、これはおそらく、事務局を創価大学の伊藤眞人先生がつとめていらっしゃることに関係している。つまり、そういう仕事をしている大学の先生は、自分の足下を耕し、肥やしを与えている、ということなのだ。
(10/30 追記 念のために書き添えるが、上記は国際化学オリンピックの国内選抜を兼ねている全国化学グランプリについての記述である。)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 26, 2007

融解塩電解

夕方、職員室で仕事をしていたら、化学部の生徒が来た。これから部室で融解塩電解の実験をするから、見に来てもらいたいと言う。
ちょっと、それは…危険だぞ。でもまあ、君がやるのだから、ある程度の準備はしているのだろうけれど。うん、わかった、すぐ行くよ。

勤務校には、どういうわけか部室棟が4棟ある。そのうち、文化系の新部室と呼ばれている建物に、化学部の部室がある。ガス、水道、換気扇、しっかりした実験台や薬品庫まで備えられていて、決して高級ではないのだが県立高校の部室としては信じられない設備の部屋である。ここで、生徒たちは実験を行っている。

あとで調べてわかったことだが、生徒たちは、以下のページを参考にして実験をしていたらしい。
http://edu.chemistry.or.jp/teibanjikken/shigh/salt/salt.html
すでに、食塩に融点降下のための塩化カルシウムを加えて融解させるところまでの予備実験はすんでおり、今日はいよいよ電気分解を試みるということであった。金属ナトリウムを析出させるのだそうだ。

Electrolysis1_2Electrolysis2

バーナーでパイレックス(?)ガラス管を曲げ、反応装置を作ってある。ここへ、食塩と、蒸発皿で煎って乾燥させた塩化カルシウムを混合させたものを詰め、バーナーで加熱する。500゚Cくらいで融けるようだ。融けたら、鉛筆から取り出した芯を陽極、ステンレスパイプを陰極として電気分解する。ちゃんと直流電源装置もある。
塩素が発生し、それらしい感じになってきた。中毒しないよう、換気や立つ位置の指示などをしてやる。
そのうち、混合物がずいぶん黒くなったので、ステンレスパイプを取り出してみた。彼らの思い描いていたような金属ナトリウムは見られなかったが、ステンレスパイプを水に浸し、フェノールフタレインでアルカリ性であることを確認したので、ナトリウム生成が強く示唆された、ということにした。

今日は、あの陣馬山での様子とは違った、理系部活らしい活動を見ることができた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 25, 2007

altIME をつかう

IME(私の場合はATOKであるが)をオンオフするためには、日本語キーボードならば Alt + 半角/全角 キーを押す。あるいは、半角/全角 だけでもいい。
この操作をやりにくいと感じ、他のキーに同じ機能を割り当てたいと思うならば、そのためのツールを常駐させることになる。私は、ずっと秀Caps を使ってきた。これで、右AltでIMEをオンオフできるようにしている。自宅母艦につないでいるFILCOの英語86キーボードでも、これが動作している。

ところで、ThinkPadの英語キーボードであるが、日本語関係の余計なキーがないのは結構であるとして、Windowsキーもない。そんなもの要らないではないかと言うほうが普通なのだろうが、私の場合は、エクスプローラを起動するのに Windows + E と押すことがくせになっているので、ないと困るのである。
したがって、ThinkPad X40 の英語キーボードに追加したい機能は以下のようになる。
 (1) 右Alt、または右CtrlでIMEのオンオフができるように
 (2) どれか、良いところにあるけれども使わないキーを、Windowsキーと読み替えたい
 (3) CapsLockも使わないし間違って触ると面倒なので、これを左Ctrlと同義にしたい
これは、秀Capsでは無理なのである。

などと考えながらフリーのツールを探していたら、altIME というものがあった。
(作者のページはここ。)
これで「高度な設定」をすると、ほとんどどんな設定でもできてしまう。ただし、GUIでクリッククリックというわけにはいかず、テキストで設定を記述するようになる。
X40に設定してみて良い感じなので、母艦および現行の携帯機のほうも秀Capsをはずしてこちらを使うことにした。

現行携帯機であるLifeBook 670MC/3は、物理的なキーボードは日本語版であるが英語86のドライバがあたっていてキートップ印字と入力される文字が何カ所かで違う。さらにaltIMEでキーの入れ替えを指定しているから、私以外の者には非常に使いにくいマシンとなった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 23, 2007

津久井浜で研究授業

津久井浜高校での研究授業と研究協議に出席してきた。県教委…とひとくくりにしてはいけないのか、高校教育課であるが、そこの主催の事業であった。

Tukuihama1

研究授業を進めているのは、深瀬誠先生。確実、誠実、篤実な先生である。情報部会情報ネットワーク委員会の委員もつとめていらっしゃる。
今日の授業は、情報処理教室ながらコンピュータを使わないで行うもの。著作権についてのケーススタディで、数名の班で討議させてまとめさせるというものであった。

Tukuihama2

生徒たちは、こういうことがらに関しては、なかなか自分自身の問題としてとらえ、考えることは難しいだろうと思う。
それでも、彼らは深瀬先生の意をよく汲み、書き込みシートに自分たちの活動や考えをまとめていた。

******************

それにしても、修学旅行期間で少し余裕ができるかと思ったが、仕事は非常にタイトである。CDやDVDの書き込みに例えるなら、ほとんどバッファアンダーラン寸前の状況。授業中に仕込んだことを吐き出しきって停止するという事態になりかねない。

それで、明日はテスト委員会なのであるが、出席はできるけれども、…ごめんなさい。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

October 22, 2007

修学旅行期間

今日から2年生が修学旅行に行っている。
その間、1・3年生は、基本的に午前中授業。それに、進路講演会だとか一日LHR(!)だとか、いろいろなプログラムが入ってきていて、普通の授業時数は少ない。

外へ出かけない日は、昼で放課となる。生徒たちは、喜々として1年生だけで部活に励んだりするわけだが、お勉強の面から見ると、いささかもったいない。
そこで、補習を設定した。部活の活動日に合わせてどちらかに出られるように、今日と明後日の2日間、同プログラムで行うこととした。内容は、「溶液の濃度」のみ。スポット補習である。廊下に掲示を出し、参加者を募った。

さて何人参加してくれるだろうかと思って待っていたら、今日は女子ばかり9人が来た。定期テストの点数ではずいぶん開きのある顔ぶれである。彼女らの期待する個別指導とはならず、いささか焦点が絞りにくい感じがするのだが、とにかく予定していた内容を始める。

まず、濃度について、基本的事項の確認。黒板。
次に、質量パーセント濃度での溶液調製実習。10%食塩水100gをつくってみる。体積をはかると、95mLほどであった。ここから、密度についても理解してもらう。
そして、質量パーセント濃度について、簡単な自作プリント2枚。転勤しながらずっと使ってきたものだが、さすがに彼女らはすいすいとやってしまう。
今度は、モル濃度。ショ糖の 1.00mol/L 水溶液を 500mLつくってみる。砂糖の量の多さ、溶液の濃さ、密度の異なる液体の混ざるときの様子、などなどをよく見てもらう。ガラス器具もいろいろと使う。
モル濃度について、同じく自作プリント2枚。関連して、有効数字についての議論。

ここまでで、きっちり2時間、予定通りであった。問題集の演習はできなかったが、取り組むべき問題の番号を指示して、解散とした。その義務は課さなかったが、当然のようにガラス器具を洗ってから、生徒たちは帰って行った。

そのあと、明後日に予定しているテルミット反応の実験準備。
というわけで、自分の授業は1時間もなかったのだけれど、体は、今日は結構仕事をしたぞと言っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 21, 2007

メモリ増設

オンボード512MBであったX40に、PC2700(DDR333)の200pinの512MBというメモリモジュールを探してきて増設した。
実は、増設してみてもそれほどの効果はないだろうと予想していたのである。OSはWindowsXPであって、経験上、512MBあればそれなりに動いているはずである。実利の面よりも、「そうしたいから」メモリ増設するのだと、自分で納得しての行動であった。

ところが、これが意外に効果があった。その理由は、ここ数年間に、ウィルス対策ソフトがどんどん重くなってきていることにあるようだ。
このマシンには、ウィルスバスター2007が入っている。これ、起動時にかなり長い間いろいろなことをやるらしく、パワーを食ってくれる。メモリ増設前は、ほかのことができる程度に落ち着いてくるまで、時間がかかっていた。それが、1GBのメモリを積むと、ずいぶんはやく起動時の手続きが終わる感じである。

いま、ブラウザだけ立ち上げた状態でタスクマネージャで見てみると、Available Physical Memoryが400MB台である。ということは、特に重い操作をしていないこの状態でも、512MB増設の効果は出ていることになるわけだ。


ところで、メモリは秋葉原で買ってきた。
2ヶ月ぶりくらいに行ったのだが、もう、町がどんどん変わってゆき、面食らう。あてにしていた店が、閉店どころではなく、ビルごと取り壊されてなくなったりしているのだから、買い物しにくくてしょうがない。
メイド服を着た若い女性が、旗を持って歩いている。観光ツアーのコンダクターなのである。いや、バスガイドなのだろうか。連れている年配の人たちに、
「このあたりは、秋葉原でも一番の観光地です」
って、おい。パーツ本通りは観光地なのか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 19, 2007

キーボード入手

先日入手した、英語版の ThinkPad X40 であるが、キーボードが意外にくたびれている様子なので、交換用のパーツを入手した。

X40_kb

まだ保守マニュアルをよく読んでいないが、キーボード交換くらいならばたやすくできるはずである。
当面、あとメモリ増設を行いたい。

それ以外は、i1200のときと違って、あまりいじれるところがなさそうであるし、また、いじりたくなる場所もない。
本当は、HDDをコンパクトフラッシュに載せ替えてゼロスピンドル化したいところである。でも、これをやってしまうと、容量上、実用機ではなく実験機となってしまう。それは、やっぱり、もったいない。
まあ、32GBが1万円といった値段で買える世の中になったら、考えよう。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

October 17, 2007

情報部会幹事会

清陵総合で情報部会幹事会。

今日は、出席者が少なかった。文化祭や修学旅行のシーズンであって、それぞれの勤務校をあけられなくなる委員が多かったためである。

誰かに代役をお願いすることができれば出てこられるのに、学校現場が忙しく余裕がないので、ちょっと何かがあると、出てこられなくなってしまう。

情報部会の活動も、転換点にさしかかっているように思う。難しい局面である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 15, 2007

再開発

必ずしも当を得たタイトルではないのだろうが、私には、そのように思える。
勤務校の情報処理教室、生徒用実習機が更新されるのである。

今回の更新は、PCとモニタ、それに(おそらく)プリンタまで。机はそのまま継続使用だし、イスもかなり傷んでいるがお金は付かないだろう。床下配線、カーペットなども、そのままである。
しかし、お金は付かないけれども、私たちが自力で再開発するのは勝手である。これを機会に、使いやすい配置に机を並べ直そうかという話になった。

今日、定時制の授業終了を待って(!)、Imさんと巻き尺を持って情報処理教室の測量をした。実際に机を少し動かしてみたり、座ってみたりしながら、可能性をさぐる。
何しろ2スパンの部屋であるので、余裕がない。条件は厳しい。

そして、縦に5列の配列にしてみようか、という話にとりあえずまとまった。花子で図面を描き、出力。これを明日学校へ持って行き、また、検討である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 14, 2007

CF速度比較

カードバスタイプのコンパクトフラッシュアダプタを入手したので、手持ちのCF何枚かについて読み書きの速度を測ってみた。

Cf_cards

以下は、HDBENCHがクリップボードに転送してくれる結果レポートを編集したもの。

★ ★ ★ HDBENCH Ver 3.40 beta 6 (C)EP82改/かず ★ ★ ★

SanDisk SDCFH-2048 HDX
Read Write RRead RWrite Drive
11701 8521 8544 3131 D:\100MB

LEXAR ATA FLASH V2.0
Read Write RRead RWrite Drive
17291 11913 15063 2919 D:\100MB

TOSHIBA THNCF1G02PG 3.00
Read Write RRead RWrite Drive
7705 3852 7529 312 D:\10MB

TOSHIBA THNCF1G02DG 3.00
Read Write RRead RWrite Drive
7889 5281 7705 1728 D:\10MB

ハギワラの2枚は、東芝製として表示される。遅いので、テストサイズを小さくしてある。
速度は、思ったより差があるものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 13, 2007

花子でスライド表示

花子の解説書を見ていたら、編集画面をスライド式に表示することでプレゼンテーションに使う方法が紹介されていた。
たしかに、花子のメニューに「スライド(S)」というのはある。それは知っていたのだが、使ったことはなかった。

やってみると、こんな感じ。ページを順にスライド表示してくれる。これはチンダル現象を説明する画面。パワーポイント風の背景を設定してみた。

Hanako_slide_2

このところ、花子で作った画像をパワーポイントの画面に貼り付けてスライドをつくり、授業で使っていた。花子の編集画面でそのまま提示するよりも、単に順繰りに進めば良いときには画面の切り替えが楽だからである。
ただし、あらかじめスライドを作っておくのは、面倒であった。

来週は、これでやってみよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 11, 2007

英語版PC日本語化

英語版WindowsのX40を日本語で使えるように設定している。
ネット上には情報がたくさんあり、拍子抜けするくらい簡単に、日本語が使えるようにしていくことができる。

Jlocalization

ただ、私は必要なアプリケーションで日本語フォントが表示できれば良いだけなのだけれども、使用言語に日本語を追加したら、MS-IMEが導入されてしまった。ATOKを入れるつもりなので、これは不要というよりじゃまである。
Input Method機能を付加するためには、MS-IME以外のものを使う場合であっても、基盤としてこれが必要なのだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 08, 2007

2台目のThinkPad

ThinkPad X40 を入手した。2371-7VEという型番である。

3年以上の型落ち中古品である。IBM Refreshed PC という販売形態のものなので、心持ち安心かな、といったところ。X31に比べて軽量化したのはいいが、バッテリの持ちは悪いしボディの剛性もキーボードの打ち心地も頼りないと、当時いささか議論を呼んだ機種であるらしい。でも、私にとっては、軽いことはとても重要である。
これを手に入れようと思ったのは、キーボードが英語版であり、さらに加えてWindows XP Pro も英語版であること。そのような環境で、日本語を使うことを(いろいろ設定に苦労しながら)やってみたいと思った。

例によって、改造するつもりである。そして、しばらくかけて、ある程度に仕上がったら、仕事用携帯マシンとして使っていきたいと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 05, 2007

プロジェクタ不調

視聴覚室のプロジェクタが不調であるという相談を受け、役には立たないけれども、一応顔を出してみた。

高校の視聴覚室には、どの学校でも、正面スクリーンに映画などを投影するためのプロジェクタが備えられている。県の基準にあるのだろう。
それらの機器の耐用年数は、おおむね、10年ほどのようである。書類上はどうなのかしらないが、経験上、それくらいたつと暗くなってきたり障害の頻度が高くなってきたり、つまり、使えなくなる。

勤務校のものも、(校舎は築40年であるので)すでに何回かの更新を経ている様子である。そして、現在取り付けられているものは、いわゆる普通の、コンピュータ用液晶プロジェクタであった。
昔からの取り付け位置に、専用の吊り金具で固定されている。信号線は、あれはキャノンというのか、以前使われていたままのコネクタの線が天井からでていて、これをピンプラグに変換してプロジェクタに差してあるわけである。

で、これが、不調であった。ビデオ信号がプロジェクタまで届いていない。
出力側はというと、準備室にあるAVアンプシステムから線が出ているようなのだが、中継しているスイッチボックスなどを含め、どうも信頼性が低い。Imさんといろいろいじったのだけれど、わからなかった。

古いシステムの、劣化したところだけ新しいものに入れ替えても、全体の信頼性は回復しないのだ、という話である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 02, 2007

アニメGIFでラウールの法則

このあいだは、分子の動きを見せようとして、Flashアニメーションに取り組んでみた。
でも、分子をちょっと動かすのにも、大変手間がかかる。

これに対し、花子のアニメーションGIFは非常にお手軽であって、また、私の目的には、これくらいで十分である。

Raoults_law2

これは、ラウールの法則を説明するアニメーション。
ラウールの法則というのは高校の教科書に出てこないが、これをしゃべらないと、沸点上昇や凝固点降下は、ただそういうものがある、式はこうだ、覚えなさい。という扱いをすることになってしまう。それでは面白くない。

この次に提示する画面は、沸点上昇度を示すグラフなのだが、それについては、このようにちらちらと動く必要はない。効果を考えながら、どんな画面をどのソフトウェアでつくるか、手間のことも考えあわせて、教材を仕込む。

とても、楽しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2007 | Main | November 2007 »