« 情報科の教育実習生 | Main | デジタルカメラ故障 »

September 28, 2007

合唱祭

やっぱりこれを書かなければならないだろう。今日は、勤務校の合唱祭であった。

場所は、ハーモニーホール座間。座間市役所に併設されている感じの「ハコモノ」である。
いや、ハコモノなどと揶揄するような書き方をしているけれども、利用させてもらう立場からすれば、貴重な施設である。何しろ、横浜の中心部には、ここと同等以上のキャパをもつホールは県民ホールしかない。「紅葉坂」では狭くてだめなのだそうだ。

この合唱祭も、第30回となっている。何事によらず生徒主体、自主自律の学校であるから、その運営というか生徒たちの「乗り」にも、数年周期の波が来る。もうこれはダメだ、中止しよう、というところまできたときに、有志教員が生徒たちに働きかけた。そうしたら、生徒たちはそれに応え、その年は前年までよりも格段に立派な会になった。その流れが続き、今年は、昨年よりもさらに良い感じの会になった、ということである。

上級生は、多くのクラスがドレスを調えてのステージであった。3年は本気で優勝狙い、2年は、どちらかというと勝敗にこだわらずにウケ狙いのステージ、1年はかわいくまじめに…という感じ。その差は意外に大きいものであった。

ところで、勤務校には定時制課程があり、全日制の生徒は午後5時までに校舎から退出する。
それでは合唱の練習はどうするのかというと、3年はほぼ全クラスが、地区センターや小中学校の体育館などを借りて、夜間に練習をしているのだという。おそらく部活の終了後であろう。
そうやって、時間と体力と気持ちを注ぎ込んでいるから、上位のクラスは、順位が発表されると歓声・拍手・涙につつまれる。

この調子でいけば、数年間は、良い循環で推移してくれるのではないかと思う。

|

« 情報科の教育実習生 | Main | デジタルカメラ故障 »

Comments

 高校時代、こういう行事にのめり込めませんでした。こういった行事に積極的に参加しなかったことが、自分の人生のマイナスになっているような気がしてたまらないのだけれど、夢中になっていたら、また別の何かを失っていたに違いありません。
 合唱祭に積極的でない生徒さんがいても、先生はもちろん仲間の生徒も暖かく見守ってやって欲しいと思います。

 昨日「いろんな子どもがいたっていいじゃん!」と思うことがあったので、ある程度考えがまとまったらblogに書くつもりです。この《合唱祭》はそういう気にさせた引き金の一つです。

Posted by: Nと〜 | September 29, 2007 at 07:22

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/49825595

Listed below are links to weblogs that reference 合唱祭:

« 情報科の教育実習生 | Main | デジタルカメラ故障 »