« 『世代交代』 | Main | 補習 »

August 06, 2007

「レゴマインドストーム」研究会

湘南工科大学にて、レゴマインドストームを用いたプログラミングと制御の研究会を行った。

これは、情報部会の今年度第3回研究会である。
昨年の12月13日のエントリで、湘南工科大学へ行って実習をしてきたと書いた。そのとき、講師をしてくださった鈴木誠先生と連絡を取り、学科長の天野真家先生とも連絡できるようになって、研究会の開催をお願いすることができた。そして今日、開催となったのである。
参加は、こちら側だけで25名。大学の先生方は、10名以上で教えて下さっただろうか。盛況であった。

内容は、大きく分けて2つ。一つは、レゴマインドストームRCXの分解と組み立て、プログラミング、ライントレースのタイムトライアルの部分。もう一つは、湘南工科大学の学科内容の説明、天野先生による日本語ワープロ事始めストーリーである。
結果として参加者に好評であったのはレゴの方だったのだが、私はぜひ大学の説明も入れたくて、ネット委のメンバーと協議しながら、担当の横浜共立学園矢部先生にそのようなプログラムを先方に依頼できないかとお願いした。先方の好意に完全に甘える形の研究会でもあるので、広報的な内容も少し入れないとと考えたのと、現在の大学では情報・通信関係の学科でどのような内容が教えられているのかを、私たちは知っておく必要があると考えたためである。

さて、レゴを用いる組み立てとプログラミングの実習は、とても面白かった。私は、理屈の上ではこうなるはずなのに実際に機械を動かしてみるとそうならない、あるいは、機械の動きのクセをプログラムでどのように使いこなしていくのか、といったチューニングの部分が非常に興味深かった。
例えば、光センサーを2つつけて、それぞれの明・暗の関係で走り方を制御するのだが、センサーの間隔を広げると、コースの角度を判別しやすくなる。我々のチームではこれを「シュモクザメ方式」と呼んだ。
このシュモクザメも、矢部先生と深瀬先生のチームのマシンには全然かなわなかった。さらにつれづれなるままに著者のC言語制御マシンには遠く及ばなかった。
できれば、一通りの実習が終わった後で、それぞれのチームのマシン製作とプログラミングについて、互いに発表しあって成果を共有するような時間を設けられればと思った。

今回は、いい研究会になった。もしこの路線でもう少しやってみるとしたら、アンケートの結果もふまえ、反省点を生かしていきたい。

|

« 『世代交代』 | Main | 補習 »

Comments

> チームのマシン製作とプログラミングについて、互いに発表しあって成果を共有する

ってことは面白いかもしれませんね。2学期から高校3年生の選択授業でMindstormsを行う予定ですので、早速発表も含めて授業計画を立ててみようと思います。また、「事前の戦略(ロボット・プログラム・攻略法)」->「事後の戦略」に至る流れについても突き詰めてみると、生徒の理解が深まるのかなぁと思っています。

2学期中頃にでもblogの中で実践報告できればと考えています。
お忙しい中、色々とどうもありがとうございました。

Posted by: vitz3101 | August 08, 2007 at 09:48

おいでくださって、ありがとうございました。年齢層の高い神奈川の集団ですが、東京からの若いお客さんがシンプルなマシンでベストスコアを出すというのは私たちに大変良い刺激を与えてくれたと思います。
実践報告、期待しています。

Posted by: aromatic Kam | August 09, 2007 at 06:22

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/16042983

Listed below are links to weblogs that reference 「レゴマインドストーム」研究会:

» 湘南工科大学 [海部の日記帳]
6時起床。7時出発。湘南工科大学で行われる、「LEGOマインドストーム」研修会に出席。8時辻堂着。車で学校まで送ってもらった。学校に着く。看板や受付などの準備はすっかり整っており、あとは実際に受け付けするだけ。9時始まりで、予定されていた参加者はすぐに全員揃った....... [Read More]

Tracked on August 11, 2007 at 13:10

« 『世代交代』 | Main | 補習 »