« 今日も二題 | Main | Flashがわからない »

July 12, 2007

最後の2時間連続はてんこ盛り

勤務校は2期制である。この時期、保護者面談や水泳大会は入ってくるけれども、それがない日は普通の7時間授業である。明日と、来週の火曜日がそのような日程になっている。

その明日は、化学IIの、夏休み前最後の2時間続きがある。意図したわけではないが、授業内容を計画しているうちに、ずいぶんいろいろな内容の活動を盛り込むことになった。

まず、飽和蒸気圧である。説明の後、グラフをかく活動を考えている。グラフを作成することについては、生徒たちはおそらくきちんと教わったことがないはずだ。方眼紙の使い方、目盛りや単位の書き方、それに自在曲線定規をつかった線の引き方などを紹介しようと思う。

次に、気体の体積の話。切りが悪いが、休み前は体積と圧力だけになってしまう。ボイルの法則である。
Boyles_lawこれについては、昨年、高浜高校での研修会で作りかけにしていた Flashアニメがある。これを何とか完成させ、がたがたの絵であるけれども、動くものに仕上げた。

今日、雲が厚くて薄暗い午後であったけれど、授業で使っている選択教室へ出向いて、実際に投影してみた。
このようなことをするために、県からまとまった台数のノートパソコンが届いている。しかし、それらはA4フルサイズのものであって、重い。他の教材もたくさんあるのに、これを持って階段を上がる気にはならない。また、さまざまな規制がかかっており、例えばFlashのプレーヤーをダウンロードしてインストールしようというのも一騒動である。仮に入れたとしても、電源を切ると消えてしまうらしい。使い物にならない。
結局、県の支給品としては、プロジェクタしか役に立たない。写真に写っているプロジェクタはそのようなものの一つ。ノートパソコンは、私の私物である。

このようにしてFlashアニメを見せた後、パワーポイントのスライドで、R.Boyleの生データを示し、かけ算して一定になることを確認したりグラフ化して見せたりする。このような、黒板にいちいち書くと大変で時間の無駄になるような教材でも、PCとプロジェクタがあれば効果的に提示することができる。早く、各教室にスクリーンとプロジェクタが備え付けられ、教員はノートパソコンを抱えていくだけで効果的な画面提示ができる、というような環境を整えて欲しいものである。

明日の4コマをこなせば、夏休み前の仕事は終わったようなものだ。がんばろう。

|

« 今日も二題 | Main | Flashがわからない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/15739193

Listed below are links to weblogs that reference 最後の2時間連続はてんこ盛り:

« 今日も二題 | Main | Flashがわからない »