« 化学の履修率など | Main | 研究会の報告をアップ »

June 24, 2007

松岡美術館 フランス印象派・新印象派展

松岡美術館へ行ってきた。

ここへ行ったのは初めてである。場所はと言うと、おなじみの国立科学博物館附属自然教育園の裏手。目黒からバスで行っても良いのだが、昼食後の私たちは、腹ごなしに歩くことにした。

開催中の展覧会は、「フランス印象派・新印象派展」である。他から借りてきたものではなく、ここの収蔵作品だけで展示室を2つ埋めていた。
たしかに、印象派のごく初期から、主要な画家の作品がいくつかずつ並べられていて、ひととおりの流れを見ることができた。ただし、それらの作品、とくに有名な画家のものは、その代表作というわけではないので、大きな美術館での企画展と比べるのは無理があった。むしろ、新印象派に属するのだろうか、後年の画家の実験的な作品の方が面白かった。
ルノアールの絵は、和室風に造られたコーナーの、床の間に掛けられているような展示であった。そのことに格別の意図は感じられなかった、ということは、ここは普段はそれにふさわしい常設展示がなされている場所なのだろうか。

そして、実は、私たちが一番良いと思ったのは、作品自体ではなく、庭であった。小さな庭なのだが、ちょうどあじさいが咲き、雨がしとしとと降っている。訪れる客も少なく、静かな館内で、ソファに座って庭を眺めていると、とても居心地が良かった。

小雨模様の中、帰宅。
ここのところの疲れが抜けきっていないためか、昨日に続き、長い昼寝をしてしまった。

|

« 化学の履修率など | Main | 研究会の報告をアップ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/41565030

Listed below are links to weblogs that reference 松岡美術館 フランス印象派・新印象派展:

« 化学の履修率など | Main | 研究会の報告をアップ »