« 球技大会 | Main | RGU »

May 31, 2007

モディリアーニと妻ジャンヌの物語展

代休を取っている。
まる一日を採点にあてるつもりだったが、午前中は天気も良かったし、自宅にこもっているのがもったいなくなった。そこで渋谷まででかけ、モディリアーニと妻ジャンヌの物語展を見てきた。文化村ザ・ミュージアムである。

私は、特にモディリアーニが好きだというわけではない。正直、彼の絵はどれを見ても細面の婦人像であってみな同じだ、くらいに考えていた。それでも、せっかくの機会だし、いろいろな作品もあるだろうからと思って行ってみたのである。

行ってみたら、この展覧会は、単なるモディリアーニの作品展ではないことがわかった。妻のジャンヌとの関わりを、それぞれの作品を追いながら解説しようというものなのである。
いや、解説ではないのかもしれない。もう少し、気持ちが入っている。何というか、その人生に、作品と共に寄り添ってみようとするかのような。

でも、私は、あくまで作品を見たかったのである。モディリアーニが非常にいい男で、これはもてそうだとか、あるいは、二人が死んだ後に残された小さい子どもはその後どうしたのだろう、などと思わないことはないのだけれども、所詮は有名人のゴシップである。

昨今の美術展は、ただ作品を並べるだけではだめで、企画力が問われるのだということを読んだ気がする。
そうなのかも知れないが、それはしかし、同時に、観客を選んでいることにもなるのだろう…。

夕食は、食パンのグラタンと野菜スープ。

|

« 球技大会 | Main | RGU »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/41565028

Listed below are links to weblogs that reference モディリアーニと妻ジャンヌの物語展:

« 球技大会 | Main | RGU »