« 高校で化学を学ぶ意義 | Main | 研究大会の準備 »

April 15, 2007

勝手にTT

勤務校では、1年生に情報Aを必修で置いている。分割ではなく、1年に2単位である。
よく確保できているものだと思うが、だから7時間授業になるのだ、とも言われる。情報科だけがその理由ではなく、やはり各教科とも、低学年の必修単位数をたくさん欲しがったということであろう。
45分授業で、2コマ続きを基本とする。休み時間は5分である。このあたりの話については、また項を改めて書こうかと思う。

さて、1年の情報A、2時間続きの授業。これを、1人の教科担当で受け持つ。
東京都立高校では、原則1人だということでもある。1人でやれないわけではない。だが、神奈川の県立では、多くの学校で2人、ないし3人で行っている。これは、情報科にとって財産と言っていいだろう。1人ではじまった学校でも、数年間やっていくうちに、校内の理解を得て、2人体制にしたところもあるようだ。

私は、今年度は情報科を担当していない。数学科のImさんとIbさんが分けて持っている。時間割を見ると、Imさんの1クラスの時間帯だけ、私の授業が空いていることが分かった。
よし、ここで、勝手にTTで入ってしまおう。効果が上がり、それがアピールできれば、来年度以降への布石になるだろう。
などということを、金曜日に湘南台で飲みながら、Imさんに言ってみた。(VXさん、manatyさん、聞いてましたよね?)迷惑かも知れませんが、よろしく。

そのクラスの授業は月曜日である。明日、さっそく。

|

« 高校で化学を学ぶ意義 | Main | 研究大会の準備 »

Comments

確かに聞きました。
TTではサブの力量とサポート方法で授業の雰囲気が左右されると考えています。きっと素晴らしい授業環境になることと期待しています。
いずれ、比較実験の報告をお願いします。これも楽しみ。

Posted by: 証人VX | April 16, 2007 at 00:43

ありがとうございます。
別の例ですが、学級担任に対して副担任がどう振る舞うべきか、というのがあります。担任のじゃまをしないように、様子を見ながら、フォローする。副担シップと言いますか、そういうのは、なかなか難しいものだなと思ったことがありました。新採用で担任を一回り持ち、さらに若手新人の担任の副担に入ったときです。
では、今日、40番の空席に座ってみます。

Posted by: aromatic Kam | April 16, 2007 at 06:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/14693103

Listed below are links to weblogs that reference 勝手にTT:

« 高校で化学を学ぶ意義 | Main | 研究大会の準備 »