« February 2007 | Main | April 2007 »

March 31, 2007

教科情報における「モデル化とシミュレーション」

東急田園都市線で、この4月5日にダイヤ改正が行われる。詳しくはこちら。

その目玉は、朝ラッシュピーク時1時間の上り急行をすべて準急とする、というものである。二子玉川から渋谷まで、全列車が各駅に停車することになり、これによりこの区間の所要時間が急行で13分各停で17分であったものが、いずれであっても15分ということになる。

なぜ、このようなことをするのか。
現行ダイヤでは、桜新町で、急行が各停を追い抜く(乗換えはできない)。そこで、少しでも渋谷に早く着きたい乗客は、二子玉川で各停から降り、それを見送って、後から来る急行に乗ろうとする。その方が、渋谷に一本早く到着するからである。
急行は、二子玉川到着の時点ですでに超満員状態である。そこへさらに乗客が乗り込もうとするから、混雑に輪をかけるし、そもそも乗り込むのに時間がかかって列車が遅延する。こういったことのため、田園都市線は、毎朝慢性的に遅れるようになってしまっている。
そこで、この二子玉川での乗り換え客をなくし、混雑を平準化して遅れを抑制する、そのための「準急」導入なのである。

この施策を行うと、急行通過駅の旅客にとっては停車する列車数が2倍になり、所要時間も短くなるのだが、二子玉川以遠の急行利用者にとっては、渋谷までの所要時間が2分余計にかかるようになる。サービス低下であることはまちがいないし、朝の通勤列車が「準急」までしかないという沿線イメージ低下も考えられる。鉄道会社としては、思い切った施策をとったものである。

このダイヤ改正に踏み切るには、慎重なシミュレーションと、それに基づく検討、判断があったことであろう。
もとより、限界に近い輸送量を確保している現行ダイヤをもとにすれば、いじれるファクターは多くない。条件はきびしい。しかし、混雑と遅延の抑制は喫緊の課題である。あえて急行運転をやめてみる、そのとき、乗客はどのように行動するのだろうか…?
試しにやってみて失敗した、では済まされないだろう。乗客の行動、その結果としての混雑率、遅延発生の程度。それらを定量的に分析し、経営的な要素も加味しながらの施策であったにちがいないと思う。

このように、シミュレーションというものは、現実の課題をよりよい形で解決するための方策を見つけ出す手段である。
逆に言うと、シミュレーションを行うには、そこに実在の問題がなくては検討のしようがない。架空のことをあれこれとやってみるのはシミュレーションとしてはそもそも無意味なのである。

教科情報の内容の一つとして、モデル化とシミュレーションが入っている。
私は自然科学的な物の見方をする者であるし、こういう領域の話は、基本的に肌に合う。できれば授業に取り入れてみたいと思う。そういえば、昨年6月に、こういう記事を書いていた。交差点の信号パターン制御で、人やクルマの安全の確保と信号の待ち時間がどうなるか、教材化してみたいというものであった。

ただし、高校の情報科の授業でどのあたりまで扱うことができるかという問題もある。
現職教員等講習会のテキストに、駐車場モデルの例が出ている。これはビルの駐車場に6台のクルマを停めるとき、番号(駐車場所)固定かどうかで不便さがどうなるかをシミュレーションするものである。
私は、講習会でこの実習をやらされた。サイコロを繰り返し振って、どうなるかを見るのである。
これは、苦行であった。つまり、サイコロで出た目のクルマが動く、というモデルなのであるが、現実には、よく使われるクルマと置きっぱなしに近いクルマがあるはずである。入ってきたクルマはすぐに出て行く傾向にあるはずだ。それをランダムに到着、発車するものとしてモデル化するのは、私にしてみれば、非常に重要なファクターを無視した、粗雑なモデルである。こんなモデルで評価しても、現実と合うわけがないではないか…。こんなものしか授業で扱えないのか?

私の考えでは、情報科でモデル化とシミュレーションを取り扱うときには、まず対象がきちんとなくてはならない。そして、そこからいくつかの要素をとりだしてモデル化し、シミュレーションしてみたら、それが現実と合うかどうか、検証しなくてはならない。シミュレーションしてみるところまでで、現実と合うか検証できないようなら、それは学習として無意味である。本当は、検定とか回帰分析とかいった道具も必要になってくるのだけれど、ぱっと見、感覚的にでもいいから、現実と合わせてみるべきだ。その保証の上でこそ、ファクターをいじってみてどのようになるのか、得られる結果に価値があるのだし、学習として意味を持ってくる。

そういうわけで、担当してきた「情報A」と「文書デザイン」において、私はまだ、モデル化のシミュレーションを扱ってみたことがない。いずれやってみたいが、ただやればいいというものではないから、引き出しにネタをためながら、機会を待ちたいと思っている。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

March 26, 2007

都高情研 研究大会

東京都高等学校情報教育研究会(都高情研)の研究大会におじゃましてきた。

いつも思うのだけれども、東京は層が厚い。神奈川がほとんど40代の教員でやっているのに対し、(政党ではないが)老壮青のバランスが良いというか。あるいはまた、これは神奈川では規約上無理なのだけれども、高校教員の他に大学の先生や教育関係の出版社の人たちも参加していて、幅がある。そういうことが、都高情研に活力をもたらす重要な要因になっているように見える。

会の運営も、手作り風で好ましい。それがまた、ちゃんと形になっている。発表の内容も豊かである。だから、外からおじゃますると、気取らないで済むし、それでいて勉強になる。

懇親会、さらにその二次会まで居座ってしまった。
みなさん、どうもありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (5)

March 24, 2007

folomy プレオープン

今月末で、ニフティのフォーラムがいよいよ終了となる。パソコン通信でのサービスはすでに打ち切られ、Webへ移行して細々と続けられていたのだが、これで本当に終わってしまうわけだ。

いろいろと言われていることはあるのだろうけれども、ニフティ的な文化は、日本語圏でのWebやメールにおいて、広くその基盤となっている。ニフティのフォーラムに対するアンチテーゼとして勃興した2ちゃんねるでさえ、このごろでは、ボードによって、かつてのフォーラムのような雰囲気をもつようにもなってきているところだ。

さて、フォーラム終了にあたり、シスオペ有志が集まって、新しいコミュニティサービスを立ち上げた。その名も folomy (フォロミィ)という。現在プレオープンしていて、誰でも参加できる。

folomyトップ http://folomy.jp/heart/
folomyとは http://folomy.jp/about.html

私は、引き続き、化学の広場(FCHEM)の SubManager をつとめることになった。また、【化学教育】の担当ガイドを兼ねることになる。
みなさん、よろしかったら、おいで下さいますように。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

リサとガスパール&ペネロペ展

標記の展覧会に行ってきた。銀座松屋。

http://www.matsuya.com/ginza/lisagas-penelope/index.html (音楽つきの動画が表示される)

娘の希望で行ってはみたものの、実は私も妻も、「リサとガスパール」「ペネロペ」とはそも何者なのか、まったく知らなかった。しかし、このシリーズの絵本は、日本でもたくさん翻訳出版されていて人気を呼んでいるらしい。会場はおおぜいの入場者で混雑していた。

パリ在住、ドイツ生まれのゲオルク・ハレンスレーベンが油彩で絵を描き、妻のアン・グットマンが物語を書く。夫妻の協業で、独特の、ほのぼのと懐かしいムードの作品が生み出されていた。
子ども向けの絵本であるし、そこにはもちろん虚構もある。ただ、物語の基礎にあるのは、幼い頃の実体験なのだそうだ。そのため、読む者をしらけさせるような荒唐無稽な設定がない。会場内の、大人から子どもまでの「かわいい〜」という声にいささか辟易しながら、私は、初めて見る彼らの作品に対して好感を持った。

ところで。会場を出たところにある関連グッズ販売コーナーの大繁盛ぶりは、まあ、ちょっと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 18, 2007

小児用記名PASMO

まったく田中先生の後追いとなるのだが、せっかく写真も用意したことなので、一応エントリとしてあげておく。

今日はPASMOの運用開始日であった。発売も今日からとなっている。
住まいの最寄り駅定期券売り場へ行き、かねて考えていたとおりに、子ども用の記名式PASMOを買い求めた。
子ども用の記名式とはっきり言ったのだが、定期券ですかと聞き返された。
年齢が確認できるものをと言われたので、用意していた共済組合の扶養家族用カードを提示。これも田中先生と同じ行動である。

Pasmoこのように、券面下部に名前と「小」の表示が入る。
定期券として発行される場合には、右上に大きく乗車区間が表示されるのだろう。それを省いたこの形は、いささか間抜けな印象を受ける。

本当は、オートチャージ付きにしたかった。しかしそれは、申し込んでからずいぶんかかってしまうようなので、今はやめておく。このカードは後からオートチャージ付きに変更することはできないのだそうで、それは、Suicaと比べて不便である。

この小児用PASMOを使うのも、これから2年間。その後は大人の運賃を払うようになる。
子どもの成長は、はやいものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 12, 2007

ふと浮かんだ素朴な疑問

情報科の授業で。
例えば電子メールの話をするとき。電子メールはこのようにして送られていく、君たちのつかっている携帯電話のメールも同じネットワークに乗っていて、…などと説明する。
このとき、私たち(教員)の態度は、何も考えずにケータイのメールを使うんじゃないよ、背後にはこれだけの技術と設備があり、人の知恵と努力の積み重ねがあるということを理解しなさい、といったようなものである。
しかし、それでは携帯電話の音声通話はどのように行われるのかというと、これはもう、高校の授業で取り扱えるようなものではない。私も説明できない。

テレビを見るときには。
テレビでは音声と画像が同期して送信され、音声はFMで画像はAM、音声多重放送のときには+○○kHzにサブキャリア信号が設定されて、かつ二カ国語とステレオの切り替えは△▽kHzのパイロット信号を…。
そういうことを理解してからテレビを見ろ、という議論をする者がいるだろうか。

後期中等教育である高校での必修事項としては、ネットワークや電子データの使い方を身につけることまでで良くて、その仕組みまで理解することまでは必要とは言えないのではないか、とふと思った。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

March 10, 2007

ジャストスイート2007を買う

ジャストスイートを買いに、ヨドバシカメラへ行く。

ソフトウェアの売り場に入ると、目の前にパッケージの積み上がった山があり、女性が一人立って説明している。そこに客は私しかいないのに、あらぬ方を向いて、
女性店員 「○△×■☆…」
としゃべっている。
私 「スイートのアカデミックをください」
と言って、パッケージを渡してもらった。

レジへ回り、
私「ポイントカードはFelicaで、支払いはこのSuicaを使い切って、残りは現金で」
と申し出る。
面倒な会計操作となるのに、店員氏はいやな顔をせずにてきぱきと操作をする。…しかし、Suicaの端末が、カードを近づけた後なかなか応答しない。
私 「あれ、変なふうにタッチしちゃって、端末がフリーズしたんですか?」
店員 「いえ、一日に何回か、サーバと通信するんですが、ちょうどその時間にあたったみたいです。ちょっとお待ち下さい」
私 「え、認証とか決済はオンラインでやってるんじゃないんですか?」
店員 「決済はオンラインなんですけど、残額データとかはためておいて、ときどき通信するようです」
私 「へえ。いや、私は急ぎませんからかまいませんけど。ところで、ヨドバシさんはEdy陣営だと思ってたけど、このごろはEdyよりSuicaの端末の方が多いですね」
店員 「Edyの端末はリース代が高くて、あまりたくさん置けないんだということを、ちょっと聞いてます」

こんなやりとりをしながら会計をすませ、売り場を出ようとしたら、先ほどのジャストの山にいた店員(ジャストからの派遣?)に呼び止められた。
女性店員 「お客様。よろしかったら抽選会がありますので」
あれ、長々と話しながら会計していた私を、ずっとそこで待ちかまえていたわけ?ご丁寧に、どうも。
なになに、一等と二等がヨドバシの商品券で、三等がジャストのボールペン。このリモコンを押すんですね?
スタートボタンとストップボタンを押したら、ランプの点灯している位置が三等のところで止まった。
ジャストシステムの名入り、4色ではなく、青・黒細・黒太・赤の切り替え式のボールペンをもらった。

ソフトウェアの使い勝手については、また、後日。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

March 09, 2007

総合で自然教育園へ

総合的学習の時間。外へ出かける「多様な講座B」で、国立科学博物館付属自然教育園へ行った。

昨年は、丸木美術館へ行くというのを企画したが、生徒の希望者がなく、不成立であった。
今年は、2年生ばかり5人。私が担任を持ち、授業でもほぼ全クラスを知っている1年生からは希望者が出なかった。

まあいい。2年生5人を現地に集合させ、引率して見学である。今日は、研究員の萩原先生が解説をしてくださった。

Mansaku_1今日は風が冷たかったが、それでももう春である。多くの植物が活動を始めており、意外にたくさんの花も見ることができた。
これは、まんさくの花。なかなかきれいである。
このとなりには、シキミの花が咲いていた。

Sagi池にはサギがいた。立派な姿で、ゆうゆうと振る舞っていた。

萩原さんは、園内を歩きながら目にとまった植物をもとにいろいろとお話をしてくださる。生徒たちは、きちんと聞いていた。
そのためか、お願いしていた1時間の解説時間を30分超過した。私が蛇足の話をして引っ張る必要もなくなったので、そのまま、昼前に解散とした。

私はそれから学校へ出勤。生徒の家庭へ連絡したりしたあと、関東大会の補助金申請に出かけた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 08, 2007

Re:教科「情報」がどこに行くのか

「mkawanoの日記」で、私がここで述べたことなどを引用しつつ、高校の教科「情報」の現状とこれからについて考察されている。
mkawanoさんの見識に敬意を表し、また、私のような者の書いた文章に対して誠実に批判・検討してくださることに感謝申し上げたいと思う。

お答えしなければと気にしながら、一週間以上たってしまった。少し考えていたのであるが、私としてはこの件について現状で書けることはだいたい書いてしまったと考えているし、あとは言い訳めいたものにしかなりそうもない。見苦しいかも知れないけれど、お許しいただきたい。

「mkawanoの日記」2月27日:
いつも疑問に思うのですが、「Wordではダメ」なのはなぜなんでしょう?なぜ「一太郎」ならよいのでしょうか。
私個人は、Wordを使わない。理由は、使いにくいから。あるいは、思ったような文書をストレスなく作成することができないから。 ただ、授業の場では、そういう好みを表に出すことはない(裏には秘めている)。むしろ、生徒や保護者のニーズとして「Wordを教えて欲しい」というものがあるので、あえて「Wordを教える」ような授業を何時間も行っている。 そうしながらも、生徒たちには、Wordの操作を覚える段階を過ぎて、一般的な文書作成の知恵を身につけてもらいたいと思っている。 ただ、ツールとしてWordしかなければ、そこがなかなか、ステップアップできない。そこで代替のソフトウェアも欲しいのであるが、P1.EXEも松もなくなってしまった現在、そのようなものとしては一太郎しか選択肢がない。

情報科の教員でも、何かつくるときにまずWordを起動するという人もいる。それは一概に否定することではないのかも知れないが、私は、生徒たちには、自分がつくりたいのはどのような特性を持った文書なのかを考え、それに適したツールを選択するという態度を身につけて欲しいと考えている。WordやPhotoshopばかりでなく、図形を描くならOpenOffice Drawを使うとか。一太郎には、相性の良い花子というパートナーもある。
ドキュメント編集のツールとしてはWordしか使ったことがないよ、という状態で教科を終わらせたくないのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 06, 2007

通販サイトでEdy

Uleadから広告メールが来る。毎回2通、内容は同じなのだがSubjectが「【ULEAD】プロダクトニュース」と「【ユーリード】プロダクトニュース」で、微妙に違う。どういう登録をしたのだったか。

普段は読まないのだが、今回はちょっと眺めてみた。そうしたら欲しいものがあったので、注文してみることにした。
http://www.ulead.co.jp/shop/event/2007march/

2つの商品を選んで会計となる。
支払い方法は、クレジットカードや代引きが指定できて、これはあたりまえ。ところが、ここでは、Edyでの支払いができるようだ。面白いので、これを選んでみた。
携帯電話のEdyと、Edyカードとで決済方法が異なっている。私は携帯のほう。
注文画面で、自分の携帯のiモードメールアドレスを入れる。すると自動でメールが着信するから、それを読み、表示に促されて操作すると、iアプリが起動する。Edyである。ここで支払いを確認すると、例の四隅がLEDで光るような画面が表示され、支払い完了となる。
ほどなく、ユーリードから、Edy決済終了のメールがPCのアドレスに届いた。

慣れないのでまごついたが、難しいことはない。クレジットカード番号を送信しないで済むので、オンラインでの買い物に特有の抵抗感が少なかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 05, 2007

平塚駅の怪

情報ネットワーク委員会で、平塚の高浜高校へ。
今日は風雨が強くなるという天気予報である。

Hiratsuka1おや、ホームのこの部分だけ、濡れている。上屋はほかのところと同じなのだが、なぜだろう。

ホームを歩くと、たしかにここのところだけ、南風が強い。これでは雨が吹き込むわけだが、それにしても?

Hiratsuka2線路の南側、と言っても、ずいぶん向こうにこういう建物が。この間からのビル風がピンポイントで吹いてくる。

こんなこともあるのだ(素直に感心)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 04, 2007

DVD Video 編集

3日の土曜日は勤務校の卒業式であった。

1年担任は、2年担任と共に体育館内で保護者の誘導をするということになっている。
しかし、12人でずらっとお出迎えするのも変だ。そこで、声をかけ合い、あるいは独自の判断で、それぞれの役割に納まっていく。在校生の指導、雑用(連絡係=使いっ走り)、校外巡回警備。
カメラを用意してきているのだけれども非常に忙しくてそれどころではないNさん。持っているカメラはCanon PowerShot S3 IS である。私はS1 IS を持っているので、後継のS3は普通に使える。ちょっと預かったら、そのままなりゆきで、卒業式のあいだじゅうずっと撮影することになった。

そして、Nさんの2GのSDいっぱいに撮ったスチール写真とムービーを使って、ちょっと編集した動画作品をつくった。こういうときのために入手しておいた、ロイヤリティーフリーの音楽素材CDも活用する。
それに、何だかちょっとそういう(どういう?)気分になったので、総務から私たちの学年の入学式を記録したビデオテープを借りてきた。これもPCに取りこんで、編集した。
そして、これらをDVD Videoの形式にととのえ、DVD-Rに焼き込む。レーベル面に印刷。これを、明日、同僚たちに配ろう。

これで、土曜の晩から、さっきまでかかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2007 | Main | April 2007 »