« ニッケル水素が橙でニカドが黄緑とは | Main | ニッケル水素の橙とニカドの黄緑 »

February 04, 2007

掲示板の次は「プロフ」ページで

「プロフ」というものがある。プロフィールの略である。
知らないと何のことやらなのだが、要するに自己紹介のページで、携帯電話端末での表示に最適化されている。指示に従い、対話的に操作をしていくと、体裁の良いページができあがるようだ。画像やリンクも張ることができる。無料でそういうものを作れるサービスを提供するサイトがいくつかある。

ここにURLを載せてもいいのだけれど、…まあ、ちょっと、一呼吸おいてみよう。

さて、特に女子生徒はこういうものが大好きである。オンライン交換日記というかプリ帳というか。わいわいと盛んにやっている。
そして、さっそく、困ったことが起こっている。個人情報を無防備にさらしてしまう者が多いのである。

何しろケータイであるから、仲の良い友だちとだけつながっているような錯覚を覚えるのだろう。あ、いや、なにも仮想空間だけの問題ではなく、街路や交通機関の中での立ち居振る舞いにおいても同じなのであるが、他人の存在、人目を意識しなさ過ぎるのである。

掲示板のほうは落ち着いてきているのだが、今度はこれ。とりあえず一学年では情報が必修なので、ネットワークリテラシーに関連させて、私が授業の中で全クラスに注意を喚起することになった。
話のしかたは、基本的に、警告や注意をするのではなく、ネットワークの使い方を支援するよ、というもの。その中で、こういう情報を出してしまうとこういう危険があるでしょ、と指摘する。そのようにしないと、生徒の気持ちに浸透しない。効果が出ない。

生徒の反応はいろいろである。大人がだれでもパソコンから見ることができるのだということを知らなかったらしい者もいるし、教員に見られたことを、想定外、不快に感じている様子の者もいる。そうか、そういうことは書いちゃいけないんだ、と受け取った者、そんなこと書くなんて信じられないと口にする者。また、某高校で問題になってるらしいですよ、と教えてくれる者。などなど。

私の話の後で、さっそくページを編集して個人を特定しにくく直した者もちらほらといる。しかしその一方で、相変わらずの者もいて、なかなか、薬の効きはめざましくはない。

話の中で、生徒には、君たちはネットワークの世界を補助輪付きの自転車でよたよた走っているということを自覚しなさい、と言った。転んだりぶつかったりして痛い目にあわないように、折に触れて、また生徒たちの発達段階に合わせて、指導を入れていくことになるだろう。
ネットワークの方も、発達(だか退廃だか)し続けているわけであるし。走りながら考えて対応だ。

|

« ニッケル水素が橙でニカドが黄緑とは | Main | ニッケル水素の橙とニカドの黄緑 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 掲示板の次は「プロフ」ページで:

» 子どものネット利用に、保護者の目は届いていない [情報科blog]
 やはり、親世代への教育が大切なのではないでしょうか。 [Read More]

Tracked on February 04, 2007 23:43

« ニッケル水素が橙でニカドが黄緑とは | Main | ニッケル水素の橙とニカドの黄緑 »