« メールの転送 | Main | このブログのアクセシビリティ »

January 24, 2007

ムービー作品を見る

3年文書デザインA帯の最終回。
今日は、前回までに作ったムービー作品を鑑賞する会とした。

作品を作る素材が、私が(そのつもりでなく)ぽつぽつと撮ってきた写真や動画であるから、彼らの欲しいようなものが十分にあるわけではない。それでも、制限のきつい中で、それぞれ工夫したものができあがっていた。

一通り見終わったところで、誰のものが一番良かった?と聞いてみた。
そうしたら、こちらの予想と違うものを推す声が数名から上がった。生徒の評価を尊重してそれを優秀作品とし、持ち帰るためのUSBメモリを記念に渡した。

その作品というのは、18秒の短いものである。彼がBGMとして選んだ音楽クリップがその長さだったのである。そこへ写真を貼りつけてあるのだが、それが、梅の木だとか藤棚だとか、正面玄関からのアプローチであるとか、そういった風景の、「晴天の色鮮やかな写真」と「雪の日のモノクロームな感じの写真」を切り替えて表示するというものだった。特殊効果も加えてあり、画面が切り替わるときの対比が面白い。
また、私自身、晴天であろうが降雪時であろうが、写真を撮る対象として意識するものは同じなのだ、いつも同じものの写真ばっかり撮っているのだ、ということを意識させられることにもなった。

私が良いと思っていた作品は別にあった。それを作った生徒は、ひそかに自信を持っていたようなのだが、最後の相互評価では名前が上がらず、やや残念そうであった。
いや、君の作品はたしかに良いと思うよ。1年の授業で紹介させてもらおう。だから、そのために、みんなに許諾を求めたんだ。

|

« メールの転送 | Main | このブログのアクセシビリティ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ムービー作品を見る:

« メールの転送 | Main | このブログのアクセシビリティ »