« システム手帳 | Main | USBフラッシュメモリスティックのケース »

January 08, 2007

絵が描けるか

書き出すと長くなりそうなのだが、明日もあるので、なるべくはしょって。

結論から言うと、いくつかに分けて考えることができる能力の組み合わせの問題だ、と思う。

  1. 対象物を、目で見ているだけでなく、その形状を理解すること。たとえて言えば、ベクタデータとして持つという感じ。
  2. 自分の頭の中にある、それぞれ特徴的な対象物の形を、腕に持った筆記具で平面に描き表すこと。
一つめは、熱心な観察を繰り返すことで、力をつけることができるだろう。彫刻家は、木材や石材の中にすでにある形を掘り出すのだ、という。そういうものが見えるようになること。
二つめは、練習あるのみではないだろうか。貧しい画学生が、わずかなお金で食料を買うか絵の具を買うかとか、一切れのパンを食べてしまうか木炭スケッチをするかを悩むという話があるが、彼らとて必死に練習するのである。

絵画というよりスケッチ画のようなものなら、それこそ理屈で7割方は達成できそうに思う。

|

« システム手帳 | Main | USBフラッシュメモリスティックのケース »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/13396593

Listed below are links to weblogs that reference 絵が描けるか:

« システム手帳 | Main | USBフラッシュメモリスティックのケース »