« Flash講習会 | Main | 一皿○円 »

December 27, 2006

交換レンズ入手

デジタル一眼レフカメラ用の交換レンズを一本入手した。

Da50200

smc PENTAX-DA 50-200mm F4-5.6 ED というものである。特に見るべき点はないようだが、PENTAXのデジタル一眼レフカメラ用望遠ズームレンズとして、まあ普通に使える品物である。

PENTAXの交換レンズは、もちろんいろいろと変遷を経ているけれども、銀塩一眼レフカメラのKマウント以降のものであれば、一応そのままデジタル一眼にも装着できる。そして、絞り「A」ポジションを持っているものであれば、カメラ側から絞りもコントロールできる。だから、私がMZ-5用に持っていた2本のレンズも、そのまま*istDに使うことができた。
ただし、そういう使い方では、絞りリングは無駄である。
また、デジタルカメラの受光素子CCDのサイズは、いわゆるAPSサイズであって35mmフィルムよりも小さい。すると、同じレンズで撮影しても、銀塩のときの画像よりも小さい、その中央部だけの画像が記録されることになる。これは望遠効果と同じことになり、例えば標準の50mmのレンズで撮影すると、その約1.5倍の76mmレンズ相当の画角で画像が記録される。

デジタル専用のレンズというのもあり、私が今日買ってきたものはそのシリーズのものである。これは、50-200mmという標記であるけれども、35mmフィルム換算で76.5mm-306mmとなる。かなりの望遠である。
また、これらのものは、APSサイズの受光素子へ集光するように設計されており、絞りリングもない。35mmフィルムカメラには、装着できても撮影には使用できなくなっている。

いろいろ作品を撮ってみたい。

|

« Flash講習会 | Main | 一皿○円 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/49825612

Listed below are links to weblogs that reference 交換レンズ入手:

« Flash講習会 | Main | 一皿○円 »