« ルソーの見た夢、ルソーに見る夢 | Main | レーザーポインタ »

November 01, 2006

スライドの功罪

今日のLHRの時間は、総合的学習の時間のプログラムの一つである「進路体験講座」の説明会とした。1年生全員を体育館に集めての会である。
説明は、進路部であり、学年の担任でもある私が行った。

パワーポイントでスライドを作ったのだが、どうも、そのままパワーポイントを使って投影する気にならなかった。どうせ自前のノート機を持ち込むのだし、Linuxでやってみたいなとも思う。
しかし、外部出力の切り替えなどに不安が残るので、結局、Windowsで OpenOffice Impress を使った。

ところで、先日の「ジョーシン2006」で、大学の先生の一人が、パワーポイントを問題視する発言をされていた。売り込みをするには向いているが、論理的思考にはまったく向いていない、という趣旨だったと思う。私も、それには同意できる部分がある。
そのような、スライドによる説明の特性を承知した上で、今日は、それこそ、人(生徒)を説得することを意識してやってみた。

つまり、いろいろな上級学校へ分かれて訪問し、模擬授業を受けたり実習させてもらったり、というプログラムなのだけれども、そういうものを面倒くさがる生徒もある程度いるのである。朝早くから家を出て、ふだん乗り慣れない路線の電車に乗って行かなくてはならない。遅刻にも厳しいし、服装や頭髪のこともうるさく言われる。何でそんなのに行かなくてはならないのだ、というわけである。

そういう思いを口に出したり行動に移したりということをさせないよう、スライドに短文を箇条書きで並べ、これはこうです、こうなっています、これからこうしてもらいます、と攻め立てた。
もちろんそれだけではなく、昨年までの写真やムービークリップなどを織り交ぜて興味を引くようにもした。

その結果、とりあえず、うまくいったようである。その後、生徒たちはほとんど文句を言わずに、どこへ行こうかと相談し合っていた。

反省点としては、新調したレーザーポインタを使って画面を指し、説明をする、というスタイルで行ったので、画面の方ばかりを向いてしゃべってしまったきらいがあったこと。もっと生徒たちの方を見て語りかけなければいけなかったと思っている。

|

« ルソーの見た夢、ルソーに見る夢 | Main | レーザーポインタ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/12519344

Listed below are links to weblogs that reference スライドの功罪:

« ルソーの見た夢、ルソーに見る夢 | Main | レーザーポインタ »